menu

【速報】ANAのボーイング787-10型機、4月26日の成田~シンガポール線でデビュー

ANA(全日本空輸)は、国内航空会社では初めての導入となるボーイング787-10型機の運航を2019年4月26日の成田発シンガポール行きのNH801便(成田18時05分発)から投入することが発表された(シンガポール発の復路は4月27日よりNH802便に投入予定)。787-10型機は全長68メートルを誇り、787-8型機より11メートル、787-9型機よりも胴体が5メートル長いのが特徴となっている。
※上記写真は787-8型機

シンガポール線に続いて7月にはバンコク線にも投入

更に7月1日からは成田~バンコク線のNH805便・806便(7月2日より)もボーイング787-10型機での運航となる。ANAのボーイング787-10型機は294席仕様を予定している。現在運航中のボーイング787-9型機が246席仕様もしくは215席仕様で運航されており、48~79席の座席数がアップする。

またボーイング777-300ER型機(国際線)においても264席仕様・250席仕様・212席仕様となっており、最大座席数の264席よりも787-10型機では30席多い座席数になっている。

ANAはエアバスA380型機を成田~ホノルル線に5月24日から投入されるが、A380の520席に次ぐ、国際線機材では2番目に多い座席数となる。

海外ではシンガポール航空が787-10を日本~シンガポール線に投入している。シンガポール航空は337席仕様(ビジネスクラス36席、エコノミークラス301席)でANAよりも43席多い仕様となっている。

シンガポール航空は日本路線にボーイング787-10型機を積極的に投入している

シンガポール航空は日本路線にボーイング787-10型機を積極的に投入している

関連URL:
2019年度 ANAグループ航空輸送事業計画を策定(ANAプレスリリースより)
ANA

(鳥海高太朗)

DSC_0424羽田空港制限区域内で自動運転バスの実証実験をANAやSBドライブなどが実施

A350-900_RR_JAL_V07newsky【速報】JALのエアバスA350-900型機は9月より羽田~福岡線、国内線仕様のボーイング787型機を秋より羽田~伊丹線を中心に投入へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. ANAエアバスA380

    【速報】ANAのA380就航日は2019年5月24日に決定。成田…

    ANA(全日本空輸)は、ホノルル線に就航する総2階建て飛行機エアバスA380の就航日を2019年5月…

  2. IMG_4945

    JAL、民泊サービスの「百戦錬磨」への資本参加及び包括的業務提携…

    JAL(日本航空)は、2018年2月8日に民泊サービスを行っている株式会社百戦錬磨(本社:宮城県仙台…

  3. 777-300ER_Fclass

    ANA、JALの国際線ファーストクラス設定便一覧。最短路線はAN…

    2017年の夏ダイヤが3月26日(日)からスタートする。そこで今回、ANA(全日本空輸)、JAL(日…

  4. DSC_3895

    ANA、羽田空港で七夕イベントを開催

    ANA(全日本空輸)は、2017年7月7日の七夕当日に羽田空港で「七夕イベント」を開催した。今年は、…

  5. DSC_7157

    ANA、東京2020オリンピック・パラリンピックへ向けた特別塗装…

    ANA(全日本空輸)では、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会へ向けた特別塗装機を201…

  6. DSC_7649

    JAL、成田~シアトル線を就航。阿部寛さんも出席した就航セレモニ…

    JALは、2019年3月31日より成田~シアトル線を開設した。初便出発前に第2ターミナル62番ゲート…

  7. 表紙

    ANA、平昌オリンピックに出場するANA社員2名の激励会を開催

    ANA(全日本空輸)は、2018年1月12日に東京・汐留のANA本社で2月9日から韓国の平昌(ピョン…

  8. DSC_7921

    ANA、エアバスA380「FLYING HONU」エメラルドグリ…

    2019年6月18日より、ANAが5月24日から成田~ホノルル線で運航を開始したエアバスA380型機…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_1554
  2. 2020-08-03 16.31.04
  3. DSC_0852
  4. DSC_0808
  5. ANAのボーイング777-300ER型機
PAGE TOP