menu

ルフトハンザグループが都内で会見。オーストリア航空がプレミアムエコノミーを日本路線にも搭載へ

ルフトハンザグループは、2018年3月9日に東京都内で記者会見を開催し、ヨーロッパの航空会社では初めて、イギリスの航空業界・格付け会社であるSKYTRAX社の5スターエアラインになったことなどを報告した。

3月9日に都内でルフトハンザグループの記者会見が行われた

3月9日に都内でルフトハンザグループの記者会見が行われた

ルフトハンザグループで103カ国341都市に乗り入れ。機内食は1日170万食

ルフトハンザグループは、ルフトハンザドイツ航空、スイス インターナショナルエアラインズ、オーストリア航空、ブリュッセル航空、ユーロウイングスなどの運航会社を持ち、現在の機材は637機、1日あたり3000便の離着陸をしており103カ国の343都市へ就航している。1日あたり170万食の機内食を提供している。

DSC_0196

ルフトハンザ ドイツ航空のドナルド・ブンケンブルク日本支社長のプレゼンテーションでは、ネットワークエアラインとして、ルフトハンザドイツ航空、スイス インターナショナルエアラインズ、オーストリア航空がフランクフルト・ミュンヘン・チューリッヒ・ウィーンをハブ空港としているほか、ポイントtoポイントの航空会社としてヨーロッパ都市間を運航しているブリュッセル航空とユーロウイングス、そしてアビエーションサービスとして、ルフトハンザカーゴ、整備会社のルフトハンザテクニック、機内食のLSGグループが3つの柱になっていると話した

ルフトハンザ ドイツ航空のドナルド・ブンケンブルク日本支社長

ルフトハンザ ドイツ航空のドナルド・ブンケンブルク日本支社長

DSC_0199

ジョイントベンチャーはANAなど5社と行っている

ジョイントベンチャー(共同事業)においては、大西洋路線でエアカナダとユナイテッド航空、アジアでは日本路線ではANA、中国路線ではエアチャイナ、東南アジアや南太平洋ではシンガポール航空を行っていることが説明された。また、ANAとのジョイントベンチャーにおいては、「去年で5年目を迎え、上手に機能しており、お互いの国の情報を提供しており、今の状況に満足している」と話した。

ジョイントベンチャーについて

ジョイントベンチャーについて

ルフトハンザグループの日本路線は週最大38便体制に

2018年サマースケジュールでは、ルフトハンザドイツ航空は羽田~フランクフルト・ミュンヘン、中部~フランクフルト、関西~フランクフルトの4路線、スイス インターナショナル エアラインズは成田~チューリッヒ線、そして5月15日からは運休中だったオーストリア航空の成田~ウィーン線が復活することで、日本路線においては1週間で最大38便体制になる。オーストリア航空では、プレミアムエコノミーを成田~ウィーン線に投入することを発表した。ルフトハンザドイツ航空では、かつてないほど大成功したことでオーストリア航空でもプレミアムエコノミーの導入を決めた。

オーストリア航空の日本路線に2019年サマースケジュールよりプレミアムエコノミーを導入予定

オーストリア航空の日本路線にプレミアムエコノミーを導入予定

日本乗り入れのルフトハンザグループ3航空会社のキャビン構成

日本乗り入れのルフトハンザグループ3航空会社のキャビン構成

5スターエアライン到達まで様々な改革を行った

また、ルフトハンザグループのラインホルト・フーバー旅客体験デザイン・付帯サービス担当副社長は、5スターエアラインになったことについてのプレゼンテーションを行い「アジア以外のエアラインで5スターになったが、この5年間で様々な改善を行ってきた。長距離路線のビジネスクラスのサービス、2万人の客室乗務員のトレーニング、また地上も含めてホスピタリティーのサービスレベルを引き上げること、プレミアムパッセンジャーに対してのチェックインカウンターやラウンジの強化、ハブ空港において様々な言語を話せるスタッフの配備、アメニティの強化(機内及びラウンジ)、新しいエンターテインメントシステムの導入、ラウンジでの食事・ドリンクの強化、空港の保安検査場における優先レーン(Fast Lane)の標準化、プレミアムエコノミーの導入、ビジネスクラスの食事レベルの向上、新しいファーストクラスキャビンの導入、新しいビジネスクラスキャビンの導入などに取り組んだ結果、5スターを獲得することができた」を話した。

DSC_0228

ルフトハンザグループのラインホルト・フーバー旅客体験デザイン・付帯サービス担当副社長

ルフトハンザグループのラインホルト・フーバー旅客体験デザイン・付帯サービス担当副社長

DSC_0236 DSC_0238 DSC_0240 DSC_0246 DSC_0248 DSC_0249 DSC_0250 DSC_0252 DSC_0254 DSC_0256 DSC_0262

DSC_0264

5スターに向けて5年間、ルフトハンザドイツ航空が取り組んできたこと

5スターに向けて5年間、ルフトハンザドイツ航空が取り組んできたこと

2017年には、ヨーロッパNo1の航空会社となり、そして5スターエアラインになったことで、今後も様々な取り組みを行っていくようだ。

ルフトハンザの新ブランドデザインが発表。約30年ぶりに機体デザインを一新する(写真提供:ルフトハンザドイツ航空)

ルフトハンザの新ブランドデザインが発表。約30年ぶりに機体デザインを一新する(写真提供:ルフトハンザドイツ航空)

関連URL:
ルフトハンザドイツ航空
スイス インターナショナル エアライズ
オーストリア航空

(鳥海高太朗)

DSC_0132石垣空港、新空港開港5周年の記念セレモニーを開催

IMG_0537-1ルーク・オザワ ひこ旅Photoコレクション vol.50

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. 特設のメッセージボードと紅吉野桜

    羽田空港で働くANAグループスタッフが「さくらのメッセージカード…

    羽田空港では、ANA(全日本空輸)の国内線が出発する第2ターミナルの出発フロア(保安検査場AとBの中…

  2. 表紙

    ANA、全席シートテレビ搭載のエアバスA321neoが羽田~熊本…

    ANA(全日本空輸)は、2017年9月12日に国内航空会社では初めての導入となったエアバスA321n…

  3. DSC_7077

    ANA、最長距離路線となる片道7003マイルの成田~メキシコシテ…

    ANA(全日本空輸)は、2017年2月15日に同社にとって最長距離の路線となる成田~メキシコシティ線…

  4. DSC_1264

    ユナイテッド航空、新ビジネスクラス「ユナイテッド・ポラリス」シー…

    ユナイテッド航空は、2017年6月15日から成田~サンフランシスコ線に導入する新型機ボーイング777…

  5. DSC_8100

    【フォトレポート】JAL、9月1日に国内線デビューするエアバスA…

    JALは、2019年6月20日、今年9月1日に国内線の羽田~福岡線でデビューするエアバスA350型機…

  6. DSC_1427-2

    JAL、10月27日より国内線の保安検査締め切り時刻を便出発20…

    JALは、国内線における保安検査場通過の締め切り時刻を現在の便出発15分前から20分前までに変更する…

  7. DSC_1122

    JAL、ビジネスクラス利用のロサンゼルス行きが期間限定で24万円…

    JAL(日本航空)は、期間限定でロサンゼルス線利用のビジネスクラス航空券のスペシャル運賃を販売してい…

  8. 2020-08-03 16.31.04

    JAL、2021年3月期第1四半期決算を発表。4月~6月国際線収…

    JAL(日本航空)は、2020年8月3日に2021年3月期第1四半期決算の決算を発表した。売上高は7…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_1554
  2. 2020-08-03 16.31.04
  3. DSC_0852
  4. DSC_0808
  5. ANAのボーイング777-300ER型機
PAGE TOP