menu

ANA、A380就航へ向けてホノルル空港のラウンジ概要を発表。ラウンジから飛行機に直接搭乗が可能に

ANA(全日本空輸)は、2019年春に就航予定のエアバスA380の就航地であるホノルル空港(ダニエル.K.イノウエ国際空港)に新たにオープンする新ラウンジの概要を発表した。

「ANA SUITE LOUNGE」と「ANA LOUNGE」を新設する

現在はユナイテッド航空のラウンジを利用しているが、エアバスA380型機「FLYING HONU」の就航に合わせて、ファーストクラス及びANAダイヤモンドメンバー向けの「ANA SUITE LOUNGE」を60席、ビジネスクラス及びスターアライアンス・ゴールドメンバー向けの「ANA LOUNGE」300席の合計360席規模のラウンジを新設する。かつては自社ラウンジを運営していたこともあるが、現在では海外においては全て現地の提携先のラウンジを使用していることから、今回のホノルル空港のラウンジがオープンすることで海外では唯一の自社ラウンジとなる(国内では13空港に自社ラウンジを展開)。ホノルル空港では最大の広さ・規模となる。

ANAにとっては、海外就航空港では久しぶりに自社ラウンジを展開する

ANAにとっては、海外就航空港では久しぶりに自社ラウンジを展開する

ANA LOUNGEは、ハワイの自然を象徴する海・空・木々などのデザインを、床・壁・天井にダイナミックに表現するとと共に、お子様が遊べるように潮溜まりをイメージした「ファミリーエリア」を設けるなど、出発までの時間を堪能できるようになっている。またANA SUITE LOUNGEは、上質で落ち着きのあるデザインで搭乗口に最も近い利便性の高い場所に設置される。

ANA LOUNGEのエントランス

ANA LOUNGEのエントランス

ハワイの自然を象徴する海・空・木々などをデザインするANA LOUNGE

ハワイの自然を象徴する海・空・木々などをデザインするANA LOUNGE

搭乗口に近い場所に設置されるANA SUITE LOUNGE

搭乗口に近い場所に設置されるANA SUITE LOUNGE

ANA LOUNGE内に開設される「ファミリーエリア」

ANA LOUNGE内に開設される「ファミリーエリア」

ラウンジから直接搭乗が可能に

ラウンジの場所はホノルル空港のターミナル2(現行:メインターミナル)の3階で、エバ・コンコーC4(現行:29番)のゲート上に新設される。A380発着については、C4(現行:29番)とC9(現行:34番)の両ゲートを使用する。ホノルル空港最大のラウンジとなり、C4ゲートから出発する便においてはラウンジから直接、A380のアッパーデッキ(2階席)に搭乗できるようになることから搭乗ギリギリまでラウンジ内で過ごすことができる。

ホノルル空港のマップ。現在とは逆側のエリアを使用する

ホノルル空港のマップ。現在とは逆側のエリアを使用する

ラウンジからアッパーデッキのファーストクラス・ビジネスクラス・プレミアムエコノミー席に搭乗できる

ラウンジからアッパーデッキのファーストクラス・ビジネスクラス・プレミアムエコノミー席に搭乗できる

ANAのA380「FLYING HONU」は全520席。カウチシートも国内初で新設

既にANAは、4月25日にA380型機のシートと3機の機体デザインなどを発表しており、座席数は全部で520席で、ファーストクラス8席、ビジネスクラス56席、プレミアムエコノミー73席、エコノミークラス383席の4クラス設定となる。

2階席(アッパーデッキ)がファーストクラス、ビジネスクラス、プレミアムエコノミーを配置し、1階席はエコノミークラスとなる。全クラスで新シートが導入されるが、ファーストクラスはドア付きの個室型シートを採用し、ビジネスクラスには新たに中央席にペアシートを設置するほか、エコノミークラスを含む全席にPC電源とUSBポートを装備する。機内Wi-Fiサービスにも対応することが発表されている。

ファーストクラス

ファーストクラス

ビジネスクラス

ビジネスクラス

国内航空会社では初導入どなる「ANAカウチ」

エコノミークラス

エコノミークラスには、1階後方に国内航空会社では初めて、カウチシート「ANA COUCHii(ANAカウチ)」を60席導入する。カウチシートは、通常足下の部分のレッグレストを上げることで、窓側席であれば3席、中央席であれば4席をベッドのように利用できるシートとなっている。料金については、通常のエコノミークラス運賃に追加料金を支払う形で利用できる。

国内航空会社では初導入どなる「ANAカウチ」

国内航空会社では初導入どなる「ANAカウチ」

関連URL:
ANA
ANAプレスリリース ダニエル・K・イノウエ国際空港最大の自社ラウンジがオープン(5月30日)

(鳥海高太朗)

DSC_5041ANA、各地の魅力を発見して国内外へ発信する「Tastes of JAPAN by ANA -Explore the regions-」6月から九州を特集

DSC_5476ベトジェットが日本初就航、11月8日に関西~ハノイ線を就航

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. DSC_0647

    ANA、羽田空港近くに一般見学も可能な訓練施設「総合トレーニング…

    ANA(全日本空輸)は、羽田空港近くの大田区羽田旭町(京浜急行穴守稲荷駅近く)に将来の航空需要の増加…

  2. Saks-Fifth-Avenue-Amenities

    ユナイテッド航空、6月15日より成田~サンフランシスコ線より新ビ…

    ユナイテッド航空は、2017年6月15日より新しいビジネスクラス「ユナイテッド・ポラリス」を搭載した…

  3. 記念撮影2

    ANA、羽田空港に太宰府天満宮の特大絵馬を設置し、ANAオリジナ…

    ANA(全日本空輸)では、受験生応援イベントとして、羽田空港第2ターミナル2階の出発カウンター前で福…

  4. DSC_8131

    【フォトレポート】新千歳空港、隈研吾さん設計の新しい「ANA L…

    ANA(全日本空輸)は、新千歳空港に2017年9月13日にオープンする「ANA LOUNGE」「AN…

  5. 12月17日の17時にエアバス社工場があるドイツのハンブルクからロシアのノボシビルスク経由で羽田空港に到着したエアバスA320neo

    【編集長コラム】小型機でも機内エンターテイメント充実

    国際線に投入されている小型機は、ボーイング777や787などの大・中型機に比べると機内での居住性が悪…

  6. 特設のメッセージボードと紅吉野桜

    羽田空港で働くANAグループスタッフが「さくらのメッセージカード…

    羽田空港では、ANA(全日本空輸)の国内線が出発する第2ターミナルの出発フロア(保安検査場AとBの中…

  7. DSC_6125

    シンガポール航空、期間限定でシンガポールへ諸経費込みで往復4万円…

    シンガポール航空は、創立70周年を記念した期間限定運賃を2017年5月15日~6月30日までの期間に…

  8. DSC_4919

    JAL、国内線機内Wi-Fiが無料化&7月のWi-Fiビデオプロ…

    JAL(日本航空)は、現在2017年8月31日までの期間限定で行っている国内線機内Wi-Fiサービス…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_2048
  2. 機体後方より
  3. DSC_1517
  4. タイ・エアアジアX
  5. 国際線就航に対応した新造機(JA25MC)を北九州空港でお披露目
PAGE TOP