menu

ANA、武漢からの貨物臨時便を運航開始。マスクや自動車部品などを運ぶ

ANAグループの貨物便を運航するANAカーゴは、貨物需要に対応するために一部路線で貨物臨時便を運航しているが、2020年5月19日には中国・武漢からの貨物臨時便の運航が開始された。

成田発武漢行きはNH8595便として、そして武漢発成田行きはNH8596便として運航され、ボーイング767のフレーター機(貨物専用機:JA602F)が投入され、夜21時半前に成田空港に到着した際の様子がメディア関係者に公開された。

DSC_0755 DSC_0768 DSC_0779 DSC_0783 DSC_0803

取材に応じたANA Cargoの勝部昭男取締役は、5月19日のフライトでは、成田から武漢への貨物便は約10トンの搭載で主に自動車部品や電子機器等を運び、武漢から成田への貨物便では約20トンの搭載でマスクなどの貿易製品、自動車部品、半導体部品などを運んだとのことだ。また、貨物臨時便を飛ばした背景としては、武漢の都市封鎖が解除され、工場などの製造も再開した中で武漢から日本への輸送ニーズが高まったことを挙げた他、定期便の運航が止まっていることで貨物が輸送できないことも貨物臨時便の運航に至った理由となっている。

ANA Cargoの勝部昭男取締役 成田ウェアハウスオペレーションセンター長

ANA Cargoの勝部昭男取締役 成田ウェアハウスオペレーションセンター長

ANAの定期便就航地ではあるが、ANAカーゴの貨物機が武漢へ飛んだのは初めてとなった。今後、5月30日までは週3往復の貨物臨時便を成田~武漢間で運航する。

関連URL:ANA Cargo

(鳥海高太朗)

ANAのボーイング777-300ER型機ANAホールディングス、2020年3月期決算を発表。新型コロナで合計9500億円の資金を確保へ。配当は無配に

DSC_0852ANA、機内で病院手術室と同等の空気を実現する「HEPAフィルター」を公開(動画あり)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. 表紙

    ANA、全席シートテレビ搭載のエアバスA321neoが羽田~熊本…

    ANA(全日本空輸)は、2017年9月12日に国内航空会社では初めての導入となったエアバスA321n…

  2. DSC_7489-2

    ANAカーゴ、新しい貨物機となるボーイング777フレーター型機を…

    ANAグループのANAカーゴは、2019年6月13日に新しい貨物機として2機導入するボーイング777…

  3. DSC_8992

    ANA、佐賀空港で国内初となる航空機の牽引にリモコン式遠隔操作を…

    飛行機は自動車と異なり、バック(後退)ができないことから、けん引車を使って誘導路までプッシュバックし…

  4. IMG_4087

    ルフトハンザ、都内で記者会見を開催。A350を12月より羽田~ミ…

    ルフトハンザドイツ航空は、今年1月にルフトハンザグループのハブフランクフルトCCO(チーフ・コマーシ…

  5. T3国際線チェックインカウンターエリア

    ガルーダ・インドネシア航空、5月1日よりジャカルタ空港での発着が…

    インドネシアのガルーダ・インドネシア航空は、2017年5月1日よりジャカルタ空港での日本線を含む国際…

  6. DSC_2048

    第18回アジア大会、競泳の瀬戸大也選手・池江璃花子選手など日本代…

    2018年8月18日~9月2日までの16日間、インドネシアのジャカルタで行われる第18回アジア競技大…

  7. DSC_1264

    ユナイテッド航空、新ビジネスクラス「ユナイテッド・ポラリス」シー…

    ユナイテッド航空は、2017年6月15日から成田~サンフランシスコ線に導入する新型機ボーイング777…

  8. IMG_3002

    【編集長コラム】JAL、トリップアドバイザーとの提携で国内線の外…

    JAL(日本航空)は、2017年9月11日に東京・天王洲のJAL本社で記者会見を開き、世界最大の旅行…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_1554
  2. 2020-08-03 16.31.04
  3. DSC_0852
  4. DSC_0808
  5. ANAのボーイング777-300ER型機
PAGE TOP