menu

【500字コラム】JAL新社長に赤坂祐二常務執行役員、3代続けて現場出身者が社長に

JAL(日本航空)は、2018年1月24日午後に都内のJAL本社にて会見を行い、赤坂祐二常務執行役員を4月からの新社長とする人事を発表した。6年間社長として、再上場を実現させた植木義晴社長は4月1日付けで取締役会長に就任し、大西賢会長は退任する。

今回の赤坂祐二常務執行役員の社長就任は、私自身も会見場にいて驚きの人事だった。経営破綻時の社長だったのは西松遙氏(現在は城西国際大学観光学部客員教授)で財務部門担当の役員から社長となったが、2010年の経営破綻後に社長に就任した大西賢氏は整備出身、そして2012年2月に社長に就任した植木義晴氏はパイロット出身と続いたことから、今回は事務系の総合職から社長が出るのではないかと私個人は思っていたが、赤坂祐二氏も整備出身ということで専門職系の現場出身者が3代続けて社長に就任することになったからだ。

4月1日にJALの新社長に就任することになった赤坂祐二常務執行役員

4月1日にJALの新社長に就任することになった赤坂祐二常務執行役員

ANA(全日本空輸)も篠辺修前社長(現在はANAホールディングス副会長)は初の整備出身の社長であったが、ANAホールディングスの片野坂真哉社長やANAの平子裕志社長は事務系総合職から社長になっている。

JALではトップが3代続けて現場出身者が社長となる。現場出身の社長は安全に対しての意識は尋常じゃないくらい高い。トラブル時のトップ判断においてもかつての経験が大いに役立っている反面、会社経営においては未知の部分も当然ある。赤坂氏自身もこれまでの会社人生においては「ほとんどが整備部門、オペレーションを毎日やってきた」と話す。事務系と専門職系のどちらが社長に適任なのかはわからないが、新社長となる赤坂氏がどんな経営手腕を発揮するのか期待したい。

関連URL:
JAL
JALプレスリリース「本年4月1日以降の社長の交代等について」

(鳥海高太朗)

那覇空港GW、夏休みを含む3月25日~10月27日搭乗分の国内線事前購入型割引運賃 1月下旬から順次発売開始

タイガーエア台湾【500字コラム】台湾のLCCであるタイガーエア台湾、3月末に茨城~台北線就航で首都圏3空港全てに乗り入れへ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. #5(3)

    MRJ(三菱リージョナルジェット)最終組立工場を公開

    国産初のリージョナルジェット機であるMRJ(Mitsubishi Regional Jet)の最終組…

  2. DSC_9177

    【フォトレポート】ANA、七夕フライトをANA77便新千歳行きゲ…

    ANAは、羽田空港チェックインカウンター前での七夕イベントに続き、七夕の日付が便名となっているANA…

  3. DSC_5958

    ANA、羽田~ジャカルタ便増便セレモニーを開催

    ANA(全日本空輸)は、2017年8月1日から羽田~ジャカルタ線をこれまでの1日1往復から2往復に増…

  4. ご来光の瞬間には眩しいオレンジ色の光が差し込んだ

    【フォトレポート】2019年元旦、ANA初日の出フライト

    ANA(全日本空輸)は、2019年元旦に「2019 ANA初日の出フライト」を羽田空港から運航した。…

  5. DSC_7740

    4月からANA国内線「プレミアムクラス」の当日アップグレードルー…

    ANA(全日本空輸)の国内線「プレミアムクラス」の当日アップグレードにおけるルールが2018年4月1…

  6. DSC_7295

    ラグビーワールドカップの大会トロフィーをお披露目。エミレーツ航空…

    2019年9月20日に日本で開幕するラグビーワールドカップ。11月2日に横浜で開催される決勝戦に勝利…

  7. DSC_8100

    【フォトレポート】JAL、9月1日に国内線デビューするエアバスA…

    JALは、2019年6月20日、今年9月1日に国内線の羽田~福岡線でデビューするエアバスA350型機…

  8. 20170515_224743661_iOS

    JAL、2000マイルで東京駅~成田空港間格安バス乗車券2枚に交…

    JAL(日本航空)のマイレージプログラム「JALマイレージバンク」では少ないマイル数でも特典交換でき…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_0852
  2. DSC_0808
  3. ANAのボーイング777-300ER型機
  4. DSC_6820
  5. 2020-02-13 13.12.49
PAGE TOP