menu

【速報】ANAのボーイング787-10型機、4月26日の成田~シンガポール線でデビュー

ANA(全日本空輸)は、国内航空会社では初めての導入となるボーイング787-10型機の運航を2019年4月26日の成田発シンガポール行きのNH801便(成田18時05分発)から投入することが発表された(シンガポール発の復路は4月27日よりNH802便に投入予定)。787-10型機は全長68メートルを誇り、787-8型機より11メートル、787-9型機よりも胴体が5メートル長いのが特徴となっている。
※上記写真は787-8型機

シンガポール線に続いて7月にはバンコク線にも投入

更に7月1日からは成田~バンコク線のNH805便・806便(7月2日より)もボーイング787-10型機での運航となる。ANAのボーイング787-10型機は294席仕様を予定している。現在運航中のボーイング787-9型機が246席仕様もしくは215席仕様で運航されており、48~79席の座席数がアップする。

またボーイング777-300ER型機(国際線)においても264席仕様・250席仕様・212席仕様となっており、最大座席数の264席よりも787-10型機では30席多い座席数になっている。

ANAはエアバスA380型機を成田~ホノルル線に5月24日から投入されるが、A380の520席に次ぐ、国際線機材では2番目に多い座席数となる。

海外ではシンガポール航空が787-10を日本~シンガポール線に投入している。シンガポール航空は337席仕様(ビジネスクラス36席、エコノミークラス301席)でANAよりも43席多い仕様となっている。

シンガポール航空は日本路線にボーイング787-10型機を積極的に投入している

シンガポール航空は日本路線にボーイング787-10型機を積極的に投入している

関連URL:
2019年度 ANAグループ航空輸送事業計画を策定(ANAプレスリリースより)
ANA

(鳥海高太朗)

DSC_0424羽田空港制限区域内で自動運転バスの実証実験をANAやSBドライブなどが実施

A350-900_RR_JAL_V07newsky【速報】JALのエアバスA350-900型機は9月より羽田~福岡線、国内線仕様のボーイング787型機を秋より羽田~伊丹線を中心に投入へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. DSC_1765

    ANA、11月16日から国内線に投入されるパーソナルモニター搭載…

    ANAは、今年秋より順次、ボーイング777-200型機8機とボーイング787-8型機11機に新シート…

  2. エアバスA321neoの全景(2017年9月8日撮影)

    ANA、国内初導入のエアバスA321neoが羽田に到着し、機内を…

    ANA(全日本空輸)は、2017年9月8日に国内の航空会社で初めてとなるエアバスA321neo(ne…

  3. DSC_1152

    ANA、3月25日より福岡~石垣線の通年運航をスタート。石垣空港…

    ANA(全日本空輸)は、2018年3月25日よりこれまでは夏季期間のみ運航されていた福岡~石垣線の通…

  4. ピーチ

    【速報】ピーチとJALの関西空港発着便、明日9月7日にピーチは出…

    ピーチとJAL(日本航空)は、台風21号の影響によって閉鎖が続いていた関西空港からの運航を9月7日よ…

  5. DSC_6678

    ANA、ドローンを避雷した機体の損傷状況確認に活用するための実験…

    ANA(全日本空輸)は、2017年2月14日にドローンを活用した整備点検作業の実用化に向けた実験を大…

  6. A350-900_RR_JAL_V07newsky

    【速報】JALのエアバスA350-900型機は9月より羽田~福岡…

    JAL(日本航空)は、国内航空会社では初導入となるエアバスA350-900型機を2019年9月より、…

  7. ANAホールディングス、2020年3月期第1四半期の決算を発表。…

    ANAホールディングスは、2019年7月30日に2020年3月期の第1四半期の決算を発表した。グルー…

  8. DSC_6820

    【フォトレポート】バレンタインデー、ANAは羽田空港でお客様にチ…

    2020年2月14日(金)のバレンタインデー当日、ANAは羽田空港第2ターミナル2階出発ロビー北側の…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_4182-2
  2. DSC00128
  3. DSC_2207
  4. DSC_1554
  5. 2020-08-03 16.31.04
PAGE TOP