menu

ANA、那覇空港に自動手荷物預け機「ANA Baggage Drop」を16台導入。チェックインカウンターの混雑が緩和へ

ANAは、2019年3月から那覇空港で進めている新搭乗スタイル「ANA FAST TRAVEL」において、2019年11月5日より新たに自動手荷物預け機「ANA Baggage Drop」を16台導入すると共に、出発カウンター全体のレイアウト・デザインの変更、「Special Assistance カウンター」が設置され、「ANA FAST TRAVEL」の導入が完了した。

DSC_1362

那覇空港に新しく16台設置された自動手荷物預け機「ANA Baggage Drop」

那覇空港に新しく16台設置された自動手荷物預け機「ANA Baggage Drop」

羽田以外で最多の16台の自動手荷物預け機を導入

今回、那覇空港3階にある出発カウンターのレイアウトを変更、今回16台設置された自動手荷物預け機「ANA Baggage Drop」と自動チェックイン機を集約して配置することで特定の混雑を防ぐと共に、繁忙期を中心に混雑しているチェックインカウンターの混雑解消を目指す。従来に比べて1.4倍の処理能力を誇ることで、現在では最大1時間待つことがある手荷物預けの行列が緩和されることになる。ANAによると、最大時の混雑を約30分待ちまで減らしたいと考えているそうだ。「ANA Baggage Drop」では平均70秒ほどで預けることが可能で、サイズは80センチ×75センチ×45センチ以下が対象となる。

DSC_1509

那覇空港3階にあるチェックインカウンター

那覇空港3階にあるチェックインカウンター

平均70秒で預けることができる

平均70秒で預けることができる

DSC_1405 DSC_1408 DSC_1419 DSC_1421

ANA地上係員によるデモンストレーション。実際は乗客自身で操作をする

ANA地上係員によるデモンストレーション。実際は乗客自身で操作をする

新千歳空港では導入効果で行列が半分になった

11月5日の朝、那覇空港で式典が行われ、ANAの小林克巳沖縄空港支店長は「カウンター全体がお客様が来られて、搭乗口へ向かうまでの導線も効率的でスムーズに流れる配置になった。特に那覇空港では、沢山のお客様が大きなお手荷物を大量に持ち込みになるが、ピーク時に待ち時間が長かったが、(今回の導入によって)混雑の解消が期待できる。既に新千歳空港では既に絶大な効果が出ており、行列が半減したという話を聞いており、那覇空港ではそれ以上の効果を期待している」と話した。「ANA Baggage Drop」を利用したお客様には、係員より記念品(レジャーシート)がプレゼントされた。

ANAの小林克巳沖縄空港支店長

ANAの小林克巳沖縄空港支店長

初日となる11月5日には利用者に記念品(レジャーシート)がプレゼントされた

初日となる11月5日には利用者に記念品(レジャーシート)がプレゼントされた

また、搭乗手続きや手荷物のお預かり等の案内表示が、出発するすべてのお客様に一目でわかるよう、大きな文字やピクトグラムを活用したデザインに変更され、日本人・外国人問わず、迷わずにカウンターへ向かうことができる工夫がされている。

DSC_1459 DSC_1456

大きな文字やピクトグラムを活用したデザインで誰でもわかりやすく

大きな文字やピクトグラムを活用したデザインで誰でもわかりやすく

「Special Assistance カウンター」は居室型にリニューアル

お手伝いが必要なお客様専用の「Special Assistance カウンター」は、居室型に改修されたことで、おからだの不自由なお客様、お子様連れのお客様、搭乗に際しお手伝いが必要なお客様のチェックインがこれまで以上にスムーズになる。

DSC_1473 DSC_1454

居室型に改修された「Special Assistance カウンター」

居室型に改修された「Special Assistance カウンター」

ANAでは、2015年より羽田・新千歳・福岡・那覇・伊丹の国内主要空港にスムーズに空港でチェックインできる新搭乗スタイル「ANA FAST TRAVEL」を順次導入しており、羽田・新千歳・福岡の各空港は導入が既に完了しており、那覇空港は4番目の導入完了空港となり、今後伊丹空港においても2020年へ向けて順次導入していく。

サービス開始直後から利用するお客様

サービス開始直後に「ANA Baggage Drop」を利用するお客様

関連URL:ANA

(鳥海高太朗)

JAL、2020年3月期の第2四半期決算を発表。国際線の業務渡航が伸び悩むなか、国内線は好調を維持

4種類の味が楽しめるフィナンシェANAケータリングサービス、外販事業の新ブランド「ANA FINDELISH」でカレーや自宅で作れる日本各地の味が楽しめるオリジナル商品を販売

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. DSC_0424

    羽田空港制限区域内で自動運転バスの実証実験をANAやSBドライブ…

    2019年1月22日、羽田空港においてANA、ソフトバンクグループのSBドライブを中心に、愛知製鋼、…

  2. Saks-Fifth-Avenue-Amenities

    ユナイテッド航空、6月15日より成田~サンフランシスコ線より新ビ…

    ユナイテッド航空は、2017年6月15日より新しいビジネスクラス「ユナイテッド・ポラリス」を搭載した…

  3. ANAホールディングス、2020年3月期第2四半期の決算を発表。…

    ANAホールディングスは、2019年10月29日に2020年3月期の第2四半期の決算を発表した。グル…

  4. DSC_1795

    ANAのクラウドファンティング「WonderFLY」1周年イベン…

    ANA(全日本空輸)は、クラウドファンディング「WonderFLY」の始動から1周年を迎え、1周年イ…

  5. img_8809

    AIRDO、ひがし北海道の魅力を都内で紹介

    北海道の翼であるAIRDOは、2016年12月2日(金)・3日(土)の2日間、東京・二子玉川の「二子…

  6. DSC_1983

    JAL、アエロメヒコとコードシェア開始にあたり共同記者会見を開催…

    JAL(日本航空)は、2019年2月13日(水)より、成田~メキシコシティ線を運航するアエロメヒコと…

  7. DSC_7921

    ANA、エアバスA380「FLYING HONU」エメラルドグリ…

    2019年6月18日より、ANAが5月24日から成田~ホノルル線で運航を開始したエアバスA380型機…

  8. エミレーツ航空1

    10月28日からの2017年冬スケジュール、日本発着のエアバスA…

    今年で運航開始から10年を迎えた総2階建て飛行機のエアバスA380。昨年(2016年)冬スケジュール…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_1554
  2. 2020-08-03 16.31.04
  3. DSC_0852
  4. DSC_0808
  5. ANAのボーイング777-300ER型機
PAGE TOP