menu

2017年8月1日発券分よりANA・JAL国際線燃油サーチャージ引き下げ

ANA(全日本空輸)、JAL(日本航空)は、2017年8月1日(火)発券分より国際線における燃油サーチャージを改定し、燃油価格及び為替動向により、各路線において4月~7月発券分に比べて約半分の額に引き下げられ、今年2月・3月発券分と同等になった。

具体的には、欧米路線(除くハワイ)やオセアニア方面では片道7000円が3500円に、ハワイ線では片道4000円が2000円に、バンコク線やシンガポール線などでは片道3000円から1500円に引き下げられた。欧米路線では往復で7000円安くなり、利用しやすくなる。

燃油サーチャージは大人・小児共に同額で、特典航空券利用時にも必要。

■2017年8月・9月発券分 ANA、JAL燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)主要路線 ※片道あたり
・日本~北米(ハワイを除く)、ヨーロッパ、オセアニア
3500円
・日本~ハワイ、インド、インドネシア
2000円
・日本~タイ、シンガポール、マレーシア、ミャンマー、カンボジア
1500円
・日本~ベトナム、フィリピン、グアム
1000円
・日本~中国、台湾
500円
・日本~韓国
200円

羽田空港国際線ターミナル出発口

羽田空港国際線ターミナル出発口

関連URL:ANAJAL

(鳥海高太朗)

編集長's eye BIRD SEAビュー
ANAが6月9日に発表したプレスリリースによると、2017年4月から5月におけるシンガポールケロシン市況価格の2カ月平均が1バレルあたり62.51USドルで、為替レートが1USドル=111.14円ということで、シンガポールケロシン市況価格の円貨換算額は6947円になったが、今回の燃油サーチャージ額は6000円~6999円の場合におけるものとなっており、7000円を超えると7月までの設定額に逆戻りすることになる。

8月に入ったので、6月・7月の燃油価格で決まる10月以降に設定される燃油サーチャージも近いうちに発表される見込みであるが、燃油サーチャージの徴収をしない6000円未満になることは当面は難しそうだ。
編集長 鳥海高太朗

IMG_2636【速報】JAL、業績上振れで株主への配当を96円に上方修正

DSC_5958ANA、羽田~ジャカルタ便増便セレモニーを開催

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. DSC_1076

    ANA、羽田空港で「令和」に変わる深夜に新元号イベント(平成ラス…

    ANAは、元号が平成から令和に改元される4月30日から5月1日にかけて羽田空港国際線ターミナルで、「…

  2. DSC_1144

    【速報】キャセイパシフィック航空、2017年冬ダイヤから成田~台…

    香港のキャセイパシフィック航空は、2017年6月14日に都内で記者会見を行い、成田~台北(桃園)線を…

  3. IMG_4807

    ANAグループの2018-2022年度中期経営戦略を発表。202…

    ANAホールディングスは、2018年2月1日に「2018-2022年度ANAグループ中期経営戦略」を…

  4. DSC_5198

    ANA、A380就航へ向けてホノルル空港のラウンジ概要を発表。ラ…

    ANA(全日本空輸)は、2019年春に就航予定のエアバスA380の就航地であるホノルル空港(ダニエル…

  5. DSC_7841

    ANAグループ、平昌オリンピック金メダリストの佐藤綾乃選手など現…

    ANAグループは、日本オリンピック委員会(JOC)が行っているトップアスリートの就職支援ナビゲーショ…

  6. DSC_7329

    JAL、9月からの日本発国際線中長距離路線エコノミークラス機内食…

    JAL(日本航空)は、2017年9月1日より日本発の中・長距離路線のプレミアムエコノミークラス・エコ…

  7. IMG_0491

    【500字コラム】JAL新社長に赤坂祐二常務執行役員、3代続けて…

    JAL(日本航空)は、2018年1月24日午後に都内のJAL本社にて会見を行い、赤坂祐二常務執行役員…

  8. DSC_3822

    JAL、11月16日からシステム刷新で国内線特典航空券ルールが変…

    JAL(日本航空)は、2017年11月16日より旅客サービスシステムの刷新を予定しており、システム刷…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_2522
  2. 羽田空港国際線ターミナル出発口
  3. DSC_1765
  4. 4種類の味が楽しめるフィナンシェ
  5. DSC_1579
PAGE TOP