menu

バニラエア、新たなブランディング方針「Creating New Sky Experience」を発表

バニラエアは、2017年5月24日に成田空港内で新たなブランディング方針を発表した。新しいブランディングのスローガンは「Creating New Sky Experience」。存在意義と経営ビジョンについては以下の通りに定めた。

機体に新たなブランディングのスローガン「Creating New Sky Experience」がまずは1号機に描かれた

機体に新たなブランディングのスローガン「Creating New Sky Experience」。まずは1号機に描かれた

■バニラエアの存在価値
・社員と社会の豊かな未来を創造します
・低運賃を提供するために常に創意⼯夫をします
・⽇本品質で安⼼・信頼を提供します
・地域の活性化に貢献します

■バニラエア経営ビジョン
・LCC No.1 の運航品質を提供します
・成⽥発LCC No.1 を⽬指します
・次のステージへ、LCCモデルを進化させます

バニラエアが目指すコアターゲットとして「好奇心旺盛で、フットワークが軽い人」を定め、将来に向けたバニラエアのブランドコンセプトとして「高感度、進化するLCC」を目指すことを目標にする。

コアターゲットとして「好奇心旺盛で、フットワークが軽い人」を定めた

コアターゲットとして「好奇心旺盛で、フットワークが軽い人」を定めた

将来に向けたブランドコンセプトとして「高感度、進化するLCC」を目指す

将来に向けたブランドコンセプトとして「高感度、進化するLCC」を目指す

その中で今後注目されるのがマイレージ(ポイントプログラム)の導入。バニラエアの山室美緒子副社長は「コアターゲットはフットワークの軽くて、ちょっと空港に出かけていただける方であると申し上げたが、そんなお客様であれば、またバニラに乗って旅行に行きたい、そしたら少しでもポイントなどを貯めたいということがお客様のアンケートからも読み取れるので、今、具体的な構想を練っている」と話した。

新たなブランディング策定の陣頭指揮を執った山室美緒子副社長

新たなブランディング策定の陣頭指揮を執った山室美緒子副社長

バニラエアの機体にも「Creating New Sky Experience」が描かれることになり、最初にペイントした1号機が会見後にお披露目された。今後、全機に描かれる予定となっている。

P1690268

機体に描かれた「Creating New Sky Experience」

機体に描かれた「Creating New Sky Experience」

既に今年4月から機内誌「VANILLA PRESS」を新創刊し、機内食のメニューを追加したり、飲み物とのセットメニューでの割引、更にはお客様の声で大きかった「バニラアイスクリーム」の搭載開始など、新しいサービスを強化している。お客様のニーズをキャッチした高品質なサービスをLCC(格安航空会社)という枠組みの中で、どのように取り組んでいくのか、今後の更なる展開に注目である。

機内誌の創刊やバニラアイスの搭載開始など新サービスも続々と開始

機内誌の創刊やバニラアイスの搭載開始など新サービスも続々と開始

関連URL:バニラエア
写真:五十嵐貴文
(鳥海高太朗)

編集長's eye BIRD SEAビュー
今回、バニラエアが新しいブランド戦略・スローガンを作るにあたって陣頭指揮を執ったのが山室副社長である。

私も取材などを通じて、10年くらいの交流があるが、マイレージプログラムとアライアンスのプロフェッショナルとしてANAのマイレージ戦略の中枢を担ってきただけでなく、2008年~2012年まではドイツ・フランクフルトにあるスターアライアンス本部にも出向された。スターアライアンス本部では、スターアライアンス内のマイレージ戦略や上級会員戦略などでも活躍され、ANAに戻った後、昨年4月からバニラエアに出向となった。

LCCという新しい航空ビジネスモデルの中での新しいブランド戦略に注目していきたい。
編集長 鳥海高太朗

インドネシア・エアアジアXの成田~バリ線の就航記念式典(2017年5月25日成田空港)LCC直行便バリ島人気再燃か インドネシア・エアアジアX就航

Luke_059-1ルーク・オザワ ひこ旅Photoコレクション vol.23

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. 春秋航空日本がブランド名を「スプリング」に統一。4月25日より成…

    国内LCCの春秋航空日本(スプリングジャパン)は、2019年4月10日に東京都内で記者会見を開催し、…

  2. DSC_2403

    LCC初のハワイ直行便、エアアジアX関西~ホノルル線が就航

    2017年6月28日、エアアジアグループの中・長距離路線を運航するLCC・エアアジアXが関西~ホノル…

  3. 成田空港第3ターミナル

    国内LCCの機内持ち込み可能な手荷物の重量と支払手数料を5社で比…

    2017年10月29日にエアアジア・ジャパンが就航して国内線を運航するLCCは5社となった。また、同…

  4. 上海浦東空港から羽田空港に到着したLCCピーチ・アビエーションの機体

    LCCの就航相次ぐ上海線 価格競争も激化

    2016年11月、ピーチは関西・羽田の両空港から上海への新規路線を就航。更に来年1月にはジェットスタ…

  5. DSC_2997

    エアアジア・ジャパン、3路線目として中部~仙台線を1日2往復で運…

    エアアジア・ジャパンは、2019年8月8日に同社としては3路線目となる中部~仙台線に就航した。1日2…

  6. DSC_8149

    バニラエアの成田~石垣線が7月1日に新規就航。首都圏から初の石垣…

    バニラエアは、2018年7月1日に新路線として成田~石垣、那覇~石垣の2路線に就航した。今年秋からピ…

  7. 宮崎空港

    ジェットスター・ジャパン、12月21日に成田~宮崎線を新規就航。…

    ジェットスター・ジャパンは、2017年12月21日から成田~宮崎線を1日1往復で就航することを正式発…

  8. DSC_3691-2

    JALの国際線中距離LCCは「ZIPAIR」。まずは成田からバン…

    2019年3月8日、JAL(日本航空)が出資する成田空港を拠点とした新たな国際線中長距離LCC(ロー…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_4182-2
  2. DSC00128
  3. DSC_2207
  4. DSC_1554
  5. 2020-08-03 16.31.04
PAGE TOP