menu

ピーチ、2タイプの運賃タイプを3タイプに拡大。各運賃の違いは?

ピーチは、2017年6月27日にこれまで2タイプだった運賃形態を3タイプに変更した。従来の「ハッピーピーチ」「ハッピーピーチプラス」から「シンプルピーチ」「バリューピーチ」「プライムピーチ」の3タイプとなり、国内線・国際線の全路線が対象となる。主な運賃ルールは以下の通りとなっている。

3タイプの運賃ルールと主な区間の運賃

●シンプルピーチ
(旧ハッピーピーチ)

機内持込み手荷物:10キロまで
受託手荷物:1個目から有料(1個1200~2800円)
座席指定:有料(国内線400~1200円、国際線600~2200円)
フライト変更手数料:有料(3240円+運賃差額※インターネットからの場合)
払戻:不可
購入期限:搭乗日2日前の23時59分まで

●バリューピーチ
(旧ハッピーピーチプラス)

機内持込み手荷物:10キロまで
受託手荷物:1個無料
座席指定:プレジャーシート、スタンダードシートは無料
(1列目のファストシート及び2~5列目の前方席・12・13列目の非常口席のスマートシートは有料)
フライト変更手数料:ウェブから無料(運賃差額の支払いは必要)
払戻:運賃から取消手数料1080円を差し引いた額をピーチポイントで
購入期限:予定出発時刻の1時間前まで

●プライムピーチ
(新設)

機内持込み手荷物:10キロまで
受託手荷物:2個無料
座席指定:スマートシート、プレジャーシート、スタンダードシートは無料
(1列目のファストシートのみ有料)
フライト変更手数料:ウェブから無料(運賃差額の支払いは必要)
払戻:運賃から取消手数料1080円を差し引いた額をピーチポイントで
購入期限:予定出発時刻の1時間前まで

関西国際空港第2ターミナル国際線チェックインカウンター

関西国際空港第2ターミナル国際線チェックインエリア

■主な区間の運賃(最安値)
※空席に応じた変動運賃で支払手数料・空港使用料は別途必要

・関西~成田
シンプルピーチ3490円、バリューピーチ5390円、プライムピーチ7220円

・関西~那覇
シンプルピーチ4890円、バリューピーチ7390円、プライムピーチ9670円

・関西~ソウル
シンプルピーチ5280円、バリューピーチ8580円、プライムピーチ11080円

・関西~台北
シンプルピーチ6980円、バリューピーチ11080円、プライムピーチ14180円

・成田~福岡
シンプルピーチ4790円、バリューピーチ7290円、プライムピーチ9570円

・羽田~台北
シンプルピーチ7280円、バリューピーチ11380円、プライムピーチ14480円

・羽田~ソウル
シンプルピーチ5680円、バリューピーチ9480円、プライムピーチ12580円

・那覇~バンコク
シンプルピーチ9980円、バリューピーチ13580円 プライムピーチ16680円

関西空港第2ターミナルの国内線チェックインカウンター

関西空港第2ターミナルの国内線チェックインエリア

シンプルピーチ運賃でバリューピーチが購入できるキャンペーン

新運賃導入を記念して、2017年6月27日~7月10日までに購入し、9月1日~10月28日に搭乗する場合(一部適用除外日及び設定なしの便もあり)、最安値の「シンプルピーチ」で「バリューピーチ」を購入できる。受託手荷物1個と座席指定が無料になる計算。

今後、最もお得に購入できる「シンプルピーチ」は、搭乗2日前の23時59分までに購入しないと割高になることから2日前までの購入を心掛けたい。

バリューピーチ運賃を最安値のシンプルピーチ運賃で購入できるキャンペーンがスタート

バリューピーチ運賃を最安値のシンプルピーチ運賃で購入できるキャンペーンがスタート

国内線12路線・国際線13路線を19機で運航。9月には新千歳と仙台から新路線も

■ピーチ、全路線一覧

関西~新千歳・仙台・成田・松山・福岡・長崎・宮崎・鹿児島・那覇・石垣・ソウル・釜山・台北・高雄・香港・上海

成田~福岡

羽田~ソウル・台北・上海

那覇~福岡・ソウル・台北・香港・バンコク

2017年9月24日就航 新千歳~仙台・福岡・台北

2017年9月25日就航 仙台~台北

深夜の羽田空港国際線チェックインカウンター。羽田からはソウル・台北・上海の3路線を運航

深夜の羽田空港国際線チェックインカウンター。羽田からはソウル・台北・上海の3路線を運航

関連URL:ピーチ
(鳥海高太朗)

編集長's eye BIRD SEAビュー
ピーチの運賃体系変更は、今から5年前の2012年3月就航時から初めての変更となる。「プライムピーチ」の導入で荷物を2個預ける人にとっては、ありがたい運賃となる。

注目は自己都合での変更・キャンセル時。バリューピーチだと1080円、プライムピーチだと全額が後日のピーチ便購入で使える「ピーチポイント」として払い戻されるほか、便変更であれば差額だけで済む。そうなると万が一、別の予定が入って行けなくなっても金銭的影響は最小限で済む。そういった意味でも、変更・キャンセルの可能性が少しでもあるのであれば、やはりピーチのおすすめ運賃は「バリューピーチ」になると思う。
編集長 鳥海高太朗

DSC_4919JAL、国内線機内Wi-Fiが無料化&7月のWi-Fiビデオプログラム

DSC_1109ANA、成田~ロサンゼルス線を増便。東京~ロサンゼルス間が1日3便体制に

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. DSC_3691-2

    JALの国際線中距離LCCは「ZIPAIR」。まずは成田からバン…

    2019年3月8日、JAL(日本航空)が出資する成田空港を拠点とした新たな国際線中長距離LCC(ロー…

  2. DSC_3253

    ジェットスター・ジャパン、就航5周年記念イベントを成田空港で開催…

    ジェットスター・ジャパンは、2017年7月3日に就航5周年を迎えたことを記念したイベントを成田空港に…

  3. エアアジアXの関西~ホノルル線新規就航記者会見

    LCC初のハワイ直行便、エアアジアX関西~ホノルル線6月就航

    エアアジアグループで中・長距離路線を運航するエアアジアXが2017年6月28日より関西~ホノルル線に…

  4. 都心空港ターミナル利用開始を伝えるティーウェイ航空のHP

    ティーウェイ航空 ソウル駅チェックイン可能に

    ソウル・仁川国際空港からの出発便においてソウル駅で事前に搭乗手続きができる「都心空港ターミナル」。2…

  5. DSC_9228

    【就航発表会レポート】ジェットスター・ジャパン、成田~庄内線を8…

    ジェットスター・ジャパンは、2019年4月17日に山形県庄内総合支庁で、山形県、庄内空港利用振興協議…

  6. インドネシア・エアアジアXの成田~バリ線の就航記念式典(2017年5月25日成田空港)

    LCC直行便バリ島人気再燃か インドネシア・エアアジアX就航

    中長距離路線に特化したエアアジアグループのLCCインドネシア・エアアジアXが2017年5月25日、成…

  7. バニラエアのポイントプログラム「バニラエア ポイント」を発表

    バニラエアがポイントプログラム「バニラエア ポイント」を導入。全…

    バニラエアは、国内LCC初の搭乗ポイントプログラム「バニラエア ポイント」を2017年9月1日に導入…

  8. ジェットスター・ジャパンの機体

    ジェットスター・ジャパン、国際線片道1165円の「ラーメン餃子価…

    ジェットスター・ジャパンは、国際線9路線で片道1165円(支払手数料・空港使用料などの諸経費は含まず…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_4182-2
  2. DSC00128
  3. DSC_2207
  4. DSC_1554
  5. 2020-08-03 16.31.04
PAGE TOP