menu

【フォトレポート】JALグループ、2020年4月から着用の新制服デザインを発表

JALは、2020年4月から新たに着用する全部門の新しいデザインの制服が決定し、2019年7月23日に羽田空港でお披露目された。

基本コンセプトとしては、洗練されたスタイリッシュなデザインに、安全・安心に最高のサービスを提供するプロフェッショナルが着用する制服として、現行制服で優れた点を生かしながら、必要な品質・機能を兼ね備えたものとした。また「持続可能性に配慮した調達コード」に対応し、耐久性向上や再生ポリエステル使用などによる環境へ配慮すると共にスタッフが生き生きと活躍できるものとなった。

客室乗務員と地上接客部門、女性用のスカーフはクリエイティブディレクター江角泰俊氏がデザインを担当した。

客室乗務員と地上接客部門の制服

客室乗務員と地上接客部門の制服

クリエイティブディレクター江角泰俊氏

クリエイティブディレクター江角泰俊氏

■客室乗務員

”Hybrid Modern Beauty”をテーマに、「洗練されたハイブリットビューティ」「ハイブリッドが生み出す、現代的な美しさ」を表現し、異なる素材を組み合わせたハイブリッドという最新のデザイン手法を用い、ロゴマークの「鶴丸」とブランドカラーで視認性の高い色を一部アイテムに活かしながら、オリジナリティがあり洗練されて着心地が良く高い動作性を実現した制服とした。また、多様な働き方を実現するためにパンツスタイルも新たに導入した。そしてエプロンが個性的で目を引くものとなった。

DSC_0280 DSC_0275 DSC_5723

グループ各社によって異なるスカーフ

グループ各社によって異なるスカーフ

■地上接客部門

客室乗務員と共通で”Hybrid Modern Beauty”がテーマ。鶴をイメージした曲線的フォルムによりエレガントさを表現しつつ、さまざまな動きでも美しい所作を維持できるようパターンメイキングを工夫した。また、客室乗務員の制服と同様にロゴマークの「鶴丸」とブランドカラーを活かしたデザインになっている。今回、新たにワンピーススタイルも導入し、構築的で現代的な美しいシルエットでありながら、動きやすさを追求した。ラウンジや接遇スタッフの制服もリニューアルされる。

DSC_0287 DSC_0290

■運航乗務員(パイロット)

男女共用デザインと新たに導入する女性用デザインの2種類。共用デザインは、従来のJALグループ伝統のデザインとしつつも、動きやすさを重視したパターンの変更により、機能向上を果たした。また女性用デザインはジャケットをすっきりとしたシングルボタンとし、従来のネクタイに代わってスカーフを導入した。

DSC_0298

■整備士、グランドハンドリングスタッフ

整備士のカバーオールは、デサントジャパン社によりデザインされ、ロゴの鶴丸をイメージした大胆な切り替えのデザインとなった。スポーツウェアで培われた機能性を生かし立体的かつスタイリッシュなシルエットを実現し、美しく機能的な「パフォーマンスギア」に生まれ変わる。また、雨衣や防寒衣などのアウター類は、モンベル社の製品となる。

グランドハンドリングスタッフの作業衣は、デサントジャパン社のデザインで、整備士と共通したデザイン・品質・機能とし、カバーオールに加えて、多様な働き方に対応できるセパレートタイプの作業衣を新たに設定し、酷暑への対応としてプロシャツを導入。アウター類は整備同様にモンベル社の製品を採用する。

整備士の制服

整備士の制服

グランドハンドリングスタッフの制服

グランドハンドリングスタッフの制服

雨衣や防寒衣などのアウター類を着用した整備士とグランドハンドリングスタッフ(真ん中)

雨衣や防寒衣などのアウター類を着用した整備士とグランドハンドリングスタッフ(真ん中)

■沖縄地区の夏季限定(かりゆしウェア)

沖縄地区で夏季に着用するかりゆしウェアは、江角泰俊氏がデザインを監修し、デイゴをはじめとする5つの沖縄の花を鮮やかな色彩で配置。沖縄らしい明るさや温かみのある「おもてなし」の想いを表現していることに加え、「現代的な新しさ」を感じていだけるデザインとなった。運航乗務員(パイロット)にもかりゆりウェアが導入される。

DSC_0322

JALグループでは、2020年夏に限定着用するスカーフデザインを募集し、応募者の中から東京2020オリンピック・パラリンピックの観戦チケットなどがプレゼントされる。

DSC_0403

関連URL:JAL

(鳥海高太朗)

ボーイング787-8型機ANA、10月27日より成田~チェンナイ線を週3往復で新規就航。ボーイング787-8型機で運航

DSC_0930綾瀬はるかさんが参加。ANAが東京オリンピック・パラリンピック開幕1年前イベントを開催。人文字で盛り上げる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. DSC_5617-2

    スカイマーク、成田~サイパン線のチャーター便をお盆期間と9月の連…

    スカイマークは3月に続いて、成田~サイパン線の国際チャーター便を運航することを発表した。2019年8…

  2. JAL機

    【速報】JAL、成田~ウラジオストク線を2020年夏期ダイヤで就…

    JALは、新規路線として成田空港からロシアのウラジオストクへの路線を2020年夏期ダイヤで就航させる…

  3. DSC_9902

    ANA、ひなまつりフライトを羽田発石垣行きで実施。パイロットも含…

    ANA(全日本空輸)は、2018年3月3日のひなまつりに毎年恒例の「ひなまつりフライト」を運航した。…

  4. DSC_7841

    ANAグループ、平昌オリンピック金メダリストの佐藤綾乃選手など現…

    ANAグループは、日本オリンピック委員会(JOC)が行っているトップアスリートの就職支援ナビゲーショ…

  5. DSC_0647

    ANA、羽田空港近くに一般見学も可能な訓練施設「総合トレーニング…

    ANA(全日本空輸)は、羽田空港近くの大田区羽田旭町(京浜急行穴守稲荷駅近く)に将来の航空需要の増加…

  6. DSC_6361

    JAL、クアラルンプール行きが期間限定でビジネスクラスが13万円…

    JAL(日本航空)は、期間限定でクアラルンプール線利用の払い戻し不可のビジネスクラス航空券のスペシャ…

  7. DSC_8992

    ANA、佐賀空港で国内初となる航空機の牽引にリモコン式遠隔操作を…

    飛行機は自動車と異なり、バック(後退)ができないことから、けん引車を使って誘導路までプッシュバックし…

  8. a380-255-opt-2

    エミレーツ航空、ヨーロッパへ燃油なし往復5万円台からの早割セール…

    UAEのドバイを拠点とするエミレーツ航空は、2017年3月26日から成田~ドバイ線に総2階建て飛行機…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_6820
  2. 2020-02-13 13.12.49
  3. DSC_5882
  4. ラウンジ2
  5. DSC_4277
PAGE TOP