menu

ANAカーゴ、新しい貨物機となるボーイング777フレーター型機をお披露目

ANAグループのANAカーゴは、2019年6月13日に新しい貨物機として2機導入するボーイング777フレーター型機を羽田空港でメディア関係者にお披露目した。今回、777フレーター型機の愛称を「BLUE JAY」とした。日本名はアオカケスという北米に生息する青い翼の鳥で、勤勉な鳥と言われており、ANAカラーと同じことから社内公募によって決定した。7月2日より上海、10月末からシカゴへの貨物便として就航する予定となっている。

DSC_7351-2

DSC_7498-2

 

777フレーター型機の愛称を「BLUE JAY」を機体にペイント

777フレーター型機の愛称を「BLUE JAY」を機体にペイント

ボーイング767の2倍の最大102トンの貨物搭載が可能

現在12機導入している767フレーター型機では搭載重量は52トンになっているが、777フレーター型機では102トンと2倍の貨物の搭載が可能となるほか、1パレットあたりの最大重量も21トンになったことで、より大きな貨物の搭載も可能になる。

航続可能距離も767フレーター型機では、ほぼ満載の状態の場合は約6056キロとジャカルタあたりまでしかノンストップで飛行できないのに対し、777フレーター型機では約9070キロでシカゴまで飛行することも可能となる。

DSC_7384-2 DSC_7411-2

貨物室内

貨物室内

DSC_7527-2 DSC_7545-2

貨物室の扉の開閉も実演された

貨物室の扉の開閉も実演された

機内には輸送管理者が座れるシートも4席用意

ANAカーゴの杉口広取締役は「777フレーター型機の導入で半導体製造装置などの大型の工作機械や航空機エンジン、自動車のテスト車両の運搬などにも対応できる。医薬品など温度や湿度の管理においては、従来は旅客機の貨物エリアで運んでいたものも貨物機で運べる」と話した。

今回の機体お披露目では、客室空間も公開され、精密機械や生体馬などケアが必要な輸送のための輸送管理者が搭乗できるシートを装備する。一昔のビジネスクラスのシートになっている。

DSC_7483-2

一昔前のビジネスクラスに近いシートが4席用意された

一昔前のビジネスクラスに近いシート輸送管理者用のシートが4席用意された

コックピットもメディア関係者に公開

コックピットもメディア関係者に公開

ANAカーゴによると、航空貨物マーケットの部門においては、アジアと北米間の需要は今後20年間で年平均4.6%の成長を見込んでおり、旅客機同様に首都圏ハブとして、貨物においても日本発着だけでなく、アジアと北米間の貨物需要を貨物機と旅客機の貨物エリア(ベリー)の両方を活用して取り込みたいとしている。

関連URL:ANAカーゴ

DSC_5231ANA、今年もしあわせの花「すずらん」を全国各地の赤十字病院の患者様へお届け

DSC_7620【速報】JAL、国内航空会社では初導入のエアバスA350型機が羽田空港に到着

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. Saks-Fifth-Avenue-Amenities

    ユナイテッド航空、6月15日より成田~サンフランシスコ線より新ビ…

    ユナイテッド航空は、2017年6月15日より新しいビジネスクラス「ユナイテッド・ポラリス」を搭載した…

  2. DSC_5882

    【速報】ANA、エアバスA380「FLYING HONU」のサン…

    2019年5月からANAが成田~ホノルル線に投入している総2階建て飛行機エアバスA380型機は、AN…

  3. image001

    ターキッシュ エアラインズ、2017年10月15日~2018年2…

    トルコのターキッシュ エアラインズは、2017年5月19日(金)~25日(木)までの1週間限定発売で…

  4. a380-255-opt-2

    エミレーツ航空、ヨーロッパへ燃油なし往復5万円台からの早割セール…

    UAEのドバイを拠点とするエミレーツ航空は、2017年3月26日から成田~ドバイ線に総2階建て飛行機…

  5. DSC_1202

    キャセイパシフィック航空、蜷川実花さんを起用した新キャンペーンで…

    香港のキャセイパシフィック航空は、2017年6月14日に写真家・映画監督の蜷川実花さんを起用した新し…

  6. DSC_3551

    ANAウイングス、ボーイング737-500(スーパードルフィン)…

    2020年度上期で退役する予定のANAウイングスのボーイング737-500型機(愛称:スーパードルフ…

  7. p1070096

    ANA、羽田空港の機体工場見学来場者が100万人を突破

    入場料無料で常に満員状態が続いている羽田空港の整備工場で実施している機体工場見学。ANA(全日本空輸…

  8. IMG_2636

    【速報】JAL、業績上振れで株主への配当を96円に上方修正

    JAL(日本航空)は、平成30年3月期の第1四半期(平成29年4月~6月)の連結業績を発表した。昨年…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_1554
  2. 2020-08-03 16.31.04
  3. DSC_0852
  4. DSC_0808
  5. ANAのボーイング777-300ER型機
PAGE TOP