menu

バニラエア、福岡~台北線に就航へ。福岡空港国際線に日系航空会社が戻ってくる

ANAグループのLCCであるバニラエアは、新路線として福岡~台北(桃園)線を2018年サマースケジュール中に就航することを発表した。毎日運航で往路便は福岡を午前中に出発し、復路便は台北を午後に出発して夜に到着するスケジュールとなる予定。就航日や運賃などは追って発表することになっているが、サマースケジュールとなる3月25日~10月27日の間で就航するとしている。

バニラエアが誕生してからは、同社が福岡空港に乗り入れるのは初めてとなる(旧エアアジア・ジャパン時代は成田~福岡線を運航していた)。国内航空会社における福岡空港発着の国際線定期便は、JAL(日本航空)が撤退以降、現在ゼロになっている。ANAグループは、2001年3月で旧エアーニッポン(現在はANAと合併)が福岡~台北線を運休。JALは2005年10月に福岡~香港、福岡~ソウル、福岡~ホノルル線を運休し、更に2008年10月に福岡~上海線を運休したことで国内航空会社の運航がなくなっていた。

今年はバニラエアの福岡~台北線、そしてスターフライヤーも10月末から同じく福岡~台北線に就航することになり、福岡からも日系航空会社の運航便で海外へ行けるようになる。約10年振りの国内航空会社の国際線再就航となり、ANAグループ便としては、福岡空港の国際線は2001年以来となる。

バニラエアの台湾便は現在、成田・関西・那覇からの台北便、成田からの高雄便の4路線を運航し、台湾便全体で1日最大7往復で運航している。福岡から就航することで1日最大8往復になる予定。

関連URL:
バニラエア

(鳥海高太朗)

DSC_7157ANA、東京2020オリンピック・パラリンピックへ向けた特別塗装機「HELLO 2020 JET」を羽田空港でお披露目

タイ・エアアジアX【500字コラム】タイ・エアアジアX、成田~バンコク線を1日3往復に増便。片道あたり1日1000席オーバーに

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. IMG_2554

    ジェットスター・ジャパン、国内線で802円セールを実施中

    ジェットスター・ジャパンは席数限定で片道802円のセールを発売している。既に一部路線では販売を終了し…

  2. 都心空港ターミナル利用開始を伝えるティーウェイ航空のHP

    ティーウェイ航空 ソウル駅チェックイン可能に

    ソウル・仁川国際空港からの出発便においてソウル駅で事前に搭乗手続きができる「都心空港ターミナル」。2…

  3. バニラエアのポイントプログラム「バニラエア ポイント」を発表

    バニラエアがポイントプログラム「バニラエア ポイント」を導入。全…

    バニラエアは、国内LCC初の搭乗ポイントプログラム「バニラエア ポイント」を2017年9月1日に導入…

  4. バリューアライアンスのワンストップ予約でバニラエアからスクート便の予約が可能に

    バリューアライアンス ワンストップ予約が始動

    アジア・太平洋地域のLCC(格安航空会社)8社により設立されたバリューアライアンスのサービスが始動し…

  5. ピーチのA320型機

    ピーチ、2017年夏ダイヤより成田~新千歳・那覇線を運休

    ピーチは、2017年3月26日からの夏ダイヤで成田~新千歳、成田~那覇線の2路線を運休することを発表…

  6. 春秋航空日本は、新千歳・関西・広島・佐賀の4路線の国内線を運航。

    春秋航空日本、10月29日より成田~関西線を運休、成田~佐賀線を…

    成田空港を拠点に国内線では広島・佐賀・新千歳・関西線の4路線を運航する春秋航空日本(スプリングジャパ…

  7. バニラエア

    成田空港発着、LCC国内線の全13路線一覧(2017年4月現在)…

    2017年4月現在の成田空港発着のLCC(格安航空会社)国内全路線をまとめてみた。この1年間での変更…

  8. 羽田空港国際線ターミナル

    10月29日からの冬スケジュールでの日系航空会社の新規就航・増便…

    2017年10月29日(日)から冬スケジュール(ウインターダイヤ)がスタートするが、日系航空会社の動…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_8140
  2. DSC_7959
  3. 表紙
  4. DSC_7446
  5. 表紙
PAGE TOP