menu

ANAホールディングス、平成30年3月期の決算を発表。旅客数・旅客収入共に前年を上回り、グループLCC2社は共に黒字

ANAホールディングスは、2018年4月27日に平成30年3月期の決算を発表した。グループ連結の売上高は1兆9717億円(前年同期比11.7%増加)、営業利益は1645億円(前年同期比13.0%増)、経営利益は1606億円(前年同期比14.4%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は1438億円(前年同期比45.6%増)となった。

国際線では、日本発のビジネス需要と旺盛な訪日需要を取り込んだことにより、旅客数・収入ともに前年同期を上回った。旅客数は前年比6.8%増の974万人、旅客収入は前年比15.6%増の5974億円、利用率は前年同期差0.5%増の76.3%となった。

国内線では、10月の台風の影響、今年1月・2月に降雪の影響を受けたが、需要に応じた各種割引運賃を設定したことに加えて、訪日需要を取り組んだことにより、旅客数・収入ともに前期を上回った。旅客数は前年比2.8%増の4415万人、旅客収入は前年比1.7%増の6897億円となった。利用率は前年同期差2.9%増の68.9%となった。

ピーチ、バニラエア共に黒字

グループのLCCにおける輸送実績として、バニラエアは旅客数は前年比25.7%増の267万7000人で、利用率は前年同期差0.3%減の85.5%となった。売り上げは329億円、営業利益は8億円となった。またピーチは旅客数は512万人で、利用率は86.9%となった(当期から連結子会社になったことから前年の公表した数字はなし)。売り上げが546億円、営業利益は59億円となった。バニラエアは前期に比べて3機を増機して15機、ピーチは前期より2機増機して20機体制となった。

平成31年3月期の配当については、前期から10円増やし、1株につき70円を予定している。

関連URL:
ANAホールディングス
平成30年3月期決算について(プレスリリースより)
ANA
バニラエア
ピーチ

(鳥海高太朗)

ジェットスター・ジャパンのA320型機【速報】ジェットスター・ジャパン、9月6日より成田~長崎線を新規就航。セール運賃は片道987円で26日18時から販売

決算JALJAL、平成30年3月期の決算を発表。国際線の搭乗率は過去最高の81.0%を記録

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. Singapore-Airlines-787-10

    【速報】シンガポール航空、ボーイング787-10型機を定期便最初…

    シンガポール航空は、世界で最初に導入するボーイング787-10型機の初号機の最初の定期便路線として、…

  2. DSC_0424

    羽田空港制限区域内で自動運転バスの実証実験をANAやSBドライブ…

    2019年1月22日、羽田空港においてANA、ソフトバンクグループのSBドライブを中心に、愛知製鋼、…

  3. IMG_9714

    10月29日から広島空港運用時間延長でANA広島→羽田の最終便が…

    広島空港は、2017年10月29日(日)より空港の運用時間をこれまでの朝7時30分~21時30分だっ…

  4. JAL機

    【速報】JAL、成田~ウラジオストク線を2020年夏期ダイヤで就…

    JALは、新規路線として成田空港からロシアのウラジオストクへの路線を2020年夏期ダイヤで就航させる…

  5. IMG_2636

    【速報】JAL、業績上振れで株主への配当を96円に上方修正

    JAL(日本航空)は、平成30年3月期の第1四半期(平成29年4月~6月)の連結業績を発表した。昨年…

  6. ご来光の瞬間には眩しいオレンジ色の光が差し込んだ

    【フォトレポート】2019年元旦、ANA初日の出フライト

    ANA(全日本空輸)は、2019年元旦に「2019 ANA初日の出フライト」を羽田空港から運航した。…

  7. DSC_2897

    【速報】ANA、エアバスA380「FLYING HONU」の2号…

    ANAが成田~ホノルル線に投入するエアバスA380型機の2号機が、エアバス社のあるフランス・トゥール…

  8. dsc_4888

    JAL、国内線にも「ドラえもん」特別塗装機が就航

    日本航空(JAL)は、2016年12月30日より国際線に続き、国内線でも人気キャラクターのドラえもん…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. ラウンジ2
  2. DSC_4277
  3. DSC_3551
  4. DSC_2522
  5. 羽田空港国際線ターミナル出発口
PAGE TOP