menu

【500字コラム】スクート、4月2日より成田~台北~シンガポール線を週10便に増便。週3日は帰国便が午後発も選べるようになる

シンガポール航空のLCCであるスクート(TR)は、成田~台北~シンガポール線を2018年4月2日から現在の1日1往復から週10往復に増便される。

増便されるのは、往復共に月・木・土の便で、成田を20時40分に出発して台北(桃園)に23時10分に到着する(木曜日は22時55分着)TR875便と台北(桃園)を15時に出発して成田に19時30分着のTR874便となる。

成田を昼に出発する便ではボーイング787で運航されているが、増便分はエアバスA320型機を使用するが、スクートと合併する前のタイガーエアーの機体で運航される模様。その為、ビジネスクラス「スクートビズ」の設定はなく、また座席も国内LCCと同じ180席仕様となることから、シートもボーイング787で運航される便よりも狭くなる。

しかしながら、月曜・木曜・土曜の3日間だけになるが、帰国便において、台北を15時に出発できることはメリットがある。スクートのセールでは往復1万円台で購入できることも多いが、帰国便が現状では朝6時40分発になっていることから、朝4時前に台北市内のホテルを出る必要があったが、15時発となれば時間的な余裕も生まれる。セール発売時に検討してみるのもいいだろう。

関連URL:スクート

(鳥海高太朗)

_73C7727-1ルーク・オザワ ひこ旅Photoコレクション vol.47

Singapore-Airlines-787-10【速報】シンガポール航空、ボーイング787-10型機を定期便最初の就航路線として関空~シンガポール線に5月より投入へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. DSC_3392

    【速報】ジェットスター・ジャパンが年内に成田~高知線、関西~高知…

    ジェットスター・ジャパンは、都内で行われた事業説明会の中で、片岡優代表取締役社長は年内に成田~高知線…

  2. エアベルリン

    【編集長コラム】エアベルリンが破産手続きを申請、運航は継続へ。一…

    ドイツのLCC(格安航空会社)であるエアベルリンが破産手続きを申請したというニュース報道が流れた。エ…

  3. DSC_2548

    ノックスクート、10月29日より関西~バンコク線を週4往復で開設…

    タイ・バンコクのドンムアン空港を拠点とする中距離LCCのノックスクートは、東京都内で会見が行われ、関…

  4. DSC_2427

    【編集長コラム】エアアジア・ジャパンの就航で中部(セントレア)~…

    新生エアアジア・ジャパンが、2017年10月29日(日)より中部(セントレア)~新千歳線に就航する予…

  5. LCCバニラエアの成田~関西・函館線の新路線開設記念式典でのバニラエアの代表取締役社長・五島勝也氏とHIPHOPグループ「DOBERMAN INFINITY」のメンバーSWAY氏とバニラエアのFA

    新たな「選択肢」に バニラエア成田~函館線 初便搭乗レポート

    バニラエアが成田~関西、成田~函館線に新規就航。函館線は成田空港の国内線で18番目の路線で、函館空港…

  6. 阪急電車

    【編集長コラム】阪急電鉄の伊丹空港乗り入れ検討について考える

    テレビや新聞などでも取り上げられている、阪急電鉄が伊丹空港への乗り入れを検討しているというニュースに…

  7. 今期の決算から連結子会社となったピーチ・アビエーション

    【500字コラム】2018年、ピーチに期待したい北海道内路線の就…

    国内初のLCCとしてピーチが就航したのは2012年3月1日。あと2ヶ月弱で就航6周年を迎えることにな…

  8. LCCスクートの機内インターネットのスピードテスト結果

    LCCこそ機内Wi-Fiを 全便搭載のスクートを調査

    機内でインターネットに接続できる航空会社が増えています。ネット上のコンテンツを楽しむことができる機内…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_8068
  2. スターフライヤー初日の出
  3. DSC_7843
  4. JAL機
PAGE TOP