menu

【速報】キャセイパシフィック航空、2017年冬ダイヤから成田~台北線を1日2往復に増便へ

香港のキャセイパシフィック航空は、2017年6月14日に都内で記者会見を行い、成田~台北(桃園)線を2017年10月末からの冬ダイヤから現在1日1往復である成田~台北(桃園)~香港線を2往復に増便することを明らかにした。

まだ現時点で正式な便名や投入機材は決まっていないとのことだが、増便分は、成田午前発・台北午後発という日本人に利便性の高い時間帯を計画しているとのこと。

10月末以降のキャセイパシフィック航空の東京発着路線においては、現在深夜早朝時間帯に運航しているグループ会社のキャセイドラゴン航空の羽田~香港線1往復が運休となり、キャセイパシフィック航空の運航便2往復となる。成田~香港線については、現在の1日5往復から6往復体制となり、4往復が香港へのノンストップ便、2往復が台北経由便として運航される。

6月14日に都内で行われた蜷川実花さんとのキャンペーン記者会見の中で発表された

6月14日に都内で行われた蜷川実花さんとのキャンペーン記者会見の中で発表された

2017年夏ダイヤでは、羽田から1日3往復、成田から1日5往復、関西から1日7往復、中部から1日3往復、福岡から1日2往復、札幌から週10往復、沖縄から1日1往復を運航している(一部台北経由便)。

関連URL:キャセイパシフィック航空
(鳥海高太朗)

編集長's eye BIRD SEAビュー
今回の記者会見で驚いたのは、成田~台北線の1日2往復化であった。これまでは日本発夕方、台北発お昼ということで日本人旅行者にとって必ずしも利用しやすい時間帯ではなかったが、1日2往復になることで利用する機会が増えることになりそうである。サービスに定評がある同社が増便することで選択肢に悩む利用者が増えそうだ。あとは運賃がいくらになるのか、注目していきたいと思う。
編集長 鳥海高太朗

香港エクスプレス香港エクスプレス、片道980円セール運賃発売中。諸経費込みで羽田~香港間が往復1万円以下

DSC_1264ユナイテッド航空、新ビジネスクラス「ユナイテッド・ポラリス」シートをお披露目

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. DSC_7446

    【フォトレポート】エアバスA350-1000が羽田空港にやってき…

    エアバス社の最新鋭機でJAL(日本航空)が導入する予定の最新鋭機であるエアバスA350-1000型機…

  2. DSC_7489-2

    ANAカーゴ、新しい貨物機となるボーイング777フレーター型機を…

    ANAグループのANAカーゴは、2019年6月13日に新しい貨物機として2機導入するボーイング777…

  3. DSC_7921

    ANA、エアバスA380「FLYING HONU」エメラルドグリ…

    2019年6月18日より、ANAが5月24日から成田~ホノルル線で運航を開始したエアバスA380型機…

  4. IMG_5602

    スカイマーク、羽田から1日最大38往復の夏ダイヤを発表

    スカイマークは、2017年3月26日~10月28日までの夏ダイヤ期間における運航スケジュールを発表し…

  5. A350-900_RR_JAL_V07newsky

    【速報】JALのエアバスA350-900型機は9月より羽田~福岡…

    JAL(日本航空)は、国内航空会社では初導入となるエアバスA350-900型機を2019年9月より、…

  6. DSC_5026

    ANA、損保ジャパン日本興亜本社ビルでテレワーク&美術館見学を実…

    ANA(全日本空輸)は、2017年7月3日~8月31日までの期間を「働き方改革強化月間」として、「フ…

  7. DSC_0852

    ANA、機内で病院手術室と同等の空気を実現する「HEPAフィルタ…

    ANA(全日本空輸)は、機内の空気が約3分で全てが入れ替わる仕組みになっているが、空気を循環する際に…

  8. DSC_7295

    ラグビーワールドカップの大会トロフィーをお披露目。エミレーツ航空…

    2019年9月20日に日本で開幕するラグビーワールドカップ。11月2日に横浜で開催される決勝戦に勝利…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_4182-2
  2. DSC00128
  3. DSC_2207
  4. DSC_1554
  5. 2020-08-03 16.31.04
PAGE TOP