menu

【フォトレポート】ANA、ワクチン職域接種初日の接種光景

ANAグループは日本で初めての職域接種のケースとなり、6月13日(日)より羽田空港で開始した。初日は対象者は約50名で午前11時から開始した。モデルナ製のワクチンを接種する。

ANAによると、接種対象者はANAグループ会社社員の約4万6500人(契約社員を含む)で、国際線で業務をする運航乗務員(パイロット)と客室乗務員の合計1万人よりスタートし、接種状況を見ながら国際線接客業務(グランドスタッフなどを)を担う社員などに順次拡大していく予定とのことだ。2日目の6月14日(月)には約100名が接種した。

接種体制については、産業医及び提携する医療機関による体制で、1日あたり医師1名と看護師または保健師3名、その他にスタッフ5名程度の体制を構築し、1日あたりの接種人数を今後、300人まで拡大することを予定している。6月21日には300名体制となる予定で、シフト勤務の都合によっても変化するが、目安として7月末までに1回目の接種が受けられることを目指す。

インタビューなどの詳細はYahoo!ニュース個人からお読みいただけます。
「ANA、日本初のワクチン職域接種をスタート。7月末までにパイロット・客室乗務員の1回目接種を目指す」(2021年6月13日掲載)

■6月13日(日)、羽田空港で実施されたワクチン職域接種

接種会場の入口

接種会場の入口

DSC_2132

DSC_2152

検温

検温

DSC_2297

問診

問診

DSC_2205

DSC_2230

DSC_2249

DSC_2259

接種

接種

経過観察

経過観察

ワクチン接種の予診票

ワクチン接種の予診票

ワクチン接種記録書

ワクチン接種記録書

DSC_1554ANA、ハワイ線運休中のエアバスA380型機「FLYING HONU」、倍率150倍の遊覧フライトを実施

DSC00128ピーチ、泉佐野市と包括連携協定を締結。泉佐野市の観光促進などポストコロナの地方創生を強化へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. p1070096

    ANA、羽田空港の機体工場見学来場者が100万人を突破

    入場料無料で常に満員状態が続いている羽田空港の整備工場で実施している機体工場見学。ANA(全日本空輸…

  2. DSC_7446

    【フォトレポート】エアバスA350-1000が羽田空港にやってき…

    エアバス社の最新鋭機でJAL(日本航空)が導入する予定の最新鋭機であるエアバスA350-1000型機…

  3. IMG_2636

    【速報】JAL、業績上振れで株主への配当を96円に上方修正

    JAL(日本航空)は、平成30年3月期の第1四半期(平成29年4月~6月)の連結業績を発表した。昨年…

  4. A350-900_RR_JAL_V07newsky

    【速報】JALのエアバスA350-900型機は9月より羽田~福岡…

    JAL(日本航空)は、国内航空会社では初導入となるエアバスA350-900型機を2019年9月より、…

  5. DSC_0930

    綾瀬はるかさんが参加。ANAが東京オリンピック・パラリンピック開…

    ANAは、2020年7月24日に開幕する東京オリンピックの1年前イベントを2019年7月23日に羽田…

  6. DSC_1554

    ANA、ハワイ線運休中のエアバスA380型機「FLYING HO…

    ANAは、成田~ホノルル線に2機投入されている総2階建て飛行機エアバスA380型機「FLYING H…

  7. a380-255-opt-2

    エミレーツ航空、成田~ドバイ線にエアバスA380を再導入でシャワ…

    UAEのドバイを拠点とするエミレーツ航空は、2017年3月26日より成田~ドバイ線に総2階建て飛行機…

  8. 羽田空港国際線ターミナル

    2017年12月1日発券分より国際線燃油サーチャージ引き上げ。今…

    ANA(全日本空輸)、JAL(日本航空)は、2017年12月1日(金)発券分より国際線における燃油サ…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_4182-2
  2. DSC00128
  3. DSC_2207
  4. DSC_1554
  5. 2020-08-03 16.31.04
PAGE TOP