menu

【フォトレポート】ANA、ワクチン職域接種初日の接種光景

ANAグループは日本で初めての職域接種のケースとなり、6月13日(日)より羽田空港で開始した。初日は対象者は約50名で午前11時から開始した。モデルナ製のワクチンを接種する。

ANAによると、接種対象者はANAグループ会社社員の約4万6500人(契約社員を含む)で、国際線で業務をする運航乗務員(パイロット)と客室乗務員の合計1万人よりスタートし、接種状況を見ながら国際線接客業務(グランドスタッフなどを)を担う社員などに順次拡大していく予定とのことだ。2日目の6月14日(月)には約100名が接種した。

接種体制については、産業医及び提携する医療機関による体制で、1日あたり医師1名と看護師または保健師3名、その他にスタッフ5名程度の体制を構築し、1日あたりの接種人数を今後、300人まで拡大することを予定している。6月21日には300名体制となる予定で、シフト勤務の都合によっても変化するが、目安として7月末までに1回目の接種が受けられることを目指す。

インタビューなどの詳細はYahoo!ニュース個人からお読みいただけます。
「ANA、日本初のワクチン職域接種をスタート。7月末までにパイロット・客室乗務員の1回目接種を目指す」(2021年6月13日掲載)

■6月13日(日)、羽田空港で実施されたワクチン職域接種

接種会場の入口

接種会場の入口

DSC_2132

DSC_2152

検温

検温

DSC_2297

問診

問診

DSC_2205

DSC_2230

DSC_2249

DSC_2259

接種

接種

経過観察

経過観察

ワクチン接種の予診票

ワクチン接種の予診票

ワクチン接種記録書

ワクチン接種記録書

DSC_1554ANA、ハワイ線運休中のエアバスA380型機「FLYING HONU」、倍率150倍の遊覧フライトを実施

DSC00128ピーチ、泉佐野市と包括連携協定を締結。泉佐野市の観光促進などポストコロナの地方創生を強化へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. DSC_4274

    2017年4月発券分より国際線燃油サーチャージ引き上げ。今月中の…

    ANA(全日本空輸)、JAL(日本航空)は、2017年4月1日(水)発券分より国際線における燃油サー…

  2. DSC_4919

    JAL、2月~8月まで国内線機内Wi-Fiサービスが無料に

    日本航空(JAL)は、国内線機内で楽しむことができる機内インターネットサービスを2017年2月1日~…

  3. IMG_4945

    JAL、民泊サービスの「百戦錬磨」への資本参加及び包括的業務提携…

    JAL(日本航空)は、2018年2月8日に民泊サービスを行っている株式会社百戦錬磨(本社:宮城県仙台…

  4. DSC_1554

    ANA、ハワイ線運休中のエアバスA380型機「FLYING HO…

    ANAは、成田~ホノルル線に2機投入されている総2階建て飛行機エアバスA380型機「FLYING H…

  5. ANA決算会見

    ANAホールディングス、平成30年3月期の第3四半期決算を発表。…

    ANAホールディングスは、2018年2月1日に平成30年3月期の第3四半期連結業績を発表した。グルー…

  6. DSC_5198

    ANA、A380就航へ向けてホノルル空港のラウンジ概要を発表。ラ…

    ANA(全日本空輸)は、2019年春に就航予定のエアバスA380の就航地であるホノルル空港(ダニエル…

  7. 決算JAL

    JAL、平成30年3月期の決算を発表。国際線の搭乗率は過去最高の…

    JAL(日本航空)は、2018年4月27日に平成30年3月期の連結業績を発表した。グループ連結の売上…

  8. DSC_5686

    JAL、9月15日に成田~コナ(ハワイ島)線を7年ぶりに往復共に…

    JAL(日本航空)は、2017年9月15日から成田~コナ線を毎日1往復で就航することを発表した。機材…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. IMG_6238
  2. DSC_4182-2
  3. DSC00128
  4. DSC_2207
  5. DSC_1554
PAGE TOP