menu

ジェットスター・ジャパン、事業説明会を開催。3期連続で増収増益を達成。平均搭乗率86.9%、定時運航率84.7%

ジェットスター・ジャパンは、2018年8月29日に決算を発表し、3期連続で増収増益を達成したことを発表した。

今回発表されたのは、2018年6月決算(2017年7月~2018年6月)で、営業収入は570億円(前年比8%増)で、営業利益は11億3400万円(前年比3%増)となり、当期純利益は9億5300万円(前年比91%増)を計上した。利用者数においては、過去最多の536万人(有償旅客数)となり、平均搭乗率は86.9%(前年比2%増)となり、国内線におけるLCCの旅客シェアは52%となったことを明らかにした。また定時運航率(定刻より15分以内で出発した便の率)は84.7%となり、昨年の81.4%から3.3%アップした。

決算・事業の概要

決算・事業の概要

2018年6月期の決算内容

2018年6月期の決算内容

2018年6月期 主な経営指標

2018年6月期 主な経営指標

保有機は年内に24機体制へ。新規路線として成田~高知、関西~高知の2路線に年内就航

この1年間での新規就航路線としては、昨年12月に成田~宮崎線を就航し、今年は3月に中部国際空港の拠点化を機に増便し、今後は9月6日に成田~長崎線に新規就航、10月27日に関西~熊本線を復便するほか、10月28日より成田~宮崎線を増便する。ジェットスター・ジャパンの片岡優社長は都内で行われた記者会見の中で「私どもは国内LCCNO1を目指し、国内線の拡充に力を入れてきた。新規の路線開設にも積極的に進めていく」と話した。

現在、保有機はエアバスA320を22機となっており、年内に23号機・24号機を導入する予定になっている。今回の事業説明会では、年内に成田~高知線、関西~高知線に就航することを明らかにした。

関連記事:【速報】ジェットスター・ジャパンが年内に成田~高知線、関西~高知線の2路線に就航することを表明

今後の事業計画について話す片岡優社長

主な達成事項について話す片岡優社長

今後の事業計画

今後の事業計画

オンラインチェックインを更に強化し、比率を60%まで伸ばしたい

今後の路線展開においては、新規路線の開設を検討中とし、国際線では他のLCCとのパートナーシップを検討しているほか、オンラインチェックインの強化や追加機内手荷物3キロのオプションなどの新サービスを既に開始している。ジェットスターによると、オンラインチェックインで国内線に搭乗している人は約40%で、将来的には機能強化やプロモーションをしたりすることで1年以内に60%まで伸ばしていきたい。最近の傾向としてiPhoneの「Wallet」でそのまま搭乗する人が増えており、今後国際線にも導入を目指すことを明らかにした。できるだけモバイルを使ってもらえるようにしたいとした。

iPhoneの「wallet」機能。国内LCCでは唯一、そのまま搭乗することが可能

iPhoneの「wallet」機能。国内LCCでは唯一、そのまま搭乗することが可能

就航6年で利用者は年間536万人、就航都市は国内12都市・海外4都市

就航から6年目に入ったジェットスター・ジャパンであるが、2012年7月3日の就航時は国内線2路線からスタートしたが、6年後の2018年7月現在では、国内線17路線・国際線9路線となり、就航都市は国内12都市・海外4都市となる。またフライト回数は2013年度は1万2616回だったのが2018年度は3万4278回となり、利用者も2013年度の164万人から2018年度は536万人となった。搭乗率も2013年度は72.0%だったのが2018年度は86.9%を記録している。有料プログラム「Club Jetstar」を昨年8月に刷新したことで会員数は倍となったことを明らかにした。

都内で2018年8月29日に行われた事業説明会

都内で2018年8月29日に行われたメディア向け事業説明会

JAL出資の国際線中長距離LCC「どの部分で協業できるのかJAL側と話はしている」

JALが設立する新しいLCCとの関わりについて片岡社長は「私どももJAL出資のLCCとして、新しいJALの中距離・長距離のLCC会社とどの部分で協業ができるか、例えば運航の部分であったり、コマーシャル的な部分であったり、販売の部分であったり、何が一緒にできることなのかを持ち寄って検討している。具体的にどのようなことができるか、出資を含めた話は皆様にお伝えする段階までいっていない。JAL側と話はしている」と話した。

また海外のLCCとのパートナーシップについては「まだ検討中で、具体的な会社名を公表できる状態ではない」と話した。

関連URL:ジェットスター・ジャパン

(鳥海高太朗)

DSC_3392【速報】ジェットスター・ジャパンが年内に成田~高知線、関西~高知線の2路線に就航することを表明

DSC_3462スカイマーク、就航20周年記念イベントを開催。国際線就航へ向けた準備室を開設

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. DSC_2403

    LCC初のハワイ直行便、エアアジアX関西~ホノルル線が就航

    2017年6月28日、エアアジアグループの中・長距離路線を運航するLCC・エアアジアXが関西~ホノル…

  2. IMG_1445

    ジェットスター・ジャパン、成田~上海線初便搭乗レポート

    ジェットスター・ジャパンは、同社にとって初めての中国線となる成田~上海(浦東)線を2017年6月2日…

  3. DSC_0527

    インドネシア・エアアジアXの成田~バリ線が6月18日より毎日就航…

    エアアジアグループの中長距離LCCであるインドネシア・エアアジアXは、2017年5月25日(木)より…

  4. 今期の決算から連結子会社となったピーチ・アビエーション

    ピーチ、2018年8月より関西~釧路線を1日1往復で就航。201…

    ピーチは、2018年8月1日より関西~釧路線を毎日1往復で就航することを発表した。運賃は片道5290…

  5. DSC_3691-2

    JALの国際線中距離LCCは「ZIPAIR」。まずは成田からバン…

    2019年3月8日、JAL(日本航空)が出資する成田空港を拠点とした新たな国際線中長距離LCC(ロー…

  6. LCCピーチ・アビエーションを子会社化することを発表したANAホールディングス株式会社代表取締役社長の片野坂真哉(かたのざか・しんや)氏(写真右)とピーチ・アビエーション代表取締役CEOの井上慎一(いのうえ・しんいち)氏(写真左)

    ANAHD、ピーチを子会社化 国内最大のLCCグループに

    ANAホールディングスがピーチへの出資比率を引き上げ、連結子会社化する事を発表した。ANAホールディ…

  7. 上海浦東空港から羽田空港に到着したLCCピーチ・アビエーションの機体

    LCCの就航相次ぐ上海線 価格競争も激化

    2016年11月、ピーチは関西・羽田の両空港から上海への新規路線を就航。更に来年1月にはジェットスタ…

  8. DSC_3003

    ピーチが就航7周年、大阪・なんばでバニラエアも参加した「ほんまO…

    2012年3月1日にピーチが初の国内LCCとして就航してから7年を迎えた2019年3月1日に大阪・な…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_4182-2
  2. DSC00128
  3. DSC_2207
  4. DSC_1554
  5. 2020-08-03 16.31.04
PAGE TOP