menu

2017年8月1日発券分よりANA・JAL国際線燃油サーチャージ引き下げ

ANA(全日本空輸)、JAL(日本航空)は、2017年8月1日(火)発券分より国際線における燃油サーチャージを改定し、燃油価格及び為替動向により、各路線において4月~7月発券分に比べて約半分の額に引き下げられ、今年2月・3月発券分と同等になった。

具体的には、欧米路線(除くハワイ)やオセアニア方面では片道7000円が3500円に、ハワイ線では片道4000円が2000円に、バンコク線やシンガポール線などでは片道3000円から1500円に引き下げられた。欧米路線では往復で7000円安くなり、利用しやすくなる。

燃油サーチャージは大人・小児共に同額で、特典航空券利用時にも必要。

■2017年8月・9月発券分 ANA、JAL燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)主要路線 ※片道あたり
・日本~北米(ハワイを除く)、ヨーロッパ、オセアニア
3500円
・日本~ハワイ、インド、インドネシア
2000円
・日本~タイ、シンガポール、マレーシア、ミャンマー、カンボジア
1500円
・日本~ベトナム、フィリピン、グアム
1000円
・日本~中国、台湾
500円
・日本~韓国
200円

羽田空港国際線ターミナル出発口

羽田空港国際線ターミナル出発口

関連URL:ANAJAL

(鳥海高太朗)

編集長's eye BIRD SEAビュー
ANAが6月9日に発表したプレスリリースによると、2017年4月から5月におけるシンガポールケロシン市況価格の2カ月平均が1バレルあたり62.51USドルで、為替レートが1USドル=111.14円ということで、シンガポールケロシン市況価格の円貨換算額は6947円になったが、今回の燃油サーチャージ額は6000円~6999円の場合におけるものとなっており、7000円を超えると7月までの設定額に逆戻りすることになる。

8月に入ったので、6月・7月の燃油価格で決まる10月以降に設定される燃油サーチャージも近いうちに発表される見込みであるが、燃油サーチャージの徴収をしない6000円未満になることは当面は難しそうだ。
編集長 鳥海高太朗

IMG_2636【速報】JAL、業績上振れで株主への配当を96円に上方修正

DSC_5958ANA、羽田~ジャカルタ便増便セレモニーを開催

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. DSC_4590

    【フォトレポート】ANAのエアバスA380「FLYING HON…

    ANA(全日本空輸)が2019年5月24日より成田~ホノルル線に投入する総2階建て飛行機エアバスA3…

  2. DSC_4660

    JAL、4月1日より羽田~ニューヨーク線を開設

    JAL(日本航空)は、2017年4月1日より羽田~ニューヨーク線を1日1往復で開設することを発表した…

  3. DSC_1427-2

    JAL、10月27日より国内線の保安検査締め切り時刻を便出発20…

    JALは、国内線における保安検査場通過の締め切り時刻を現在の便出発15分前から20分前までに変更する…

  4. DSC_4919

    JAL、国内線機内Wi-Fiが無料化&7月のWi-Fiビデオプロ…

    JAL(日本航空)は、現在2017年8月31日までの期間限定で行っている国内線機内Wi-Fiサービス…

  5. DSC_7959

    ANA、綾瀬はるかさんが新サービスの魅力を伝えるCA(Commu…

    ANA(全日本空輸)は、2018年2月19日に東京都内でANA「FEEL THE NEW SKY」の…

  6. DSC_7770

    ANAグループ、羽田空港で入社式。入社式の最後に新元号「令和」を…

    2019年度ANAグループ入社式を羽田空港内のANAエアフレームメンテナンスビル 東京新第2号格納庫…

  7. p1070096

    ANA、羽田空港の機体工場見学来場者が100万人を突破

    入場料無料で常に満員状態が続いている羽田空港の整備工場で実施している機体工場見学。ANA(全日本空輸…

  8. DSC_8992

    ANA、佐賀空港で国内初となる航空機の牽引にリモコン式遠隔操作を…

    飛行機は自動車と異なり、バック(後退)ができないことから、けん引車を使って誘導路までプッシュバックし…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. IMG_6238
  2. DSC_4182-2
  3. DSC00128
  4. DSC_2207
  5. DSC_1554
PAGE TOP