menu

JAL、アエロメヒコとコードシェア開始にあたり共同記者会見を開催。2019年度中のマイレージ提携を目指す

JAL(日本航空)は、2019年2月13日(水)より、成田~メキシコシティ線を運航するアエロメヒコとのコードシェア便をスタートさせた。具体的には、アエロメヒコ航空が運航する成田~メキシコシティ線に加えて、メキシコ国内線、メキシコシティ→サンフランシスコ線(片道)にJAL便名のコードシェア便となり、成田・羽田発JAL運航の日本国内線にアエロメヒコ航空の便名のコードシェア便となる。現状ではコードシェア便のみの提携で、JAL便名の航空券を購入した場合に限り、アエロメヒコ航空運航便においてもマイル積算される状況になっている。

メキシコ大使館でJALとアエロメヒコが共同記者会見

2019年2月20日には東京都内のメキシコ大使館で両社による共同記者会見を開催した。アエロメヒコのアンコ・ヴァン・デル・ヴェルフコマーシャル担当最高責任者は「アエロメヒコは今年で85周年を迎えた。日本路線は12年間運航しており、現在95都市に就航し、昨年1200万人の乗客を運んだ。JALとコードシェアできることを嬉しく思う。提携のスタートとしてJALのお客様がメキシコの30地点に行くことができる。自動車業界を中心としたビジネス、また観光ではカンクンだけでなく、中南米の都市にも乗り継ぎが便利でよりシームレスな乗り継ぎも可能となる」と挨拶した。

アエロメヒコのアンコ・ヴァン・デル・ヴェルフコマーシャル担当最高責任者

アエロメヒコのアンコ・ヴァン・デル・ヴェルフコマーシャル担当最高責任者

JALの大島秀樹執行役員・国際提携部担当は「2017年の10月に提携に合意し、準備を進め今年2月13日よりコードシェアを開始した。当社の国内線をコードシェアにすることでメキシコからのインバウンドにも需要にも期待したい。今後はマイレージやラウンジ提携なども進めたい。JALは中期計画によって世界主要500都市への乗り入れを目標としている。自社運航に加えて、今回のような提携によって便利でスムーズなネットワーク構築を図っていきたい」と話した。

JALの大島秀樹執行役員・国際提携部担当

JALの大島秀樹執行役員・国際提携部担当

2019年度中にはマイレージ提携をスタートさせたい

質疑応答では、アエロメヒコとの今後のジョイントベンチャー(共同事業)については、現時点では検討はしておらず、まずはお互いに送客しながら提携を強化していきたいとJALの大島執行役員は話した。また、2019年度中にはマイレージ提携を開始したいとした。現在のアエロメヒコの成田~メキシコシティ線の平均搭乗率は90%程度を記録しているとアンコ・ヴァン・デル・ヴェルフコマーシャル担当最高責任者は明らかにした。

メキシコ行きの便においては、日本発が6割、メキシコ発は4割の比率でビジネスと観光の比率は半々となっている。

関連URL:
アエロメヒコ航空
JAL

(鳥海高太朗)

DSC_1134福岡空港、ANAラウンジとANAスイートラウンジが2月7日にオープン(動画あり)

DSC_6702-2成田空港、3月28日より高速バスの到着停車順を第3ターミナル→第2ターミナル→第1ターミナルの順に変更

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. DSC_4919

    JAL、国内線機内Wi-Fiが無料化&7月のWi-Fiビデオプロ…

    JAL(日本航空)は、現在2017年8月31日までの期間限定で行っている国内線機内Wi-Fiサービス…

  2. DSC_7157

    ANA、東京2020オリンピック・パラリンピックへ向けた特別塗装…

    ANA(全日本空輸)では、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会へ向けた特別塗装機を201…

  3. DSC_5883

    ANAウイングス、来年引退のボーイング737-500型機(スーパ…

    ANAグループのANAウイングスで運航しているボーイング737-500型機(愛称:スーパードルフィン…

  4. DSC_4274

    2017年4月発券分より国際線燃油サーチャージ引き上げ。今月中の…

    ANA(全日本空輸)、JAL(日本航空)は、2017年4月1日(水)発券分より国際線における燃油サー…

  5. DSC_1264

    ユナイテッド航空、新ビジネスクラス「ユナイテッド・ポラリス」シー…

    ユナイテッド航空は、2017年6月15日から成田~サンフランシスコ線に導入する新型機ボーイング777…

  6. p1070096

    ANA、羽田空港の機体工場見学来場者が100万人を突破

    入場料無料で常に満員状態が続いている羽田空港の整備工場で実施している機体工場見学。ANA(全日本空輸…

  7. 羽田空港国際線ターミナル出発口

    【速報】羽田空港国際線発着枠が発表。イタリア、トルコ、ロシア、フ…

    国土交通省では2020年3月29日から拡大される50便(往復)の発着枠配分が発表された。アメ…

  8. DSC_4660

    JAL、4月1日より羽田~ニューヨーク線を開設

    JAL(日本航空)は、2017年4月1日より羽田~ニューヨーク線を1日1往復で開設することを発表した…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_4182-2
  2. DSC00128
  3. DSC_2207
  4. DSC_1554
  5. 2020-08-03 16.31.04
PAGE TOP