menu

ANAのクラウドファンティング「WonderFLY」1周年イベントを開催

ANA(全日本空輸)は、クラウドファンディング「WonderFLY」の始動から1周年を迎え、1周年イベントを2017年11月3日に東京・日本橋のスルガ銀行ANA支店で開催した。

東京・日本橋にあるスルガ銀行ANA支店で「WonderFLY」1周年イベントが行われた

東京・日本橋にあるスルガ銀行ANA支店で「WonderFLY」1周年イベントが行われた

DSC_1861

イベントの受付カウンター。飛行機のチェックインのようにイベント搭乗券が発行された

新しいモノづくりやコトづくりに挑戦するチャレンジャーが集まる

WonderFLYは、ANAが昨年立ち上げ、新たなモノづくりやコトづくりに挑戦するチャレンジャーたちが集い、自らの技術やアイデアの可能性を試せる「クリエイティブアワード」と夢をカタチにして、広く世界へと飛び立っていくための共感やサポートを募ることのできるクラウドファンディングを合わせたプラットフォームとなっている。

今回は、第4弾クリエイティブアワードの最終選考に残ったアイデア、クラウドファンディング前のプロトタイプ製品の展示、クラウドファンディング中のプロトタイプ製品の展示、クラウドファンディングが終了して商品化された製品の展示が行われた。展示されている製品は手に触れて体験いただくことが可能で、実際に開発したチャレンジャーも同席して直接説明を受けられるスタイルの展示となった。

クラウドファンディング前のプロトタイプ製品の展示の1つ「レスキューランジェリー」。湯にっせくすなボクサーブリーフとTシャツのセットで男女関係なく使える下着とどこでも使える洗剤・下着が干せるバックがセットになっている

クラウドファンディング前のプロトタイプ製品の展示の1つ「レスキューランジェリー」。ユニセックスなボクサーブリーフとTシャツのセットで、男女関係なく使える下着とどこでも使える洗剤、下着が干せるバックのセット

木の香りを楽しみながら日本酒が飲める

クラウドファンディング中のプロトタイプ製品の展示の1つ、木の香りを楽しむ新しい酒器「木香るボトル」

クラウドファンディング中の「日本酒マラソン」。日本酒を飲みながらチームでリレーする新しい試み

クラウドファンディング中の「日本酒マラソン」。日本酒を飲みながらチームでリレーする新しい試み

クラウドファンディングが終了し、まもなく商品化される商品も

既にクラウドファンディングが終了して商品化された製品としては、「SCOO(スクー)」という折りたたみが可能で飛行機や新幹線、電車、バス、タクシーに乗せられる電動車いす(モビリティスクーター)や「SHIZUKU」という飛行機の機内で「氷出し」という溶けた氷の冷水によって約3時間の抽出方法でお茶の甘みを最大限に引き出すものなどが展示された。上記2商品は第一弾の「旅の常識を覆すモノ」で選ばれた商品で、この時は500を超えるアイデアが集まり、実際にクラウドファンディングにかけて12件中4件が目標額に達したそうだ。

商品化されることになった電動車いす「SCOO」折りたたむことで飛行機や電車にも載せられる

商品化されることになった電動車いす「SCOO」折りたたむことで飛行機や電車にも載せられる(走行の様子は冒頭写真にて)

飛行機の機内などで氷を使い、約3時間の抽出でお茶の甘みを引き出す「SHIZUKU」も商品化される

飛行機の機内などで氷を使い、約3時間の抽出でお茶の甘みを引き出す「SHIZUKU」も商品化される

今後、クラウドファンディングで商品化された商品については、ANAグループの全日空商事が運営するインターネットショッピングサイト「A-STYLE」で販売する方向であることも発表された。

全日空商事の「A-style」でもクラウドファンディングで商品化された商品を今後販売する予定

全日空商事の「A-style」でもクラウドファンディングで商品化された商品を今後販売する予定

WonderFlyとA-styleの両面でチャレンジをサポートする

WonderFlyとA-styleの両面でチャレンジをサポートする

ANAのマイレージ会員を活用したい

ANAがプラットフォームを立ち上げたのかについて、ANAホールディングスのデジタルデザインラボチーフディレクター津田佳明さんは「多くは2つの理由があり、1つはチャレンジャーを応援した気持ちがある。ANAは元々2機の飛行機で16人の従業員で始めたベンチャー企業で色々な人に支えながら1日1200便以上を飛ばす会社になり、改めて感謝の意味でもチャレンジする人に応えて、自分たちも成長していきたい。もう1点はANAを使っていただいているANAマイレージクラブの会員は3000万人以上いる。日本のビジネスマンのお客様などアクティブベース(ANAマイレージクラブ会員を日頃使っている)でいうと1000万人くらいと言われているが、日本人は欧米に比べると個人投資が進んでおらず、金融商品だとハードルが高い。個人投資・個人購買の意欲喚起にみたいなところに、クラウドファンディングは金融商品よりも手軽に応援できるのではないかと思っている」と話した。

ANAホールディングスのデジタルデザインラボチーフディレクター津田佳明さん

ANAホールディングスのデジタルデザインラボチーフディレクター津田佳明さん

第4弾は「温泉の新しい楽しみ方」でこれから最終審査へ

第4弾の「温泉の新しい楽しみ方」をテーマにしたアイデアでは、269件の応募の中から以下のファイナリスト12件が選ばれた。

・簡単に「動物の形」にして、頭にのせるタオル
・温泉街の地域住民の力で作りあげる、高品質なフォトスタンプラリー
・タオル地と撥水加工の記事のリバーシブル構造のタオル
・伝統技術を用いた、保湿性の高い温泉用酒器
・ヒノキの香りの温泉専門フリーペーパー「入浴タイムズ」
・温泉で仕事!?Work × Bath ニューヨーカー
・温泉の効能、場所等が書かれた手ぬぐい
・カメラで撮影した思い出を、温泉で現像
・前後に並ぶ親が安心して子供の頭を洗うことができる椅子
・プロジェクションによる温泉水面への映像投影とインタラクション
・温泉の混雑状況を可視化する『ほっとする温泉地計画』
・温泉用カップ付き浴衣

これまで第一弾は「旅の常識を覆すモノ」、第二弾は「家で、外で、日本酒をもっと」、第三弾は「あなたの日常に防災をプラスする」をテーマにアイデアを募集した。

関連URL:ANA「WonderFLY」
(鳥海高太朗)

今期の決算から連結子会社となったピーチ・アビエーション【速報】ピーチ、2018年3月1日より関西~新潟線を1日1往復での就航を発表

_73C8308-2ルーク・オザワ ひこ旅Photoコレクション vol.44

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. DSC_7620

    【速報】JAL、国内航空会社では初導入のエアバスA350型機が羽…

    JALは、国内の航空会社としては初導入となるエアバスA350-900型機が2019年6月14日の午前…

  2. p1070096

    ANA、羽田空港の機体工場見学来場者が100万人を突破

    入場料無料で常に満員状態が続いている羽田空港の整備工場で実施している機体工場見学。ANA(全日本空輸…

  3. DSC_2059

    【フォトレポート】ANA、ハワイ・ホノルル空港のA380型機対応…

    ANAは、2019年5月8日(ホノルル時間)、ハワイ・ホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港に5月…

  4. ご来光の瞬間には眩しいオレンジ色の光が差し込んだ

    【フォトレポート】2019年元旦、ANA初日の出フライト

    ANA(全日本空輸)は、2019年元旦に「2019 ANA初日の出フライト」を羽田空港から運航した。…

  5. IMG_2666

    【2017年8月機内食レポート】ANA、羽田→沖縄線プレミアムク…

    機内食フォトレポート、今回は2018年8月上旬に搭乗したANA(全日本空輸)の羽田→沖縄線「プレミア…

  6. オーストリア航空旅客機画像

    【速報】オーストリア航空、2018年5月から成田~ウィーン線再開…

    オーストリア航空は、2016年9月から運休になっていた成田~ウィーン線を再開させることを発表した。再…

  7. DSC_0133

    ANA、羽田空港でオリジナルのハロウィンイベントを開催

    ANAはハロウィン当日の2019年10月31日、羽田空港第2ターミナルでANAハロウィンイベント20…

  8. エミレーツ航空1

    10月28日からの2017年冬スケジュール、日本発着のエアバスA…

    今年で運航開始から10年を迎えた総2階建て飛行機のエアバスA380。昨年(2016年)冬スケジュール…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_0852
  2. DSC_0808
  3. ANAのボーイング777-300ER型機
  4. DSC_6820
  5. 2020-02-13 13.12.49
PAGE TOP