menu

【速報】キャセイパシフィック航空、2017年冬ダイヤから成田~台北線を1日2往復に増便へ

香港のキャセイパシフィック航空は、2017年6月14日に都内で記者会見を行い、成田~台北(桃園)線を2017年10月末からの冬ダイヤから現在1日1往復である成田~台北(桃園)~香港線を2往復に増便することを明らかにした。

まだ現時点で正式な便名や投入機材は決まっていないとのことだが、増便分は、成田午前発・台北午後発という日本人に利便性の高い時間帯を計画しているとのこと。

10月末以降のキャセイパシフィック航空の東京発着路線においては、現在深夜早朝時間帯に運航しているグループ会社のキャセイドラゴン航空の羽田~香港線1往復が運休となり、キャセイパシフィック航空の運航便2往復となる。成田~香港線については、現在の1日5往復から6往復体制となり、4往復が香港へのノンストップ便、2往復が台北経由便として運航される。

6月14日に都内で行われた蜷川実花さんとのキャンペーン記者会見の中で発表された

6月14日に都内で行われた蜷川実花さんとのキャンペーン記者会見の中で発表された

2017年夏ダイヤでは、羽田から1日3往復、成田から1日5往復、関西から1日7往復、中部から1日3往復、福岡から1日2往復、札幌から週10往復、沖縄から1日1往復を運航している(一部台北経由便)。

関連URL:キャセイパシフィック航空
(鳥海高太朗)

編集長's eye BIRD SEAビュー
今回の記者会見で驚いたのは、成田~台北線の1日2往復化であった。これまでは日本発夕方、台北発お昼ということで日本人旅行者にとって必ずしも利用しやすい時間帯ではなかったが、1日2往復になることで利用する機会が増えることになりそうである。サービスに定評がある同社が増便することで選択肢に悩む利用者が増えそうだ。あとは運賃がいくらになるのか、注目していきたいと思う。
編集長 鳥海高太朗

香港エクスプレス香港エクスプレス、片道980円セール運賃発売中。諸経費込みで羽田~香港間が往復1万円以下

DSC_1264ユナイテッド航空、新ビジネスクラス「ユナイテッド・ポラリス」シートをお披露目

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. エアバスA321neoの全景(2017年9月8日撮影)

    ANA、国内初導入のエアバスA321neoが羽田に到着し、機内を…

    ANA(全日本空輸)は、2017年9月8日に国内の航空会社で初めてとなるエアバスA321neo(ne…

  2. IMG_5602

    スカイマーク、羽田から1日最大38往復の夏ダイヤを発表

    スカイマークは、2017年3月26日~10月28日までの夏ダイヤ期間における運航スケジュールを発表し…

  3. 2020-02-13 13.12.49

    2月14日、ANAが羽田空港及び機内でバレンタイン限定サービスを…

    ANAは、今年も2月14日(金)のバレンタインデーに合わせて羽田空港内及び国内線・国際線機内でチョコ…

  4. ANAホールディングス、2020年3月期第1四半期の決算を発表。…

    ANAホールディングスは、2019年7月30日に2020年3月期の第1四半期の決算を発表した。グルー…

  5. dsc_2688

    ANA羽田~ニューヨーク線就航 2泊でも行ける

    2016年10月30日(日)、念願だった羽田空港からの日中時間帯(6時~23時)におけるアメリカ便の…

  6. #5(3)

    MRJ(三菱リージョナルジェット)最終組立工場を公開

    国産初のリージョナルジェット機であるMRJ(Mitsubishi Regional Jet)の最終組…

  7. ご来光の瞬間には眩しいオレンジ色の光が差し込んだ

    【フォトレポート】2019年元旦、ANA初日の出フライト

    ANA(全日本空輸)は、2019年元旦に「2019 ANA初日の出フライト」を羽田空港から運航した。…

  8. DSC_7489-2

    ANAカーゴ、新しい貨物機となるボーイング777フレーター型機を…

    ANAグループのANAカーゴは、2019年6月13日に新しい貨物機として2機導入するボーイング777…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_0852
  2. DSC_0808
  3. ANAのボーイング777-300ER型機
  4. DSC_6820
  5. 2020-02-13 13.12.49
PAGE TOP