menu

JAL、2020年3月期の第1四半期決算を発表。国際線・国内線共に増収し、運賃単価も向上

JAL(日本航空)は、2019年7月31日に2020年3月期の第1四半期連結業績を発表した。グループ連結の売上高は3357億円(前年同期比4.0%増加)、営業利益は210億円(前年同期比15.6減少)、経営利益は212億円(前年同期比7.96%減少)、親会社株主に帰属する四半期中利益は119億円(前年同期比32.1%減少)となった。

有償座席利用率は80.2%を記録。ハワイ線は供給量を減少

国際線では、日本発の需要に加えて、海外発の需要が好調に推移し、燃油サーチャージの収入が増えたこともあり、国際線の運賃単価が前年対比で1.9%増加して5万6520円となり、有償旅客数は前年比0.5%増の226万2000人を記録したことで、国際線旅客収入は2.4%増の1278億円となった。有償座席利用率は80.2%となった。成田~シアトルの新規開設、座席改修による増席による効果に加え、海外からの需要についても、第1四半期の数字、第2四半期の予約状況を見ると回復傾向にあるとした。

北米線は好調に推移したが、欧州において競合他社の供給増もあり、日本発の客単価の安い層を中心にに利用者の減少が見られた。ハワイ線については、グアム線と合わせた数字になるが、ASK(総座席数×輸送距離)は13.2%減となり、供給を落とした。JALの菊山英樹取締役専務執行役員は「総需給について楽観的ではなく、適正な供給規模にしている」と語った。またハワイ線の運賃単価についても、ANAのA380就航によるハワイ線の座席増もあり、若干下がっていることを明らかにした。

国内線収入は5.7%増と好調

国内線では単価は、対前年比1.3%増の1万4327円となり、有償旅客数は前年比4.3%増の865万4000人を記録したことで、国内線旅客収入は5.7%増の1239億円を記録した。有償座席利用率は71.9%となった。観光とビジネス双方の需要が堅調に推移している。好調を堅持している。

JALが発表した資料の中で、USドルベースとなるが、第1四半期(2019年4月~6月)の航空燃料市況において、シンガポールケロシンが平均で前年同期比で4.0%安い1バレル=81.3USドル、ドバイ原油は前年同期比で0.9%高い1バレル=69.1USドルとなっている。為替の平均は1USドル=111円(前年比2.8%増)だった。

通期の連結業績予想及び配当の修正はなく、当初発表から変更なく、通期の売上高は1兆5630億円、営業利益1700億円、配当は中間55円、期末55円の合計110円を据え置いた。

関連URL:
JAL
JALグループ 2020年3月期 第1四半期連結業績

(鳥海高太朗)

ANAホールディングス、2020年3月期第1四半期の決算を発表。ハワイ線は9割を超える搭乗率を記録

DSC_1742ANA、福岡・玄界島でLINEで注文・決済した海産物をドローンで運搬する実証実験を実施

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. DSC_4274

    ANA・JALの燃油サーチャージ、明日から再設定で今日購入なら不…

    ANAやJALをはじめ、フルサービスキャリアを中心に設定している燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)…

  2. DSC_2502

    ANA、ビジネスで往復9万円台・エコノミーで往復4万円台のクアラ…

    ANA(全日本空輸)は、2017年11月20日に東南アジア路線としては最安往復9万円代というビジネス…

  3. 成田空港第2ターミナル

    2017年2月発券分より燃油サーチャージ復活

    ANA(全日本空輸)、JAL(日本航空)は、2017年2月1日(水)発券分より国際線における燃油サー…

  4. ホノルル空港に駐機するボーイング787-9型機

    ANA、羽田~バンコク線が6月から1日3往復に増便。クアラルンプ…

    ANA(全日本空輸)は、2018年度のANAグループ航空輸送事業計画を策定し、2018年1月18日に…

  5. DSC_1264

    ユナイテッド航空、新ビジネスクラス「ユナイテッド・ポラリス」シー…

    ユナイテッド航空は、2017年6月15日から成田~サンフランシスコ線に導入する新型機ボーイング777…

  6. DSC_2048

    第18回アジア大会、競泳の瀬戸大也選手・池江璃花子選手など日本代…

    2018年8月18日~9月2日までの16日間、インドネシアのジャカルタで行われる第18回アジア競技大…

  7. 777-300ER_Fclass

    ANA、JALの国際線ファーストクラス設定便一覧。最短路線はAN…

    2017年の夏ダイヤが3月26日(日)からスタートする。そこで今回、ANA(全日本空輸)、JAL(日…

  8. 成田空港

    2017年8月1日発券分よりANA・JAL国際線燃油サーチャージ…

    ANA(全日本空輸)、JAL(日本航空)は、2017年8月1日(火)発券分より国際線における燃油サー…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_4182-2
  2. DSC00128
  3. DSC_2207
  4. DSC_1554
  5. 2020-08-03 16.31.04
PAGE TOP