menu

ANA、武漢からの貨物臨時便を運航開始。マスクや自動車部品などを運ぶ

ANAグループの貨物便を運航するANAカーゴは、貨物需要に対応するために一部路線で貨物臨時便を運航しているが、2020年5月19日には中国・武漢からの貨物臨時便の運航が開始された。

成田発武漢行きはNH8595便として、そして武漢発成田行きはNH8596便として運航され、ボーイング767のフレーター機(貨物専用機:JA602F)が投入され、夜21時半前に成田空港に到着した際の様子がメディア関係者に公開された。

DSC_0755 DSC_0768 DSC_0779 DSC_0783 DSC_0803

取材に応じたANA Cargoの勝部昭男取締役は、5月19日のフライトでは、成田から武漢への貨物便は約10トンの搭載で主に自動車部品や電子機器等を運び、武漢から成田への貨物便では約20トンの搭載でマスクなどの貿易製品、自動車部品、半導体部品などを運んだとのことだ。また、貨物臨時便を飛ばした背景としては、武漢の都市封鎖が解除され、工場などの製造も再開した中で武漢から日本への輸送ニーズが高まったことを挙げた他、定期便の運航が止まっていることで貨物が輸送できないことも貨物臨時便の運航に至った理由となっている。

ANA Cargoの勝部昭男取締役 成田ウェアハウスオペレーションセンター長

ANA Cargoの勝部昭男取締役 成田ウェアハウスオペレーションセンター長

ANAの定期便就航地ではあるが、ANAカーゴの貨物機が武漢へ飛んだのは初めてとなった。今後、5月30日までは週3往復の貨物臨時便を成田~武漢間で運航する。

関連URL:ANA Cargo

(鳥海高太朗)

ANAのボーイング777-300ER型機ANAホールディングス、2020年3月期決算を発表。新型コロナで合計9500億円の資金を確保へ。配当は無配に

DSC_0852ANA、機内で病院手術室と同等の空気を実現する「HEPAフィルター」を公開(動画あり)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. DSC_5981

    ANA、エアバスA320neoが成田~上海線で国際線デビュー

    ANA(全日本空輸)は、2017年1月23日より近距離国際線に投入予定のエアバスA320neoを国際…

  2. DSC_6678

    ANA、ドローンを避雷した機体の損傷状況確認に活用するための実験…

    ANA(全日本空輸)は、2017年2月14日にドローンを活用した整備点検作業の実用化に向けた実験を大…

  3. 足利織姫神社

    ANAが七夕の短冊を足利織姫神社へ奉納。今年は合計3万枚

    ANA(全日本空輸)は、2018年8月30日に、七夕期間中にANAの国内・海外の就航空港及び支店など…

  4. ホノルル空港に駐機するボーイング787-9型機

    ANA、羽田~バンコク線が6月から1日3往復に増便。クアラルンプ…

    ANA(全日本空輸)は、2018年度のANAグループ航空輸送事業計画を策定し、2018年1月18日に…

  5. DSC_0930

    綾瀬はるかさんが参加。ANAが東京オリンピック・パラリンピック開…

    ANAは、2020年7月24日に開幕する東京オリンピックの1年前イベントを2019年7月23日に羽田…

  6. 表紙

    【フォトレポート】ルフトハンザ、エアバスA350を羽田~ミュンヘ…

    ルフトハンザドイツ航空は、2017年12月2日から羽田~ミュンヘン線において、エアバスA350-90…

  7. DSC_4685

    【速報】ANAのボーイング787-10型機、4月26日の成田~シ…

    ANA(全日本空輸)は、国内航空会社では初めての導入となるボーイング787-10型機の運航を2019…

  8. DSC_0521

    ANA、ヤクルトスワローズがキャンプする沖縄県・浦添運動公園のネ…

    ANA(全日本空輸)は、沖縄県の浦添市にある、東京ヤクルトスワローズが春季キャンプを行っている浦添運…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_1554
  2. 2020-08-03 16.31.04
  3. DSC_0852
  4. DSC_0808
  5. ANAのボーイング777-300ER型機
PAGE TOP