menu

ANA・JALの燃油サーチャージ、明日から再設定で今日購入なら不要

ANAやJALをはじめ、フルサービスキャリアを中心に設定している燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)が明日(2017年2月1日)発券分より徴収を再開する。国内航空会社(ANA、JAL)においては、昨年4月1日発券分より燃油価格の下落に伴い、燃油サーチャージの徴収を見送っていたが燃油価格の高騰及び円安の影響もあり、10ヶ月ぶりに復活する。

2月1日発券分より適用となることから、本日(1月31日)の23時59分までに発券すれば、2月以降の旅程でも燃油サーチャージはなしとなる。特典航空券についても同様となっている。既に予定が確定している旅程であれば本日中に予約することで、春休みやGW(ゴールデンウイーク)、夏休みの旅程でも燃油サーチャージは必要ない。

ANA、JALの特典航空券は1年以内の予約変更が可能となっており、第一区間を変更する場合には、変更した日時点の燃油サーチャージが適用されるが、第二区間以降のみの変更であれば燃油サーチャージの差額は徴収されないルールになっている。

成田空港を出発するANA機(ボーイング767-300型機)

成田空港を出発するANA機(ボーイング767-300型機)

JAL機

成田空港に駐機するJAL機(ボーイング787)

■2017年2月・3月発券分 ANA、JAL燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)主要路線 ※片道あたり
・日本~北米(ハワイを除く)、ヨーロッパ、オセアニア
3500円
・日本~ハワイ、インド、インドネシア
2000円
・日本~タイ、シンガポール、マレーシア、ミャンマー、カンボジア
1500円
・日本~ベトナム、フィリピン、グアム
1000円
・日本~中国、台湾
500円
・日本~韓国
200円

(鳥海高太朗)

編集長's eye BIRD SEAビュー
いよいよ、日系航空会社の燃油サーチャージが復活することになる、欧米路線では往復7000円、ハワイ線で往復4000円などとなる。現在の燃油価格や為替の水準を考慮すると当面は継続される可能性が高い。

運賃を各社で比較する場合には、燃油サーチャージを含めた総額で比較検討しながらベストな航空券を選ぶといいだろう。既に予定が決まっている人は今日中に予約・決済をしてみてはいかがだろうか。

特にマイル利用であれば、予約変更時に燃油サーチャージの追加が必要であるが、行ける可能性がある日程で予約してみるのも手だと思う。
編集長 鳥海高太朗

春秋航空日本(Spring Japan)の新機内食春秋航空日本、成田~天津・ハルビン線就航で国際線の機内食を刷新

DSC_6069関西空港への南海電鉄がダイヤ改正、「関空トク割ラピートきっぷ」が値上げ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. DSC_7104

    JALが9月1日に成田~メルボルン線を就航。就航で新周遊ルートも…

    JAL(日本航空)は、2017年9月1日から成田~メルボルン線を毎日1往復で就航することを発表した。…

  2. Singapore-Airlines-787-10

    【速報】シンガポール航空、ボーイング787-10型機を定期便最初…

    シンガポール航空は、世界で最初に導入するボーイング787-10型機の初号機の最初の定期便路線として、…

  3. dsc_5151

    ANA、2017年元旦「初日の出フライト」レポート

    2017年元旦に羽田空港から運航されたANA「初日の出フライト」。出発から機内の様子についてレポート…

  4. dsc_5460

    JAL、関西~ホノルル線に「JALスカイスイート」を搭載した機材…

    JAL(日本航空)は、関西空港発着路線では初となるビジネスクラスがフルフラットシートの「JAL SK…

  5. 羽田空港国際線ターミナル

    2017年12月1日発券分より国際線燃油サーチャージ引き上げ。今…

    ANA(全日本空輸)、JAL(日本航空)は、2017年12月1日(金)発券分より国際線における燃油サ…

  6. DSC_7329

    JAL、9月からの日本発国際線中長距離路線エコノミークラス機内食…

    JAL(日本航空)は、2017年9月1日より日本発の中・長距離路線のプレミアムエコノミークラス・エコ…

  7. DSC_3151

    【フォトレポート】ANA、座席数倍増の那覇空港「ANAラウンジ」…

    ANAは、那覇空港に新しい「ANA LOUNGE(以下ANAラウンジ)」を2019年9月3日(火)の…

  8. 羽田空港国際線ターミナル出発口

    【速報】ANA、羽田発着国際線の2020年3月29日からの発着枠…

    ANAは、2020年3月29日からの羽田空港日中時間帯の発着枠拡大における新路線及び増便の運航スケジ…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. ラウンジ2
  2. DSC_4277
  3. DSC_3551
  4. DSC_2522
  5. 羽田空港国際線ターミナル出発口
PAGE TOP