menu

【500字コラム】台湾のLCCであるタイガーエア台湾、3月末に茨城~台北線就航で首都圏3空港全てに乗り入れへ

羽田空港、成田空港、そして茨城空港の首都圏3空港全てに乗り入れる航空会社が誕生する。2018年3月26日(月)から、台湾のLCC(格安航空会社)であるタイガーエア台湾は、茨城~台北(桃園)線を開設する。月曜日と木曜日のみの週2往復での運航となるが、今回の就航によって、既に羽田~台北、成田~台北、成田~高雄に就航していることから首都圏3空港全てに乗り入れる唯一の航空会社となる。

タイガーエア台湾は、台湾のチャイナエアラインが出資するLCCで、現在日本国内では、羽田、成田、旭川、函館、仙台、名古屋、関西、岡山、福岡、那覇から台北への便を運航しており、今月からは小松~台北便も就航した。

3月26日より茨城~台北線、3月28日から花巻~台北線を各週2往復で新規就航することになるが、タイガーエア台湾は国内13空港から台北への直行便を運航するともに、成田、関空、福岡、那覇の4空港からは高雄便も運航している。羽田からは台北へ就航しているが、羽田線は朝5時に羽田を出発で台北に朝7時半に到着し、帰国便は台北を23時45分に出発して朝4時に羽田に到着。公共交通機関のない時間帯であるが、片道1万円以下で買えることもあり、当初は毎日運航でなかったが現在は毎日運航となっている。

今後、首都圏だけでなく、地方空港も含めて台湾へ行く際に利用する機会が増えるだろう。更なる路線展開にも注目である。

関連URL:
タイガーエア台湾
タイガーエア台湾 就航都市・時刻表

(鳥海高太朗)

IMG_0491【500字コラム】JAL新社長に赤坂祐二常務執行役員、3代続けて現場出身者が社長に

表紙【2018年1月機内食レポート】JAL、羽田→香港線エコノミークラス 北海道シリーズメニュー

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. img_5157

    【編集長コラム】東京~台北線、昨年同時期よりも上昇傾向に

    日本から近い海外として人気の台湾。台湾からの訪日旅行客(インバウンド)が右肩上がりに上がっていること…

  2. 羽田空港国際線ターミナル

    10月29日からの冬スケジュールでの日系航空会社の新規就航・増便…

    2017年10月29日(日)から冬スケジュール(ウインターダイヤ)がスタートするが、日系航空会社の動…

  3. LCCピーチ・アビエーションを子会社化することを発表したANAホールディングス株式会社代表取締役社長の片野坂真哉(かたのざか・しんや)氏(写真右)とピーチ・アビエーション代表取締役CEOの井上慎一(いのうえ・しんいち)氏(写真左)

    ANAHD、ピーチを子会社化 国内最大のLCCグループに

    ANAホールディングスがピーチへの出資比率を引き上げ、連結子会社化する事を発表した。ANAホールディ…

  4. DSC_3635

    タイのLCCノックスクート、6月1日に成田~バンコク(ドンムアン…

    タイ・バンコクのドンムアン空港に拠点を置くLCC(格安航空会社)のノックスクートが2018年6月1日…

  5. セール値段

    エアアジアX、関西~ホノルル線の就航記念特別セールが発売開始

    2017年6月28日にLCC初の日本~ハワイ路線で、エアアジアグループにとっては初めてのアメリカ路線…

  6. スクート機(写真はボーイング787-9型機。ホノルル線は787-8型機で運航する)

    【500字コラム】スクート、4月2日より成田~台北~シンガポール…

    シンガポール航空のLCCであるスクート(TR)は、成田~台北~シンガポール線を2018年4月2日から…

  7. 成田空港第3ターミナル

    国内LCCの機内持ち込み可能な手荷物の重量と支払手数料を5社で比…

    2017年10月29日にエアアジア・ジャパンが就航して国内線を運航するLCCは5社となった。また、同…

  8. 今期の決算から連結子会社となったピーチ・アビエーション

    【500字コラム】2018年、ピーチに期待したい北海道内路線の就…

    国内初のLCCとしてピーチが就航したのは2012年3月1日。あと2ヶ月弱で就航6周年を迎えることにな…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_4271
  2. 羽田空港国際線ターミナル出発口
  3. DSC_3389
  4. DSC_3151
  5. DSC_0468-2
PAGE TOP