menu

2017年12月1日発券分より国際線燃油サーチャージ引き上げ。今月中の購入がお得

ANA(全日本空輸)、JAL(日本航空)は、2017年12月1日(金)発券分より国際線における燃油サーチャージが改定される。国内航空会社(ANA、JAL)においては、昨年4月より燃油価格の下落に伴い、燃油サーチャージの徴収を止めていたが、燃油価格の高騰及び円安の影響もあり、今年2月発券分より10ヶ月ぶりに復活した。その後は燃油価格が上下したこともあり、徴収額も上下しているが、今回(12月・2018年1月)は引き上げされる。今回の設定額は今年4月~7月までと同じ額の設定となる。

具体的な徴収額については、以下となっている。

■2017年12月・2018年1月発券分 ANA、JAL燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)主要路線 ※片道あたり
・日本~北米(ハワイを除く)、ヨーロッパ、オセアニア
7000円(現行3500円)
・日本~ハワイ、インド、インドネシア
4000円(現行2000円)
・日本~タイ、シンガポール、マレーシア、ミャンマー、カンボジア
3000円(現行1500円)
・日本~ベトナム、フィリピン、グアム
2000円(現行1000円)
・日本~中国、台湾
1500円(現行500円)
・日本~韓国
300円(現行200円)

成田空港

成田空港

欧米路線で往復1万4000円の設定

欧米などの長距離路線では運賃+往復1万4000円が追加されることになる。日系航空会社の燃油サーチャージは、特典航空券利用時及び子供含めて全ての利用者が支払う必要がある。ただし燃油サーチャージは発券日(購入日)がベースとなることから、11月30日までに購入する場合には出発日が12月以降であっても燃油サーチャージは現行のサーチャージが徴収される。長距離路線では往復7000円、ハワイ線で往復4000円で済むことになる。

年末年始に加えて、春休みも今月中に決めることで現行の燃油サーチャージの支払いで済む。ANA・JALの両社ともに特典航空券においても同様である。

ニューヨークのタイムズスクエア

ニューヨークのタイムズスクエア

関連URL:ANA JAL

(鳥海高太朗)

アエロフロート【編集長コラム】JALがアエロフロートと包括的業務提携に合意。スカイチーム加盟航空会社との提携を加速

表紙【フォトレポート】ルフトハンザ、エアバスA350を羽田~ミュンヘン線に投入

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. DSC_2522

    【速報】JAL、羽田発着国際線2020年3月29日からの発着枠拡…

    JALは、2020年3月29日からの羽田空港日中時間帯の発着枠拡大における新路線及び増便の運航スケジ…

  2. DSC_9118

    ANA、エアバスA380型機の特別塗装機「FLYING HONU…

    ANA(全日本空輸)は、2019年春に東京~ホノルル線に就航する予定の総2階建て飛行機エアバスA38…

  3. DSC_3895

    ANA、羽田空港で七夕イベントを開催

    ANA(全日本空輸)は、2017年7月7日の七夕当日に羽田空港で「七夕イベント」を開催した。今年は、…

  4. DSC_1554

    ANA、ハワイ線運休中のエアバスA380型機「FLYING HO…

    ANAは、成田~ホノルル線に2機投入されている総2階建て飛行機エアバスA380型機「FLYING H…

  5. 表紙

    ANA、「こども霞ヶ関見学デー」に合わせ、国土交通省で子供向け航…

    2017年8月2日・3日の両日、各省庁が連携し、お子様向けに各省庁の業務説明を聞いたり、省内の見学な…

  6. 那覇空港

    GW、夏休みを含む3月25日~10月27日搭乗分の国内線事前購入…

    国内線を運航するANA(全日本空輸)、JAL(日本航空)、スカイマーク、AIRDO、ソラシドエア、ス…

  7. DSC_6678

    ANA、ドローンを避雷した機体の損傷状況確認に活用するための実験…

    ANA(全日本空輸)は、2017年2月14日にドローンを活用した整備点検作業の実用化に向けた実験を大…

  8. DSC_9902

    ANA、ひなまつりフライトを羽田発石垣行きで実施。パイロットも含…

    ANA(全日本空輸)は、2018年3月3日のひなまつりに毎年恒例の「ひなまつりフライト」を運航した。…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_4182-2
  2. DSC00128
  3. DSC_2207
  4. DSC_1554
  5. 2020-08-03 16.31.04
PAGE TOP