menu

【速報】ANA、羽田発着国際線の2020年3月29日からの発着枠拡大に伴う新規就航・増便路線を発表。ミラノ、ストックホルム、イスタンブールにも就航

ANAは、2020年3月29日からの羽田空港日中時間帯の発着枠拡大における新路線及び増便の運航スケジュールを11月19日に発表した。ANAには13.5便(往復)の配分が9月2日に国土交通省航空局より発表されており、今回、具体的な都市名が発表された形となった。新規就航都市は、深圳、モスクワ、ミラノ、イスタンブール、ストックホルムの5都市となった。

■ANAの発着枠配分における新規就航及び増便する都市(11月19日、ANA発表)

アメリカ:サンノゼ、サンフランシスコ、シアトル、ヒューストン、ワシントン、ロサンゼルス(増便)
中国:青島、深圳
ロシア:モスクワ
オーストラリア:シドニー(増便)
インド:デリー
イタリア:ミラノ
トルコ:イスタンブール
スウェーデン:ストックホルム

サンノゼ線、シアトル線、ヒューストン線、ワシントン線、デリー線の新規就航及びロサンゼルス線の増便は2020年3月29日より、その他の路線は2020年サマーダイヤ期間に就航することとなり、今後改めて正式な就航日が発表される。デリー線は0.5便の配分となっていることで、往路は日中時間帯、復路は深夜早朝時間帯にすることで1往復での運航となる。サンノゼ、シアトル、ヒューストン、ワシントン、デリーの5都市へは成田発着便から羽田発着便に移管する。また、ロサンゼルス便は1往復を成田発着便から羽田発着便に移管するが成田発着便も1往復を継続するほか、サンフランシスコ便は羽田・成田それぞれ1往復が運航される。

また、ベトナム路線の再編も2020年3月29日に行われ、ハノイ線は羽田発着から成田発着に変更し、ホーチミン線は成田発着2往復のうちの1往復を羽田発着に変更し、羽田・成田1往復ずつとなる。

関連URL:ANA

(鳥海高太朗)

DSC_1765ANA、11月16日から国内線に投入されるパーソナルモニター搭載の国内線新仕様機(ボーイング777-200型機)をお披露目

DSC_2522【速報】JAL、羽田発着国際線2020年3月29日からの発着枠拡大に伴う新規就航・増便路線を発表。羽田~ホノルルが1日2往復で復便、ヘルシンキにも就航

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. ANAメトロ

    ANA、羽田到着国内線の搭乗半券で東京メトロ・都営地下鉄乗り放題…

    ANA(全日本空輸)は、東京メトロ及び都営地下鉄と共に、2017年7月1日より羽田空港到着のANA国…

  2. 羽田空港国際線ターミナル出発口

    【速報】羽田空港国際線発着枠が発表。イタリア、トルコ、ロシア、フ…

    国土交通省では2020年3月29日から拡大される50便(往復)の発着枠配分が発表された。アメ…

  3. 成田空港第1ターミナル南ウイング

    【速報】ANA、成田~ウラジオストク線を2020年3月に就航する…

    ANAは、新規路線として成田空港からロシアのウラジオストクへの路線を2020年3月に開設することを発…

  4. DSC_0656

    【連載】ビジネスマイラー平山福也が語るスターアライアンス(羽田空…

    サラリーマンでもANA上級会員を維持し、”0泊でも月に一度は海外へ” をモットーに旅をする平山福也氏…

  5. DSC_7489-2

    ANAカーゴ、新しい貨物機となるボーイング777フレーター型機を…

    ANAグループのANAカーゴは、2019年6月13日に新しい貨物機として2機導入するボーイング777…

  6. DSC_1177

    【速報】JAL羽田~ロンドン線深夜便、エコノミーも使えるラウンジ…

    JAL(日本航空)は、2017年10月29日(日)から羽田2時45分発のロンドン行き(JAL41便)…

  7. 羽田空港国際線ターミナル

    2017年12月1日発券分より国際線燃油サーチャージ引き上げ。今…

    ANA(全日本空輸)、JAL(日本航空)は、2017年12月1日(金)発券分より国際線における燃油サ…

  8. DSC_0133

    ANA、羽田空港でオリジナルのハロウィンイベントを開催

    ANAはハロウィン当日の2019年10月31日、羽田空港第2ターミナルでANAハロウィンイベント20…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_1554
  2. 2020-08-03 16.31.04
  3. DSC_0852
  4. DSC_0808
  5. ANAのボーイング777-300ER型機
PAGE TOP