menu

ANAホールディングス、2020年3月期第2四半期の決算を発表。国際線ではビジネス需要が減少

ANAホールディングスは、2019年10月29日に2020年3月期の第2四半期の決算を発表した。グループ連結の売上高は1兆559億円(前年同期比1.7%増加)、営業利益は788億円(前年同期比25.0%減)、経営利益は815億円(前年同期比20.8%減)、親会社株主に帰属する当期純利益は567億円(前年同期比23.0%減)となった。第2四半期までの売上高としては過去最高となったが、当初予想よりは下回った。国内線は堅調に推移したが、国際線ではビジネス需要の減少で旅客数は前年比と同じだった。

国際線:ホノルル線は好調だが、ビジネス需要が伸び悩む

国際線では、旅客数は前年比同じ517万2000人、旅客収入は前年比2.3%増の3385億円、利用率は前年比0.6%減の76.8%となった。ビジネス需要が弱含んでいるが、ネットワークの拡大に伴い、ハワイ線、欧州線の旅客数が増加したことで収入は前年同期を上回った。7月~9月のトピックスとしては、7月から成田=ホノルル線でエアバスA380型機「FLYING HONU」での運航を週3便から週10便に拡大したほか、9月1日より成田~パース線を新規開設した。パース線は就航当初より順調な搭乗率で推移している。また、ホノルル便はA380導入後も搭乗率90%超え(特典航空券を含む)が続いている。10月は9割強、11月は9割弱の予約が入っており、航空券単価も落ちていない。

ただビジネス渡航は、7月以降、減少が色濃く出ており、欧米路線では企業業績を反映したダウングレードが出ている。単価・搭乗率が下がっている。また、中国路線でも影響が出ており、中国線では旅客数ベースで第1四半期では4%、第2四半期では9%程度の減少で、東南アジアでも対前年比は中国ほどではないが減少している。

国内線:供給量以上に旅客数も増加

国内線では、旅客数は前年比3.4%増の2310万人、旅客収入は前年比4.7%増の3687億円となった。利用率は前年比0.6%増の70.4%となった。旅客単価は1.2%増加し、繁忙期に大型機材に切り替えるなどしたこともあり、供給量を3%増やしたが、旅客数も3.4%増える結果となった。

LCC:ピーチは韓国路線が低迷したがバニラエアとの統合で増収

グループのLCCにおける輸送実績として、ピーチとバニラエアを合わせた旅客数は前年比1.8%減の399万5000人で、利用率は前年比0.3%減の86.9%となった。旅客収入は前年比4.6%減の461億円となった。バニラエアは10月26日で運航を終了したが、ピーチとの統合へ向けた機体改修や運航乗務員の訓練等により、一時的に運航便数が減少した結果、旅客数・収入ともに前年同期を下回った。ピーチは、日韓関係で韓国路線が低迷したが、バニラエアの路線を移管したことでピーチの売上高は増収となった。旅客収入の内訳はピーチ359億円、バニラエア103億円となった。

通期見通しを下方修正。配当は変更なし

2020年3月期の見通しについて、前年同期に比べて売上が179億円増加したが、貨物需要の減少や国際線ビジネス需要の一部が伸び悩んだことなどの要因で当初予定を下回り、下期についてもこの基調が継続すると見込まざるを得ないことやLCC事業においても他社との競合が激化していることも踏まえ、通期の売上高を当初予想より600億円程度減少し、2兆900億円になる見通しを発表した。

また営業利益は250億円減の1400億円、経営利益は230億円減の1370億円、親会社株主に帰属する当期純利益は140億円減の940億円に下方修正した。配当については当初予定と変更なく70円を予定している。

関連URL:
ANAホールディングス
2020年3月期 第2四半期決算について(プレスリリースより)

(鳥海高太朗)

DSC_9631ANAホールディングス、台風19号で道路が寸断されている奥多摩町日原地区へドローンを使って物資を輸送。災害時のドローンでの運搬は日本初

DSC_0133ANA、羽田空港でオリジナルのハロウィンイベントを開催

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. p1070096

    ANA、羽田空港の機体工場見学来場者が100万人を突破

    入場料無料で常に満員状態が続いている羽田空港の整備工場で実施している機体工場見学。ANA(全日本空輸…

  2. ANA、7月より成田~ホノルル線エアバスA380型機が週10便体…

    ANAは、2019年7月2日より成田~ホノルル線に投入したエアバスA380型機「FLYING HON…

  3. IMG_4807

    ANAグループの2018-2022年度中期経営戦略を発表。202…

    ANAホールディングスは、2018年2月1日に「2018-2022年度ANAグループ中期経営戦略」を…

  4. DSC_9177

    【フォトレポート】ANA、七夕フライトをANA77便新千歳行きゲ…

    ANAは、羽田空港チェックインカウンター前での七夕イベントに続き、七夕の日付が便名となっているANA…

  5. ビーフシチューとオムライス

    ANA、機内食総選挙投票結果発表。「牛すきやき丼」「ビーフシチュ…

    ANA(全日本空輸)は、2017年12月から国際線エコノミークラスの羽田・成田・関西・中部発便で提供…

  6. dsc_1423

    年末年始、国内線のピークは出発は29日、Uターンは3日がピーク

    国内各航空会社は、12月16日に2016年12月22日(木)~2017年1月3日(火)の年末年始期間…

  7. DSC_7841

    ANAグループ、平昌オリンピック金メダリストの佐藤綾乃選手など現…

    ANAグループは、日本オリンピック委員会(JOC)が行っているトップアスリートの就職支援ナビゲーショ…

  8. DSC_2059

    【フォトレポート】ANA、ハワイ・ホノルル空港のA380型機対応…

    ANAは、2019年5月8日(ホノルル時間)、ハワイ・ホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港に5月…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_1554
  2. 2020-08-03 16.31.04
  3. DSC_0852
  4. DSC_0808
  5. ANAのボーイング777-300ER型機
PAGE TOP