menu

タイ・エアアジアX、中部~バンコク(ドンムアン)線を2018年10月30日より1日1往復で就航。セール運賃は片道7580円

タイ・エアアジアXは、2018年10月30日(火)から中部~バンコク(ドンムアン)をA330型機で1日1往復で就航することを発表。タイのバンコクにあるドンムアン空港を拠点にしているエアアジアグループの中長距離LCCで、既に成田から1日3往復をはじめ、関西や新千歳空港にも直行便が就航しており、日本就航は4路線目となる。

往復共に夜行便ではなく、日中便の運航となり、中部発のXJ638便は中部国際空港を16時30分に出発してバンコクのドンムアン空港に21時10分に到着する。帰国便のXJ638便はバンコクのドンムアン空港を6時55分に出発し14時20分に中部国際空港に到着する。

就航を記念したセール運賃は片道7580円で、エアアジアBIGメンバーは7月26日(木)16時から、一般は27日(金)1時から発売開始となる(8月5日まで販売)。対象搭乗期間は10月30日(火)~2019年3月30日(土)とする。

エアアジアグループとしては、既にエアアジア・ジャパンが中部~新千歳線を1日3往復で運航しており、タイからの訪日旅行客にとっては、名古屋と札幌の2都市をエアアジアグループだけで巡ることが可能となる。

関連URL:エアアジアグループ

(鳥海高太朗)

国際線就航に対応した新造機(JA25MC)を北九州空港でお披露目スターフライヤー、10月28日就航の台北線。北九州・中部の2都市からの運航に変更。福岡からの運航は冬ダイヤについてはなし

DSC_1517【搭乗レポート】ピーチの関西~釧路線が就航。釧路空港でのセレモニー&釧路発関西行き初便レポート

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. 2017年10月27日に中部国際空港セントレアで開催されたLCCエアアジア・ジャパンの就航レセプション

    エアアジア・ジャパン、就航レセプションを中部空港で開催

    2017年10月29日に中部国際空港を拠点に運航を開始するLCCエアアジア・ジャパン。就航を直前に控…

  2. 羽田空港国際線ターミナル

    10月29日からの冬スケジュールでの日系航空会社の新規就航・増便…

    2017年10月29日(日)から冬スケジュール(ウインターダイヤ)がスタートするが、日系航空会社の動…

  3. JAL2

    【速報】JAL、ボーイング787型機を使った国際線中長距離LCC…

    JAL(日本航空)は、新たに国際線中長距離LCC(ローコストキャリア)を設立することを2018年5月…

  4. ジェットスター・ジャパンの機体

    ジェットスター・ジャパンも明日12日に関空便再開。12日・13日…

    ジェットスター・ジャパンは、台風21号の影響で関西空港からの発着を見合わせていたが、2018年9月1…

  5. 春秋航空日本がブランド名を「スプリング」に統一。4月25日より成…

    国内LCCの春秋航空日本(スプリングジャパン)は、2019年4月10日に東京都内で記者会見を開催し、…

  6. ピーチのA320型機

    ピーチ、2017年夏ダイヤより成田~新千歳・那覇線を運休

    ピーチは、2017年3月26日からの夏ダイヤで成田~新千歳、成田~那覇線の2路線を運休することを発表…

  7. ジェットスター・ジャパンの機体

    ジェットスター・ジャパン、年4000円弱の有料会員で会員特別価格…

    ジェットスター・ジャパンは、2017年8月8日から有料会員プログラム「Club Jetstar」をリ…

  8. DSC_3389

    ピーチ、成田~新千歳線をバニラエアから移管。9月1日からピーチ便…

    ピーチは、2019年9月1日より成田~新千歳線をバニラエアから移管する形で運航を開始した。初便出発前…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_4271
  2. 羽田空港国際線ターミナル出発口
  3. DSC_3389
  4. DSC_3151
  5. DSC_0468-2
PAGE TOP