menu

ANA、7月より成田~ホノルル線エアバスA380型機が週10便体制。初の1日2便体制で2機1000人以上を運ぶ

ANAは、2019年7月2日より成田~ホノルル線に投入したエアバスA380型機「FLYING HONU」の週10便体制をスタートさせた。

成田~ホノルル線は1日2往復となっているが、5月24日に記念すべきA380初便をANAブルーの初号機で運航した。その後、6月末までは週3便のみの投入となっていたが、7月からはエメラルドグリーンの2号機と共に2機体制となったことで原則毎週火曜・金曜・日曜は2便共にA380型機で運航される。その他の曜日の1便はボーイング787-9型機での運航となる。2号機は週10便化を前に6月18日より路線投入されている。

関連記事:ANA、エアバスA380「FLYING HONU」エメラルドグリーンの2号機の運航を開始(2019年6月19日)

2便化初日の7月2日は、20時10分に出発するANA184便が2号機「エメラルドグリーン」(45番スポット)、21時30分に出発するANA182便が初号機「ANAブルー」(46番スポット)での運航となり、初めて2機同時にスポットに入った。そして先に出発のANA184便出発時には、ANA182便の後ろを走行して滑走路へ向かった。

DSC_8663

初号機の後ろを2号機が走行

初号機の後ろを2号機が走行

2便で1000人以上の乗客をハワイへ運ぶ

今回、ANA184便が座席を使わない幼児を含めて518名、ANA182便が同じく523名が搭乗し、1日2便体制で初めて1000人を超える乗客をハワイへ運んだ。

エメラルドグリーンの2号機

エメラルドグリーンの2号機

滑走路へ向かうANAブルーの初号機

滑走路へ向かうANAブルーの初号機

2020年春に3機目(サンセットオレンジ)が納入されるまでは2機体制で運航される。

関連URL:ANA HAWAii特設サイト

(鳥海高太朗)

DSC_8749ジェットスター・ジャパンが7月3日で就航7周年。成田空港で記念品を配布

DSC_8857ジェットスター・ジャパン、関西~下地島(宮古)線就航。成田に続き、下地島への国内2路線目に

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. Saks-Fifth-Avenue-Amenities

    ユナイテッド航空、6月15日より成田~サンフランシスコ線より新ビ…

    ユナイテッド航空は、2017年6月15日より新しいビジネスクラス「ユナイテッド・ポラリス」を搭載した…

  2. 12月17日の17時にエアバス社工場があるドイツのハンブルクからロシアのノボシビルスク経由で羽田空港に到着したエアバスA320neo

    【編集長コラム】小型機でも機内エンターテイメント充実

    国際線に投入されている小型機は、ボーイング777や787などの大・中型機に比べると機内での居住性が悪…

  3. ボーイング787-8型機

    ANA、10月27日より成田~チェンナイ線を週3往復で新規就航。…

    ANAは、新規就航することを表明していた成田~チェンナイ線の就航日を2019年10月27日とし、ボー…

  4. NH_DSC_8011

    ANAとアリタリア、マイル提携&コードシェアを柱とした包括提携契…

    ANA(全日本空輸)は、2018年3月23日に東京都内で記者会見を開き、今年10月28日からANAと…

  5. DSC_9135

    【フォトレポート】ANA、羽田空港で七夕イベントを開催中

    ANAは、七夕となる2019年7月7日に羽田空港第2ターミナルの2階チェックインカウンターに笹がお目…

  6. p1070096

    ANA、羽田空港の機体工場見学来場者が100万人を突破

    入場料無料で常に満員状態が続いている羽田空港の整備工場で実施している機体工場見学。ANA(全日本空輸…

  7. DSC_6472

    ANA、佐賀空港で国内初の貨物コンテナを運ぶトーイングトラクター…

    佐賀空港(九州佐賀国際空港)において、2019年3月26日に空港内では国内初となるトーイングトラクタ…

  8. 成田空港第2ターミナル

    2017年2月発券分より燃油サーチャージ復活

    ANA(全日本空輸)、JAL(日本航空)は、2017年2月1日(水)発券分より国際線における燃油サー…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_2522
  2. 羽田空港国際線ターミナル出発口
  3. DSC_1765
  4. 4種類の味が楽しめるフィナンシェ
  5. DSC_1579
PAGE TOP