menu

春秋航空日本、国内線737円・国際線3737円セール開催

LCC(格安航空会社)の春秋航空日本(Spring Japan)が2017年2月7日の正午からセールを開催する。運賃は国内線が片道737円~、国際線が片道3737円~で、新路線の成田~天津・ハルビン線も対象となっている。

毎月7日恒例の「737キャンペーン」を開催

毎月7日開催で恒例となっている春秋航空日本の「737キャンペーン」。今月も2017年2月7日(火)の正午から2月13日正午までの期間限定でセールを開催する。対象路線と片道運賃は以下の通り。

  • 成田~新千歳 片道737円~
  • 成田~関西 片道737円~
  • 成田~広島 片道737円~
  • 成田~佐賀 片道737円~
  • 成田~重慶(国際線) 片道3737円~
  • 成田~武漢(国際線) 片道3737円~
  • 成田~天津(国際線) 片道3737円~
  • 成田~ハルビン(国際線) 片道3737円~

【搭乗期間】
国内線:2017年2月20日~2017年6月30日
国際線:2017年2月20日~2017年3月25日※

※3月6日~3月10日は天津・ハルビン線は機材繰りで運休

春秋航空日本は全便ボーイング737-800型機で運航している。

「737キャンペーン」セールの対象となるのは、預け荷物と座席指定を含まない「ラッキースプリング」の運賃クラス。国内線の場合は、支払手数料の430円・成田空港第3ターミナルの旅客サービス施設使用料(PSFC)380円と合わせて片道の総額が合計1547円となる。

国際線の場合は上記セール運賃のほか、支払手数料430円、空港使用料(成田発は大人1540円)、燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)500円が別途必要となる。

春秋航空日本は手荷物を機内に5キロまでしか持ち込めないので、荷物が多い人は預け荷物を事前に購入する事をお勧めする。

狙い目は佐賀線、福岡・熊本・長崎の代替路線にも

九州佐賀国際空港のターミナルビル

九州佐賀国際空港のターミナルビル

春秋航空日本の737円セールで一番取りにくいと感じているのが、成田~広島線。新幹線、JAL・ANAの羽田線、さらには高速バスよりも安いことから、東京に安く行く手段として通常時もかなり搭乗率が高いため、セールも激戦となっている。

一方で狙い目といえるのが成田~佐賀線。こちらは曜日を問わなければ737円の空席が取りやすい。佐賀空港は隣接県への交通アクセスも良く、福岡・長崎・熊本に安く行くための代替手段としても使い勝手の良い路線である。佐賀空港に到着する人を対象にレンタカーを24時間1000円で利用できるキャンペーンも行っていることから、佐賀空港を拠点に九州を観光するのも面白いだろう。

関連URL:春秋航空日本

(五十嵐 貴文)

編集長's eye BIRD SEAビュー
春秋航空日本の毎月恒例の737円セールが今月も発売される。国内線の場合は実際の支払額は諸経費を入れても1547円となる。

記事の中にも書いてある通り、成田~広島線が最も人気路線となっている。私自身の注目は成田~関西線。大阪へ最も安くいくことができるセールだと思う。

東京駅から成田空港までは1000円程度で利用できる格安バス、また関西空港から難波までは南海電鉄の空港急行を使うことで920円となる。つまり片道2500円程度で東京駅から難波駅までの移動が可能になるのだ。ジェットスター・ジャパンのセールに比べると争奪戦は高くないことが予想されるが、是非トライしみてはいかがだろうか。
編集長 鳥海高太朗

Luke_033-2ルーク・オザワ ひこ旅Photoコレクション vol.8

a380-255-opt-2エミレーツ航空、ヨーロッパへ燃油なし往復5万円台からの早割セールを発売

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. DSC_0667

    エアアジア・ジャパン、初の国際線となる中部~台北線就航セレモニー…

    中部国際空港(セントレア)を拠点にするエアアジア・ジャパンは、同社としては2路線目で初めての国際線と…

  2. 羽田空港国際線ターミナル

    10月29日からの冬スケジュールでの日系航空会社の新規就航・増便…

    2017年10月29日(日)から冬スケジュール(ウインターダイヤ)がスタートするが、日系航空会社の動…

  3. IMG_1445

    ジェットスター・ジャパン、成田~上海線初便搭乗レポート

    ジェットスター・ジャパンは、同社にとって初めての中国線となる成田~上海(浦東)線を2017年6月2日…

  4. DSC_2403

    LCC初のハワイ直行便、エアアジアX関西~ホノルル線が就航

    2017年6月28日、エアアジアグループの中・長距離路線を運航するLCC・エアアジアXが関西~ホノル…

  5. DSC_1292

    バニラエアの福岡~台北線が就航。10年ぶりに国内航空会社が福岡空…

    バニラエアは、2018年3月26日に新路線として福岡~台北(桃園)線を1日1往復で新規就航した。バニ…

  6. 成田空港第3ターミナル

    国内LCCの機内持ち込み可能な手荷物の重量と支払手数料を5社で比…

    2017年10月29日にエアアジア・ジャパンが就航して国内線を運航するLCCは5社となった。また、同…

  7. バリューアライアンスのワンストップ予約でバニラエアからスクート便の予約が可能に

    バリューアライアンス ワンストップ予約が始動

    アジア・太平洋地域のLCC(格安航空会社)8社により設立されたバリューアライアンスのサービスが始動し…

  8. ジェットスター・ジャパンの機体

    ジェットスター・ジャパン、年4000円弱の有料会員で会員特別価格…

    ジェットスター・ジャパンは、2017年8月8日から有料会員プログラム「Club Jetstar」をリ…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_4182-2
  2. DSC00128
  3. DSC_2207
  4. DSC_1554
  5. 2020-08-03 16.31.04
PAGE TOP