menu

国内LCCの機内持ち込み可能な手荷物の重量と支払手数料を5社で比較してみた

2017年10月29日にエアアジア・ジャパンが就航して国内線を運航するLCCは5社となった。また、同じく10月29日にはバニラエアが機内持ち込み手荷物の重量を10キロから7キロに変更して空港では重量チェックも強化されている。また11月15日からピーチは支払手数料を440円から540円(クレジットカード決済の場合)に値上げした。

そこでLCC5社の日本国内線における機内持ち込み手荷物の重量と支払手数料をまとめてみた。

■機内持ち込み手荷物の重量

ピーチ:10キロ
ジェットスター・ジャパン:7キロ(フレックスBiz運賃では10キロまで)
バニラエア:7キロ
エアアジア・ジャパン:7キロ
春秋航空日本:5キロ(セール運賃以外であれば、預ける手荷物は機内持ち込みの荷物を含めて15kgまで無料)

■1区間毎に必要な支払手数料(決済手数料)※クレジットカードの場合

エアアジア・ジャパン:400円
春秋航空日本:430円
ジェットスター・ジャパン:500円
ピーチ:540円
バニラエア:600円

ピーチは使用する関西空港第2ターミナル

ピーチは使用する関西空港第2ターミナル

機内持ち込み手荷物の重量においては、7キロと10キロの3キロの差は意外にも利用者にとっては大きく、特に宿泊を伴う旅行や出張においては、預ける荷物の手数料を払うかどうか考えてしまうことも多いだろう。

支払手数料は、新規で航空券を購入する場合は避ける方法は基本的にはなく、必ず必要になってくる。ANAやJAL、スカイマークなどでは不要であるが、海外も含めてLCCでは徴収することが一般化されており、日本でも同様のスタイルが採用されている。以前は300円程度であったが、現在では1区間400~600円程度になっている。

LCC利用時で運賃を比較する場合には、オプション類(手荷物預けや座席指定なども含めて)も加えた最終的な合計額(支払額)で比較する必要がある。

関連URL:ピーチジェットスター・ジャパンバニラエア春秋航空日本エアアジア・ジャパン

(鳥海高太朗)

IMG_4087ルフトハンザ、都内で記者会見を開催。A350を12月より羽田~ミュンヘン線に導入やエアベルリングループの一部を統合などについて説明

DSC_2502ANA、ビジネスで往復9万円台・エコノミーで往復4万円台のクアラルンプール行きロングステイ向け新運賃を発売

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. ジェットスター・ジャパンの機体

    ジェットスター・ジャパン、国際線片道1165円の「ラーメン餃子価…

    ジェットスター・ジャパンは、国際線9路線で片道1165円(支払手数料・空港使用料などの諸経費は含まず…

  2. ZIPAIRの機体デザイン

    【速報】JALが設立した国際線中長距離LCC「ZIPAIR」、就…

    2020年夏ダイヤに運航を開始することを発表していた、JALが出資する国際線中長距離LCCの「ZIP…

  3. LCCスクートの機内インターネットのスピードテスト結果

    LCCこそ機内Wi-Fiを 全便搭載のスクートを調査

    機内でインターネットに接続できる航空会社が増えています。ネット上のコンテンツを楽しむことができる機内…

  4. 成田~釜山線に新規就航したチェジュ航空の就航記念式典

    チェジュ航空、成田~釜山線に新規就航 LCC間の競争も激しく

    2016年12月15日、韓国のLCC(格安航空会社)チェジュ航空が成田~釜山線に新規就航した。この路…

  5. エアアジアXの関西~ホノルル線新規就航記者会見

    LCC初のハワイ直行便、エアアジアX関西~ホノルル線6月就航

    エアアジアグループで中・長距離路線を運航するエアアジアXが2017年6月28日より関西~ホノルル線に…

  6. バリューアライアンスのワンストップ予約でバニラエアからスクート便の予約が可能に

    バリューアライアンス ワンストップ予約が始動

    アジア・太平洋地域のLCC(格安航空会社)8社により設立されたバリューアライアンスのサービスが始動し…

  7. 今期の決算から連結子会社となったピーチ・アビエーション

    【速報】ピーチ、2018年3月1日より関西~新潟線を1日1往復で…

    ピーチは、2018年3月1日から関西~新潟線を1日1往復で就航することを発表した。航空券は本日10月…

  8. 香港エクスプレス

    香港エクスプレス、片道980円セール運賃発売中。諸経費込みで羽田…

    香港のLCCである香港エクスプレスは、全路線片道980円セールを現在発売している。対象となる搭乗期間…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_4271
  2. 羽田空港国際線ターミナル出発口
  3. DSC_3389
  4. DSC_3151
  5. DSC_0468-2
PAGE TOP