menu

バニラエア、福岡~台北線に就航へ。福岡空港国際線に日系航空会社が戻ってくる

ANAグループのLCCであるバニラエアは、新路線として福岡~台北(桃園)線を2018年サマースケジュール中に就航することを発表した。毎日運航で往路便は福岡を午前中に出発し、復路便は台北を午後に出発して夜に到着するスケジュールとなる予定。就航日や運賃などは追って発表することになっているが、サマースケジュールとなる3月25日~10月27日の間で就航するとしている。

バニラエアが誕生してからは、同社が福岡空港に乗り入れるのは初めてとなる(旧エアアジア・ジャパン時代は成田~福岡線を運航していた)。国内航空会社における福岡空港発着の国際線定期便は、JAL(日本航空)が撤退以降、現在ゼロになっている。ANAグループは、2001年3月で旧エアーニッポン(現在はANAと合併)が福岡~台北線を運休。JALは2005年10月に福岡~香港、福岡~ソウル、福岡~ホノルル線を運休し、更に2008年10月に福岡~上海線を運休したことで国内航空会社の運航がなくなっていた。

今年はバニラエアの福岡~台北線、そしてスターフライヤーも10月末から同じく福岡~台北線に就航することになり、福岡からも日系航空会社の運航便で海外へ行けるようになる。約10年振りの国内航空会社の国際線再就航となり、ANAグループ便としては、福岡空港の国際線は2001年以来となる。

バニラエアの台湾便は現在、成田・関西・那覇からの台北便、成田からの高雄便の4路線を運航し、台湾便全体で1日最大7往復で運航している。福岡から就航することで1日最大8往復になる予定。

関連URL:
バニラエア

(鳥海高太朗)

DSC_7157ANA、東京2020オリンピック・パラリンピックへ向けた特別塗装機「HELLO 2020 JET」を羽田空港でお披露目

タイ・エアアジアX【500字コラム】タイ・エアアジアX、成田~バンコク線を1日3往復に増便。片道あたり1日1000席オーバーに

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. 春秋航空日本がブランド名を「スプリング」に統一。4月25日より成…

    国内LCCの春秋航空日本(スプリングジャパン)は、2019年4月10日に東京都内で記者会見を開催し、…

  2. 春秋航空日本は、新千歳・関西・広島・佐賀の4路線の国内線を運航。

    春秋航空日本が成田~天津・ハルビン線就航、記念セールも

    LCC(格安航空会社)の春秋航空日本(Spring Japan)が新路線を発表。2017年1月28日…

  3. DSC_9228

    【就航発表会レポート】ジェットスター・ジャパン、成田~庄内線を8…

    ジェットスター・ジャパンは、2019年4月17日に山形県庄内総合支庁で、山形県、庄内空港利用振興協議…

  4. バニラエアは2月に成田から関西・函館の2路線を就航した

    ANAマイル、8500マイルでバニラエア国際線の片道特典航空券へ…

    ANA(全日本空輸)は、ANAマイレージクラブのマイルを使って、グループ傘下のLCC「バニラエア」の…

  5. 春秋航空日本は、新千歳・関西・広島・佐賀の4路線の国内線を運航。

    春秋航空日本、10月29日より成田~関西線を運休、成田~佐賀線を…

    成田空港を拠点に国内線では広島・佐賀・新千歳・関西線の4路線を運航する春秋航空日本(スプリングジャパ…

  6. 今期の決算から連結子会社となったピーチ・アビエーション

    ピーチ、2018年8月より関西~釧路線を1日1往復で就航。201…

    ピーチは、2018年8月1日より関西~釧路線を毎日1往復で就航することを発表した。運賃は片道5290…

  7. DSC_3389

    ピーチ、成田~新千歳線をバニラエアから移管。9月1日からピーチ便…

    ピーチは、2019年9月1日より成田~新千歳線をバニラエアから移管する形で運航を開始した。初便出発前…

  8. ジェットスター・ジャパンの機体

    ジェットスター・ジャパン、国際線片道1165円の「ラーメン餃子価…

    ジェットスター・ジャパンは、国際線9路線で片道1165円(支払手数料・空港使用料などの諸経費は含まず…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_4182-2
  2. DSC00128
  3. DSC_2207
  4. DSC_1554
  5. 2020-08-03 16.31.04
PAGE TOP