menu

ANA、武漢からの貨物臨時便を運航開始。マスクや自動車部品などを運ぶ

ANAグループの貨物便を運航するANAカーゴは、貨物需要に対応するために一部路線で貨物臨時便を運航しているが、2020年5月19日には中国・武漢からの貨物臨時便の運航が開始された。

成田発武漢行きはNH8595便として、そして武漢発成田行きはNH8596便として運航され、ボーイング767のフレーター機(貨物専用機:JA602F)が投入され、夜21時半前に成田空港に到着した際の様子がメディア関係者に公開された。

DSC_0755 DSC_0768 DSC_0779 DSC_0783 DSC_0803

取材に応じたANA Cargoの勝部昭男取締役は、5月19日のフライトでは、成田から武漢への貨物便は約10トンの搭載で主に自動車部品や電子機器等を運び、武漢から成田への貨物便では約20トンの搭載でマスクなどの貿易製品、自動車部品、半導体部品などを運んだとのことだ。また、貨物臨時便を飛ばした背景としては、武漢の都市封鎖が解除され、工場などの製造も再開した中で武漢から日本への輸送ニーズが高まったことを挙げた他、定期便の運航が止まっていることで貨物が輸送できないことも貨物臨時便の運航に至った理由となっている。

ANA Cargoの勝部昭男取締役 成田ウェアハウスオペレーションセンター長

ANA Cargoの勝部昭男取締役 成田ウェアハウスオペレーションセンター長

ANAの定期便就航地ではあるが、ANAカーゴの貨物機が武漢へ飛んだのは初めてとなった。今後、5月30日までは週3往復の貨物臨時便を成田~武漢間で運航する。

関連URL:ANA Cargo

(鳥海高太朗)

ANAのボーイング777-300ER型機ANAホールディングス、2020年3月期決算を発表。新型コロナで合計9500億円の資金を確保へ。配当は無配に

DSC_0852ANA、機内で病院手術室と同等の空気を実現する「HEPAフィルター」を公開(動画あり)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. DSC_7446

    【フォトレポート】エアバスA350-1000が羽田空港にやってき…

    エアバス社の最新鋭機でJAL(日本航空)が導入する予定の最新鋭機であるエアバスA350-1000型機…

  2. dsc_1423

    年末年始、国内線のピークは出発は29日、Uターンは3日がピーク

    国内各航空会社は、12月16日に2016年12月22日(木)~2017年1月3日(火)の年末年始期間…

  3. ANA-SKY-コイン

    【500字コラム】ANAのアップグレードポイントは使い切ってます…

    年度末の3月31日、ANAマイレージクラブの上級会員に付与されている2017年度の「アップグレードポ…

  4. DSC_1109

    ANA、成田~ロサンゼルス線を増便。東京~ロサンゼルス間が1日3…

    ANA(全日本空輸)は、2017年10月29日(日)からの冬ダイヤより、現在1日1往復で運航されてい…

  5. DSC_3822

    JAL、11月16日からシステム刷新で国内線特典航空券ルールが変…

    JAL(日本航空)は、2017年11月16日より旅客サービスシステムの刷新を予定しており、システム刷…

  6. DSC_0852

    ANA、機内で病院手術室と同等の空気を実現する「HEPAフィルタ…

    ANA(全日本空輸)は、機内の空気が約3分で全てが入れ替わる仕組みになっているが、空気を循環する際に…

  7. IMG_9714

    10月29日から広島空港運用時間延長でANA広島→羽田の最終便が…

    広島空港は、2017年10月29日(日)より空港の運用時間をこれまでの朝7時30分~21時30分だっ…

  8. DSC_2059

    【フォトレポート】ANA、ハワイ・ホノルル空港のA380型機対応…

    ANAは、2019年5月8日(ホノルル時間)、ハワイ・ホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港に5月…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_1554
  2. 2020-08-03 16.31.04
  3. DSC_0852
  4. DSC_0808
  5. ANAのボーイング777-300ER型機
PAGE TOP