menu

ピーチ、新千歳~ソウル(仁川)線が就航。新千歳空港で就航セレモニーを開催

ピーチは、2019年4月25日より北海道の新千歳空港からソウル(仁川)への路線を夜行便の時間帯で開設した。新千歳からのピーチの国際線は台北線に次いで2路線目となる。

ピーチの新千歳~ソウル(仁川)線は毎日1往復で運航される。新千歳空港の出発は夜22時でソウルの仁川空港に午前1時10分に到着する。折り返し便は仁川空港を深夜2時40分に出発し、新千歳空港に朝5時30分に到着する。

DSC_0335 DSC_0330 DSC_0326

新千歳空港チェックインカウンター

新千歳空港チェックインカウンター、出発ロビー

深夜便で新千歳から0泊ソウルも可能

初便出発前に就航セレモニーを開催した。就航セレモニーでピーチの井上慎一CEOは「ピーチとして平成最後の新規就航となる。お陰様で満席の予約を頂戴した。ピーチにとって北海道からは台北に次ぐ2番目の路線で、札幌からソウルまで片道5480円からという低運賃でソウルへ行ける。人気のエステの体験や好きなアーティストを会いに行ったり、話題のカフェに行ったり、その為だけに何度でもいけるようになり、学校や仕事の帰りついでにソウルへ行ける。札幌~ソウル線には弾丸スペシャルで0泊3日で往復7500円の特別運賃を設定した。令和の新時代にピーチで日帰り海外という新しいムーブメントを北海道から作り出したい。韓国からは日帰りの旅が可能で1日使って、北海道で4食、機内食を入れると5食を楽しめる。就航を機に韓国からも気軽すぎる旅をして欲しい。ピーチは北海度を北の玄関にしたい。北海道からの国際線路線もどんどん増やしていきたい」と挨拶した。また搭乗時には、井上CEOやピーチ社員がピーチ初便の恒例となっているハイタッチでソウルへ向かう乗客をお見送りした。初便は173名(幼児1名含む)が搭乗した。

ピーチの井上慎一CEO

ピーチの井上慎一CEO

DSC_0394

就航セレモニー

就航セレモニー

初便の記念品

初便の記念品

初便はプレリクライニングシートの24号機で運航

初号機はエアバスA320型機の25号機が投入された。24号機はプレリクライニングシートを搭載した飛行機となっている。プレリクライニングシートとは、最初から15度のリクライニングがされ、リクライニングができない固定シートになっている。前のシートに座っている人がリクライニングすることもなく、座った瞬間から少しリクライニングされていることで快適に移動できる。

DSC_9739 DSC_9719

プレリクライニングシートを搭載した25号機の機内(別日に撮影)

プレリクライニングシートを搭載した24号機の機内(別日に撮影)

DSC_0557 DSC_0549 DSC_0509 DSC_0561

搭乗風景。ピーチ恒例のハイタッチでお見送りした

搭乗風景。ピーチ恒例のハイタッチでお見送りした

ソウルへ向けて新千歳空港を出発するピーチ機

ソウルへ向けて新千歳空港を出発するピーチ機

DSC_0349 DSC_0361 DSC_0357 DSC_0352

新千歳空港国際線出発エリアには免税店やフードコートなどがある

新千歳空港国際線出発エリアには免税店やフードコートなどがある

初便は定刻よりも5分早い21時55分に出発し、ソウルには定刻の深夜1時10分に到着した。

インバウンド(訪日旅行客)の利用をはじめ、札幌周辺からであれば仕事終わりにソウルへ飛び、帰国してそのまま出社することができる時間帯となっている。新千歳空港及び仁川空港でのチェックイン締め切り時刻は便出発50分前までとなっている。

■ピーチ、新千歳~ソウル(仁川)線運航スケジュール

MM701便 新千歳22時00分発 ソウル(仁川)1時10分(翌日)
MM702便 ソウル(仁川)2時40分発 新千歳5時30分

関連URL:ピーチ

(鳥海高太朗)

DSC_9878【フォトレポート】ANA、ハワイへ飛ぶエアバスA380型機の機内を公開

DSC_1076ANA、羽田空港で「令和」に変わる深夜に新元号イベント(平成ラストフライト、令和ファーストフライト)を開催

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. ジェットスター・ジャパンのA320型機

    【速報】ジェットスター・ジャパン、12月19日より成田~高知線、…

    ジェットスター・ジャパンは、2018年12月19日から成田~高知線と関西~高知線の両路線に就航するこ…

  2. DSC_3253

    ジェットスター・ジャパン、就航5周年記念イベントを成田空港で開催…

    ジェットスター・ジャパンは、2017年7月3日に就航5周年を迎えたことを記念したイベントを成田空港に…

  3. 開港5周年を迎えた石垣空港

    【速報】バニラエア、7月1日から成田~石垣、那覇~石垣の2路線を…

    バニラエアは、国内線の新路線として2018年7月1日から成田~石垣線を1日1往復、那覇~石垣線を1日…

  4. バニラエアのポイントプログラム「バニラエア ポイント」を発表

    バニラエアがポイントプログラム「バニラエア ポイント」を導入。全…

    バニラエアは、国内LCC初の搭乗ポイントプログラム「バニラエア ポイント」を2017年9月1日に導入…

  5. LCCピーチ・アビエーションを子会社化することを発表したANAホールディングス株式会社代表取締役社長の片野坂真哉(かたのざか・しんや)氏(写真右)とピーチ・アビエーション代表取締役CEOの井上慎一(いのうえ・しんいち)氏(写真左)

    ANAHD、ピーチを子会社化 国内最大のLCCグループに

    ANAホールディングスがピーチへの出資比率を引き上げ、連結子会社化する事を発表した。ANAホールディ…

  6. バニラエア

    成田空港発着、LCC国内線の全13路線一覧(2017年4月現在)…

    2017年4月現在の成田空港発着のLCC(格安航空会社)国内全路線をまとめてみた。この1年間での変更…

  7. 都心空港ターミナル利用開始を伝えるティーウェイ航空のHP

    ティーウェイ航空 ソウル駅チェックイン可能に

    ソウル・仁川国際空港からの出発便においてソウル駅で事前に搭乗手続きができる「都心空港ターミナル」。2…

  8. P1690163

    バニラエア、新たなブランディング方針「Creating New …

    バニラエアは、2017年5月24日に成田空港内で新たなブランディング方針を発表した。新しいブランディ…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_1554
  2. 2020-08-03 16.31.04
  3. DSC_0852
  4. DSC_0808
  5. ANAのボーイング777-300ER型機
PAGE TOP