menu

【フォトレポート】JAL、9月1日に国内線デビューするエアバスA350型機をお披露目。ファーストクラスはプライベート空間にこだわったシートに

JALは、2019年6月20日、今年9月1日に国内線の羽田~福岡線でデビューするエアバスA350型機をメディア関係者に機内をお披露目した。

DSC_7662 DSC_8098

お披露目会ではJALの赤坂社長も参加し、社員と共に紙飛行機を飛ばした

お披露目会ではJALの赤坂社長も参加し、社員と共に紙飛行機を飛ばした

大きな特徴としては、全クラス(ファーストクラス、クラスJ、普通席)でシートやインテリアデザインを一新し、JAL国内線では初めてとなるシートテレビを全席に搭載し、いつでもビデオプログラムやライブTVを楽しめる。また機内インターネット接続サービス「JAL Wi-Fiサービス」。PC電源やUSBポートも全席に設けた。

全部で369席で、ファーストクラスが12席、クラスJが94席、普通席が263席となっている。全体の25.5%がクラスJの設定となっており、これまでの国内線の機体では最大のクラスJの設定となっている。

座席配列はファーストクラスは2-2-2、クラスJは2-4-2、普通席は3-3-3とした。荷物の収納スペースも大型化したことで、キャリーバック5つが1つの収納スペースに入れることが可能となった。

機内に入ると大きな鶴丸ロゴがお出迎え

機内に入ると大きな鶴丸ロゴがお出迎え

A350型機のコックピット

A350型機のコックピット

機体最後方にあるお手洗い

機体最後方にあるお手洗い

機内の収納スペースが大きくなった

機内の収納スペースが大きくなった

■ファーストクラス

国内メーカーであるジャムコ社と共同開発を行い、柔らかい座り心地のシートに仕上がっている。プライベート空間を確保するべく、シェル型を採用すると共に、センターディバイザーを活用している。またリクライニングやフットレストなどの操作が電動となり、また振動式のマッサージ機能が加わった。

DSC_8173 DSC_8176 DSC_8189 DSC_8194

■クラスJ

シートピッチは約97センチで座席幅は48センチ、シートテレビは11.6インチの大きさとなっている。これまでの黒い革のシートから布製のシートに変わり、またレッグレストが進化し、角度の調節のほか、前後にもスライドできるようになったことで好きなポジションに合わせることが可能。

DSC_8214 DSC_8218 DSC_8247 DSC_8253 DSC_8257 DSC_8266

■普通席

シートピッチは約79センチで座席幅は約44~41センチ、シートテレビは10.0インチの大きさとなっている。上下に動かせるヘッドレストで頭のポジションを合わせやすくなっている。また、シート電源が正面のシートテレビ下にあることで使いやすくなった。

DSC_8277 DSC_8302 DSC_8310 DSC_8311 DSC_8317 DSC_8323

9月1日に羽田発福岡行きの便でデビューする予定となっている。

関連URL:JAL、エアバスA350特設サイト

(鳥海高太朗)

DSC_7921ANA、エアバスA380「FLYING HONU」エメラルドグリーンの2号機の運航を開始

DSC_7295ラグビーワールドカップの大会トロフィーをお披露目。エミレーツ航空機で成田に到着

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. ANAメトロ

    ANA、羽田到着国内線の搭乗半券で東京メトロ・都営地下鉄乗り放題…

    ANA(全日本空輸)は、東京メトロ及び都営地下鉄と共に、2017年7月1日より羽田空港到着のANA国…

  2. DSC_4277

    ANAブルーサンタが今年も羽田のクリスマスイベントを盛り上げる。…

    クリスマスイブの12月24日、ANAは羽田空港第2ターミナルのチェックインカウンター前で「ANAクリ…

  3. DSC_2502

    ANA、ビジネスで往復9万円台・エコノミーで往復4万円台のクアラ…

    ANA(全日本空輸)は、2017年11月20日に東南アジア路線としては最安往復9万円代というビジネス…

  4. DSC_6006-2

    【速報】ANA、関空第1ターミナルからの運航を9月14日に再開。…

    ANA(全日本空輸)は台風21号の影響で一部便のみ運航していたが、関西国際空港の第1ターミナル及びA…

  5. img_8809

    AIRDO、ひがし北海道の魅力を都内で紹介

    北海道の翼であるAIRDOは、2016年12月2日(金)・3日(土)の2日間、東京・二子玉川の「二子…

  6. _1080884

    夜行便ネーミングでパリ1年間乗り放題が当たる

    エールフランス航空は、羽田空港からパリへの直行便を週10便で運航しているが、そのうち毎日運航のAF2…

  7. 羽田空港国際線ターミナル

    2017年12月1日発券分より国際線燃油サーチャージ引き上げ。今…

    ANA(全日本空輸)、JAL(日本航空)は、2017年12月1日(金)発券分より国際線における燃油サ…

  8. ホノルル空港に駐機するボーイング787-9型機

    ANA、羽田~バンコク線が6月から1日3往復に増便。クアラルンプ…

    ANA(全日本空輸)は、2018年度のANAグループ航空輸送事業計画を策定し、2018年1月18日に…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_6820
  2. 2020-02-13 13.12.49
  3. DSC_5882
  4. ラウンジ2
  5. DSC_4277
PAGE TOP