menu

セントレア、新複合商業施設「FLIGHT OF DREAMS」のロゴ、展示エリアの詳細を発表。コックピットも展示へ

中部国際空港株式会社は、中部国際空港(セントレア)内に2018年10月12日開業予定のボーイング787初号機の展示を核とした新複合商業施設である「FLIGHT OF DREAMS」のロゴやエリアの名称、コンテンツの全ラインアップを8月20日に発表した。

10月12日に開業予定の「FLIGHT OF DREAMS」の外観

10月12日に開業予定の「FLIGHT OF DREAMS」の外観

発表されたオフィシャルロゴのデザインコンセプトは、「ボーイング787が飛んでいく空、 飛び越えていく海・山・街」。 複数のパターンパネルを用いて、ボーイング787が飛ぶいくつもの空を表現し、象徴化された空の表現が、開放感と気持ち良さを伝えるものとなる。

「FLIGHT OF DREAMS」のオフィシャルロゴ

「FLIGHT OF DREAMS」のオフィシャルロゴ

有料エリアは「FLIGHT PARK」、無料エリアは 「SEATTLE TERRACE」という名称に

名称については、展示エリアとして有料となる部分を「FLIGHT PARK」(フライトパーク)、 商業エリアとしてフードコートなどが入るなどシアトルの街をイメージした無料エリアの名称を「SEATTLE TERRACE」(シアトルテラス)と決定した。

2-1-1-1. FLIGHT PARKイメージパース

「FLIGHT PARK」イメージ

「FLIGHT PARK」イメージ

2-2-2. SEATTLE TERRACEフードコート

「SEATTLE TERRACE」イメージ

「SEATTLE TERRACE」イメージ

アメリカ以外では初のオープンとなるボーイングストア

1階部分には、ボーイングのオフィシャルグッズを販売するオフィシャルストアとして「ボーイングストア」がオープンし、アメリカから直輸入したボーインググッズやセントレア限定のボーイングオリジナルグッズなどを販売することが明らかになった。

2-3-1. Boeing Store 2-3-2. Boeing Store

アメリカ以外では初めての出店となるボーイングストア

アメリカ以外では初めての出店となるボーイングストア

DSC_2416

ボーイングストアで購入できる予定の主なグッズ

ボーイングストアで購入できる予定の主なグッズ

有料エリアは9つの体験型コンテンツで構成

更に ボーイング787の中央翼を製造している株式会社SUBARUが「FLIGHT PARK」の「Boeing Factory / ボーイングファクトリー」と「787 Dreamliner Explorer / 歩いて集める飛行機図鑑」のスポンサーになることが発表された。

有料エリアとなるFLIGHT PARKは、チームラボが手掛けるボーイング787初号機であるZA001の展示を中心に9つの体験型コンテンツで構成される。

以下、中部国際空港株式会社発表資料及びイメージ写真

(1)Fly with 787 Dreamliner / フライ ウィズ 787 ドリームライナー(ANAスポンサー)
787実機と館内空間をダイナミックに使用した映像と音のショー。4階の観覧エリアから見ると、建物の壁と床の境界がなくなり、現実空間が消え、やがて作品世界に没入し、まるで飛行機と一緒に飛んでいるかのように感じます。

01.Fly with 787 Dreamliner

(2)Boeing Factory / ボーイングファクトリー(SUBARUスポンサー)
世界最大規模の航空機組立工場であるボーイングのエバレット工場にいるかのような体験ができるコンテンツです。大型貨物輸送機ドリームリフターにより世界各地から輸送される部品がどのように組み立てられるのか、日々進化する製造工程を学びます。

02.ボーイングファクトリー

(3)Paper Plane Music Field / 奏でる!紙ヒコーキ場(JALスポンサー)
紙ヒコーキを折って光のゲート空間に飛ばし、遊びながら飛ぶしくみへの好奇心を高めるコンテンツです。どうすれば紙ヒコーキが飛ぶのか、自ら手を動かし、何度も試し考えながら紙ヒコーキを折って飛ばします。紙ヒコーキが光に触れると空間全体の色が変わり、音が響きます。周りの体験者とともに紙ヒコーキを飛ばすことで、その時限りの光や音の空間を楽しむことができます。

03.奏でる!紙ヒコーキ場

(4)Sketch Airplane / お絵かきヒコーキ(ANAスポンサー)
紙に描いた飛行機をスキャンすると、その飛行機がドーム空間内の空中を立体的に飛び回るコンテンツです。また、専用タブレットで自ら描いた飛行機を操縦することができ、楽しみながら飛行機への興味を育みます。

04.お絵かきヒコーキ

(5)Airline Studio / エアラインスタジオ(JALスポンサー)
航空会社のお仕事を体験できるコンテンツです。架空の世界に入り込み、飛行機の中でお仕事を体験します。飛行機の中でお仕事の体験をしている写真や動画を撮影することもできます。

(6)ZA001 Flight Deck / ZA001コックピット
ボーイング787初号機であるZA001のコックピットを実際に見学することができます。飛行中の状態をリアルに再現し、まるでコックピットに乗り込んだかのような体験をすることができます。

06.ZA001コックピット

(7)787 Dreamliner Explorer / 歩いて集める飛行機図鑑(新明和工業、SUBARUスポンサー)
飛行機はどのようにして飛ぶことができるのか?展示されているボーイング787型機のまわりを歩きながら、スマートフォンアプリを使って飛行機のパーツを探し、その役割を学ぶコンテンツです。パーツをすべて集めると、787図鑑を完成させることができます。

07.歩いて集める飛行機図鑑

(8)The Museum of Flight Learning Center / シアトル航空博物館ワークショップ
世界最大級の航空宇宙をテーマとした博物館「シアトル航空博物館」のSTEM教育プログラムを体験できるワークショップです。STEMとは、 Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)の頭文字をとったもので、航空について学ぶ上で重要なこれらの分野を、工作や実験を通して楽しく学びます。

08.シアトル航空博物館ワークショップ1 Flying Gizmo Show

(9)787 Simulator / 787シミュレーター
ボーイング787型機のコックピットをリアルに再現したシミュレーターです。インストラクターの指導で、ボーイング787型機の本格的な操縦に挑戦します。

コックピットの公開は当初は予定になかった

記者会見では、ZA001のコックピットを実際に見学できる「ZA001 Flight Deck」については、ボーイング社の広報であるロバート・ヘンダーソン氏から説明があり、「飛行機をボーイング社から寄付した際には(コックピット)は公開しないとのことだった。テスト機材であり、インテリアなど何もない状況だったが、しかし機内見学をしたいという要望が沢山あり、それに応じるようにセントレア側と企画しました。新しいインテリアを作って、実際の787のコックピット見学を実現しました」と話した。中部国際空港の営業企画部長鈴木健一氏は「Flight Deckは操縦席の後ろにガラスのパネルが埋め込んでおり、操縦席そのものには座れないが、シュミレーターで操縦はすることができる」と話した。

また鈴木氏は、営業時間や有料エリアの料金については追って発表するとのことだが、「周辺ホテルに外国人観光客が多く宿泊していることから夕方にチェックインした後に食事もできるように夜も営業する方向で考えている」と明らかにした。「FLIGHT OF DREAMS」までのアクセスについては、名鉄の中部国際空港駅から動く歩道経由で徒歩5分程度で行けると想定している。

ボーイング社広報のロバート・ヘンダーソン氏

ボーイング社広報のロバート・ヘンダーソン氏

中部国際空港営業企画部長鈴木健一氏

中部国際空港営業企画部長の鈴木健一氏

中部国際空港駅から既に駐車場への通路として使われている動く歩道経由でアクセスできる

中部国際空港駅から既に駐車場への通路として使われている動く歩道経由でアクセスできる

名古屋の新しい観光スポットとして注目を集めることになりそうだ。

関連URL:
FLIGHT OF DREAMS
中部国際空港

(鳥海高太朗)

DSC_2048第18回アジア大会、競泳の瀬戸大也選手・池江璃花子選手など日本代表選手がインドネシアへ向けてANA便で出発

DSC_2548ノックスクート、10月29日より関西~バンコク線を週4往復で開設。スクート便を含めると週7往復体制に

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. DSC_3251

    成田空港近くの「さくらの山」にオリジナル機内食が食べられるカフェ…

    成田空港のA滑走路の先端近くにある成田市さくらの山に併設する「空の駅 さくら館」内に2018年3月2…

  2. 伊丹空港1

    伊丹空港と有馬温泉を結ぶ直行バスが運行開始。わずか30分で行ける…

    大阪国際空港(伊丹空港)から有馬温泉(兵庫県)へのバス路線が2017年7月28日に開設される。これま…

  3. DSC_6069

    関西空港への南海電鉄がダイヤ改正、「関空トク割ラピートきっぷ」が…

    関西空港を利用する際に便利な南海電鉄は、関西空港駅~難波駅までの南海本線・空港線のダイヤ改正及び特急…

  4. DSC_0132

    石垣空港、新空港開港5周年の記念セレモニーを開催

    沖縄県の石垣空港は、旧空港から現在の空港に移ってから5周年を迎えた2018年3月7日に「南ぬ島石垣空…

  5. DSC_9475

    空港直結簡易宿泊施設「ファーストキャビン関西空港」がオープン

    2017年3月30日(木)、関西国際空港のエアロプラザ3階に簡易宿泊施設「ファーストキャビン」がオー…

  6. IMG_9030

    【編集長コラム】香港、九龍駅と香港駅のシティチェックインは活用す…

    オンラインチェックインなどの浸透もあり、空港ではなく市内中心部でチェックインと荷物を預けることができ…

  7. モノレール

    沖縄・那覇空港からの「ゆいレール」が8月から増発で金・土の日中は…

    沖縄・那覇空港駅と首里駅を結んでいる沖縄都市モノレール「ゆいレール」が2017年8月1日にダイヤ改正…

  8. DSC_0697

    【連載】ビジネスマイラー平山福也が語るスターアライアンス(クアラ…

    サラリーマンでもANA上級会員を維持し、”0泊でも月に一度は海外へ” をモットーに旅をする平山福也氏…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_8068
  2. スターフライヤー初日の出
  3. DSC_7843
  4. JAL機
PAGE TOP