menu

ANA、佐賀空港で国内初となる航空機の牽引にリモコン式遠隔操作を導入。そのメリットは?

飛行機は自動車と異なり、バック(後退)ができないことから、けん引車を使って誘導路までプッシュバックした後、自走で滑走路へ向かうことになっている。

一般的なけん引車は、動力を用いて自動車の運転同様に運転席から操作し、飛行機を動かすことになるが、ANAグループでは新たな試みとして、リモートコントローラーを使った遠隔操作での航空機の移動・けん引を目指す実証実験を2018年10月から行っていたが、2019年7月4日より佐賀空港において実際の運航便でリモートコントローラーを使った遠隔操作による航空機のけん引がスタートした。今回導入されたけん引車は、ドイツのmototok社製の「SPACER8600」という機器で、電気で動く仕組みになっている。フル充電で30回のプッシュバックが可能となっている。同機器はボーイング737型機、エアバスA320型機、A321型機に対応している。

DSC_8976

国内初となるリモコン式遠隔操作によるけん引

国内初となるリモコン式遠隔操作によるけん引

今回、7月4日のANA454便羽田空港行き(ボーイング737-800型機)で初めてお客様や手荷物を載せた定期便で使用された。見た目も小さくなり、これまでのようにグランドハンドリングスタッフがけん引車には乗り込まず、少し離れた場所から飛行機と共に歩きながらリモコン操作をすることで所定の位置までのプッシュバックを行った。

DSC_8890 DSC_8907 DSC_8909 DSC_8919 DSC_8928 DSC_8945

プッシュバックの様子

プッシュバックの様子

3日間の訓練で操作できる。CO2の削減にも繋がる

ANAの担当者によると「リモコン操作によって、従来の車の中の運転席からのプッシュバックでは死角が多い業務で神経を尖らせながらの作業だったが、これを導入することで飛躍的に業務が簡単・単純になると共に、電気駆動になることでCO2の削減やメンテナンスのコストも削減されるメリットがある」と話す。航空機と同じ地上を歩きながら業務することで視野が広くなることはもちろん、コスト面でのメリットがあるようだ。

また、グランドハンドリングスタッフの訓練についても「従来は操作する為の訓練に時間をかけておこなっていたが、訓練の中身が簡単になったことで早く現場の業務ができるようになった。佐賀空港では、座学研修と実際の航空機を使った訓練(夜の駐機時間帯)を3日間行った」とのことで、従来よりも短い期間でプッシュバック業務に従事できることになる。

ANA454便のプッシュバックを担当した女性グランドハンドリングスタッフは感想として、「今までと比べて、自分の視界で後ろの方まで見ることができるので、とっても見やすくて操作がしやすく今までと違うと思った。特に雨の日は従来の方式だと、線を探したりすることに神経を使っていたが、新しい方式だと自分の目で確認できることで、神経を使うことが減ると思う」と話した。プッシュバックのオペレーション効率にも繋がるだけでなく、安全面もアップし、加えてCO2削減できることで導入のメリットは大きい。最終的にはプッシュバックの人員を1名減らすことを目指している。

リモートコントローラー。前進・後進だけでなく横移動の操作もできる。

リモートコントローラー。前進・後進だけでなく横移動の操作もできる。

ANA454便のプッシュバックを担当した女性グランドハンドリングスタッフ

ANA454便のプッシュバックを担当した女性グランドハンドリングスタッフ

ANAグループでは、佐賀空港を先進技術を「試す」・「集める」・「繋げる」イノベーションモデル空港と位置づけ、遠隔操作による航空機のけん引など様々な先進技術の導入を進めている。

動画は、ANAのツイッター「ANA Group News」内で掲載されている。

関連URL:ANA

(鳥海高太朗)

DSC_8857ジェットスター・ジャパン、関西~下地島(宮古)線就航。成田に続き、下地島への国内2路線目に

ZIPAIRの機体デザイン【速報】JALが設立した国際線中長距離LCC「ZIPAIR」、就航日は2020年5月14日の成田~バンコク線に決定。座席数は290席に

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. DSC_5041

    ANA、各地の魅力を発見して国内外へ発信する「Tastes of…

    ANAグループは、2013年9月から2017年11月まで、3ヶ月毎に3つの都道府県単位で地域の魅力を…

  2. DSC_7157

    ANA、東京2020オリンピック・パラリンピックへ向けた特別塗装…

    ANA(全日本空輸)では、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会へ向けた特別塗装機を201…

  3. DSC_4590

    【フォトレポート】ANAのエアバスA380「FLYING HON…

    ANA(全日本空輸)が2019年5月24日より成田~ホノルル線に投入する総2階建て飛行機エアバスA3…

  4. オーストリア航空旅客機画像

    【速報】オーストリア航空、2018年5月から成田~ウィーン線再開…

    オーストリア航空は、2016年9月から運休になっていた成田~ウィーン線を再開させることを発表した。再…

  5. dsc_2688

    ANA羽田~ニューヨーク線就航 2泊でも行ける

    2016年10月30日(日)、念願だった羽田空港からの日中時間帯(6時~23時)におけるアメリカ便の…

  6. 成田空港第2ターミナル

    2017年2月発券分より燃油サーチャージ復活

    ANA(全日本空輸)、JAL(日本航空)は、2017年2月1日(水)発券分より国際線における燃油サー…

  7. プレミアムキャビン

    ハワイアン航空、羽田・成田・関西発着便全便がフルフラットシートの…

    ハワイアン航空は、日本発着路線のうち、エアバスA330-200型機で運航する羽田・成田・関西~ホノル…

  8. DSC_5958

    ANA、羽田~ジャカルタ便増便セレモニーを開催

    ANA(全日本空輸)は、2017年8月1日から羽田~ジャカルタ線をこれまでの1日1往復から2往復に増…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. ボーイング787-8型機
  2. DSC_9624
  3. DSC_9177
  4. DSC_9135
PAGE TOP