menu

ピーチ、来年2月沖縄~バンコク線就航へ 那覇乗り継ぎの需要は

ピーチは、2017年2月19日より沖縄(那覇)~バンコク(スワンナプーム)線に新規就航する。国内LCC(格安航空会社)初のバンコク直行便で利便性が高まるが、那覇空港での乗り継ぎ需要をどこまで喚起できるかにも注目である。

ピーチの沖縄~バンコク線は毎日運航

ピーチの沖縄~バンコク線が来年2月就航へ

ピーチの沖縄~バンコク線が来年2月就航へ

ピーチの沖縄~バンコク線は週7往復の毎日運航。往路は沖縄を夜に出発し、バンコクには深夜に到着。復路はバンコクを深夜に出発し、沖縄に朝到着するスケジュールとなっている。

■ピーチ、沖縄~バンコク線運航スケジュール(2017年2月19日~2017年3月25日)※バンコク発は2月20日よりMM989便 那覇21:20発 バンコク(スワンナプーム)0:15着※翌日(月・火・木・金)
MM989便 那覇22:05発 バンコク(スワンナプーム)1:00着※翌日(水・土)
MM989便 那覇21:45発 バンコク(スワンナプーム)0:40着※翌日(日)
MM990便 バンコク(スワンナプーム)1:40発 那覇7:55着(月)
MM990便 バンコク(スワンナプーム)1:15発 那覇7:30着(火・水・金・土)
MM990便 バンコク(スワンナプーム)2:05発 那覇8:20着(木・日)

バンコク着は深夜・交通アクセスに注意

ピーチの沖縄~バンコク線はスワンナプーム国際空港に深夜に到着する。スワンナプーム国際空港には鉄道アクセスの「エアポートレールリンク(ARL)」があるが、スワンナプーム空港駅の最終列車は24時(平日)となるので、今回の便では利用する事ができないことから、バンコク市内へはタクシーを利用することになる。タクシーは専用の乗り場が用意されている。国内LCCによる直行便就航で初めてタイに行くという利用者も想定されることから、交通アクセスの面では注意が必要である。

img_6173

バンコクではタイ・エアアジアXやスクートが使用するドンムアン空港ではなくフルサービスキャリアが多く乗り入れるスワンナプーム空港を使用する

「那覇乗り継ぎ」の魅力をどこまで喚起できるか

那覇空港LCCターミナルのピーチチェックインカウンター

那覇空港LCCターミナルのピーチチェックインカウンター

ピーチの沖縄~バンコク線は外国人観光客や沖縄県民の利用だけでなく、国内各都市から那覇経由でバンコクを観光で訪れる日本人観光客の需要も期待されている。ただ、既に成田や関西からはタイ・エアアジアXやスクートといったバンコク直行便を運航するLCCがある。

那覇空港のピーチ国際線搭乗ゲート

那覇空港のピーチ国際線搭乗ゲート

ピーチは沖縄~バンコク線を片道9980円~4万1980円(ハッピーピーチ運賃)で販売する事を発表しているが、現状の価格では那覇に立ち寄る特別な理由が無ければ他社LCCの直行便を選ぶ事も考えられる。ピーチのフライトで那覇で乗り継ぐことでの割安感に加えて、那覇空港のLCCターミナルの更なる設備拡充など、「那覇で乗り継ぐ」事のメリットを今後どうピーチが打ち出していくのかに注目が集まる。

関連URL:ピーチ

編集長's eye BIRD SEAビュー
国内LCCとしては初めてバンコクに就航する。既に東南アジアへはバニラエアが成田から台北経由で運航しているが、日本からのノンストップ便としては初めての就航となる。

ピーチは井上慎一CEOが常々、4時間以内のフライトがLCCの狭い機内でも快適に過ごせる時間と話しており、関西空港や成田空港からだと6時間以上のフライトになるが、那覇から飛ばすことで往路は4時間は超えるが、日本から直行で行けるのは大きい。

エアバスA320の機体性能及び快適性の観点から考えるとギリギリの距離となるが、那覇には他の国内LCCも就航しており、ヨーロッパでLCCが多く発着するリゾート地であるスペインのイビサ島のようにLCC同士の乗り継ぎ+リゾート地といった存在になるかもしれない。
編集長 鳥海高太朗

img_5157【編集長コラム】東京~台北線、昨年同時期よりも上昇傾向に

%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8JAL、ペットと一緒に旅ができる「JALワンワンJET」を運航

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. バニラエア1

    バニラエア、7月・8月の成田~函館・沖縄・香港、関西~函館線のお…

    バニラエアは、2017年7月・8月搭乗分(7月1日~8月31日)の成田~函館・沖縄・香港、関西~函館…

  2. バニラエアのポイントプログラム「バニラエア ポイント」を発表

    バニラエアがポイントプログラム「バニラエア ポイント」を導入。全…

    バニラエアは、国内LCC初の搭乗ポイントプログラム「バニラエア ポイント」を2017年9月1日に導入…

  3. ZIPAIRの機体デザイン

    【速報】JALが設立した国際線中長距離LCC「ZIPAIR」、就…

    2020年夏ダイヤに運航を開始することを発表していた、JALが出資する国際線中長距離LCCの「ZIP…

  4. ピーチのA320型機

    ピーチ、2017年夏ダイヤより成田~新千歳・那覇線を運休

    ピーチは、2017年3月26日からの夏ダイヤで成田~新千歳、成田~那覇線の2路線を運休することを発表…

  5. 上海浦東空港から羽田空港に到着したLCCピーチ・アビエーションの機体

    LCCの就航相次ぐ上海線 価格競争も激化

    2016年11月、ピーチは関西・羽田の両空港から上海への新規路線を就航。更に来年1月にはジェットスタ…

  6. バリューアライアンスのワンストップ予約でバニラエアからスクート便の予約が可能に

    バリューアライアンス ワンストップ予約が始動

    アジア・太平洋地域のLCC(格安航空会社)8社により設立されたバリューアライアンスのサービスが始動し…

  7. p1520842

    初の海外ビーチリゾート路線、バニラエアの成田~セブ線が新規就航

    2016年12月25日、バニラエアが成田~セブ線に新規就航した。リゾート・レジャー路線が主な就航地の…

  8. バニラエア・ラッキーピエロ・成田国際空港株式会社の共同記者会見

    バニラエア 函館の人気バーガー店とコラボ 期間限定メニュー販売

    LCC(格安航空会社)のバニラエアが成田国際空港株式会社(NAA)と函館の人気ハンバーガーレストラン…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_4182-2
  2. DSC00128
  3. DSC_2207
  4. DSC_1554
  5. 2020-08-03 16.31.04
PAGE TOP