menu

ANA、平昌オリンピックに出場するANA社員2名の激励会を開催

ANA(全日本空輸)は、2018年1月12日に東京・汐留のANA本社で2月9日から韓国の平昌(ピョンチャン)で開催される平昌2018オリンピック冬季競技大会に出場するANA社員の激励会を開催した。

ショートトラックの菊池悠希選手と女子アイスホッケーの床亜矢可選手が出場

今回、オリンピックに出場するのは、ショートトラックの菊池悠希選手(2016年入社)と女子アイスホッケーの床亜矢可選手(2017年入社)で、両選手共にANAの人事部に所属している。ANAホールディングスの片野坂真哉社長、ANAの平子祐忘社長、そしてANAグループ社員が激励会に参加した。

ANAホールディングスの片野坂社長とANAの平子社長も激励会に参加した

平昌オリンピックに出場するショートトラックの菊池悠希選手(左から2番目)と女子アイスホッケーの床亜矢可選手(右から2番目)。ANAホールディングスの片野坂社長(左)とANAの平子社長(右)も激励会に参加した

DSC_6609

ANAグループ社員全員で両選手を応援する

応援団として両選手にエールを送るANA社員

両選手にエールを送る学ラン姿のANA社員

平子社長「オリンピックの雰囲気を満喫して欲しい」

ANAの平子社長は「まずは平昌オリンピックの出場おめでとうございます。我々ANAグループは4万人近い社員がおりますが、全員がお二人のサポーターです。訓練(練習)のビデオを見て、大変な訓練を積んでいることを感じた。元ANAのパイロットで宇宙飛行士の大西卓哉さんとお会いした際に、訓練の重要性について話しをしたが、「訓練で出来ないことは本番ではできない」自分に負担をかけて極限状態、セルフマネジメントできるまでに訓練したことがプレッシャーに打ち勝てた最大の要因だったと話した。100%の努力ともっと上に行きたいという意欲がプレッシャーに打ち勝つ要因だと思う。お二人には、メダルは獲ってほしいが、オリンピックの雰囲気を満喫して欲しいと思う。そして心に余裕を持ってゲームに臨んで欲しいと思う」と激励のメッセージを送った。そして両名には記念品が贈呈された。

純粋なブルーのネクタイ姿で登場したANAの平子祐忘社長

純粋なブルーのネクタイ姿で登場したANAの平子祐忘社長

その後、ANAホールディングスの片野坂社長から記念品としてグループ社員が応援メッセージを書いた横断幕と花束が贈呈された。

菊池悠希選手の横断幕

菊池悠希選手の横断幕

床亜矢可選手

床亜矢可選手の横断幕

菊池悠希選手「自分自身の最高のパフォーマンスが出したい」

挨拶の中でショートトラックの菊池悠希選手は「入社2年目になるが、入社1年目は勝ちたいという気持ちが強く、思うような結果を出すことが出来なかったが、(所属する)人事部に帰ると、いつでも結果は二の次でもいい、菊池さんが努力・挑戦している姿を見せてくれることが勇気になると励ましてくれた。自分自身、一人で戦っているのではないということを感じることができた。平昌オリンピックでは自分自身の最高のパフォーマンスが出せるように、これから自分自身を高めて、笑顔で皆様に報告できるように頑張っていきたい」と話した。

菊池悠希選手

菊池悠希選手

床亜矢可選手「皆様に支えていただけていることが私の力になっている」

また、女子アイスホッケーの床亜矢可選手は「今年度入社させていただき、出社する度にANAが大好きな気持ちになり、これまで以上の環境を与えていただいたことで平昌オリンピックに出場が決定することができた。出社する度に温かいお声がけをいただき、皆様に支えていただけていることが私の力になっている」と話した。

床亜矢可選手

床亜矢可選手

韓国・平昌で行われる第23回オリンピック冬季競技大会は、2月9日~2月25日の17日間で開催される。

今回、サプライズゲストとして、菊池選手・床選手のご家族が登場した

今回、サプライズゲストとして、菊池選手・床選手のご家族が登場した

ANA客室乗務員、片野坂社長、平子社長との記念撮影

ANA客室乗務員、片野坂社長、平子社長との記念撮影

最後に激励会に参加したANAグループ社員と記念撮影

最後に激励会に参加したANAグループ社員と記念撮影

ANAホームページ内に特設サイトを開設

ANAでは、ANAホームページ内の特設サイト「平昌2018冬季オリンピック・パラリンピック 日本選手団特設ページ」内に両選手のインタビュー「Ready for Takeoff」を開設し、インタビュー記事も掲載されている。

両選手以外では、ANAに所属するフィギュアスケートの羽生結弦選手、ANAがスポンサー契約を結んでいるスキージャンプの髙梨沙羅選手、CM契約を結んでいるパラアルペンスキーの村岡桃佳選手もANAホームページ内の特設サイト「平昌2018冬季オリンピック・パラリンピック 日本選手団特設ページ」で紹介されている。

ANAホームページ内の特設サイト「平昌2018冬季オリンピック・パラリンピック 日本選手団特設ページ」

ANAホームページ内の特設サイト「平昌2018冬季オリンピック・パラリンピック 日本選手団特設ページ」

関連URL:
ANAホームページ内「平昌2018冬季オリンピック・・パラリンピック 日本選手団特設ページ」

菊池悠希選手「Ready for Takeoff」インタビュー
床亜矢可選手「Ready for Takeoff」インタビュー

(鳥海高太朗)

記念撮影2ANA、羽田空港に太宰府天満宮の特大絵馬を設置し、ANAオリジナル「すべらない砂お守り」を配布

表紙ルーク・オザワ ひこ旅Photoコレクション vol.45

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. dsc_4888

    JAL、国内線にも「ドラえもん」特別塗装機が就航

    日本航空(JAL)は、2016年12月30日より国際線に続き、国内線でも人気キャラクターのドラえもん…

  2. JAL国際線ボーイング777-300ER型機

    【編集長コラム】 JAL羽田発ニューヨーク行き、エンジン不具合…

    2017年9月5日午前11時、羽田空港からニューヨークのJFK空港へ向かうJAL(日本航空)6便(ボ…

  3. 12月17日の17時にエアバス社工場があるドイツのハンブルクからロシアのノボシビルスク経由で羽田空港に到着したエアバスA320neo

    【編集長コラム】小型機でも機内エンターテイメント充実

    国際線に投入されている小型機は、ボーイング777や787などの大・中型機に比べると機内での居住性が悪…

  4. DSC_5883

    ANAウイングス、来年引退のボーイング737-500型機(スーパ…

    ANAグループのANAウイングスで運航しているボーイング737-500型機(愛称:スーパードルフィン…

  5. 6000マイルで旅ができるJAL「どこかにマイル」、羽田発に続い…

    JALマイレージバンクで2016年12月からスタートした、往復6000マイルでJALが提案する4つの…

  6. 足利織姫神社

    ANAが七夕の短冊を足利織姫神社へ奉納。今年は合計3万枚

    ANA(全日本空輸)は、2018年8月30日に、七夕期間中にANAの国内・海外の就航空港及び支店など…

  7. 離陸

    オーストリア航空、成田~ウィーン線が1年8ヶ月ぶりに再就航

    オーストリア航空は2018年5月16日に、運休していた成田~ウィーン線の運航を再開した。2016年9…

  8. IMG_3002

    【編集長コラム】JAL、トリップアドバイザーとの提携で国内線の外…

    JAL(日本航空)は、2017年9月11日に東京・天王洲のJAL本社で記者会見を開き、世界最大の旅行…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC00128
  2. DSC_2207
  3. DSC_1554
  4. 2020-08-03 16.31.04
  5. DSC_0852
PAGE TOP