menu

【速報】シンガポール航空、ボーイング787-10型機を定期便最初の就航路線として関空~シンガポール線に5月より投入へ

シンガポール航空は、世界で最初に導入するボーイング787-10型機の初号機の最初の定期便路線として、関西~シンガポール線に投入する予定であることを明らかにした。

シンガポール航空は、ボーイング787-10型機を49機発注しており、世界で最初にボーイング787-10型機を運航する航空会社となっているが、どの路線で定期便を就航するのかに注目が集まっていた中、日本路線を最初の定期便として選んだ。ただし、定期便に投入する前には、シンガポール~バンコク線とシンガポール~クアラルンプール線の一部で、パイロットや客室乗務員のトレーニングを目的としたフライトを実施する計画となっている。

ボーイング787-10型機を3月にボーイング社から受領する予定。座席はビジネスクラスとエコノミークラスの設定となっており、ビジネスクラス36席・エコノミークラス301席の合計337席となる予定で、新しい地域路線用機内プロダクトもデビューさせる予定となっている。定期便の運航初日などの詳細は追って発表される。

シンガポール航空が世界出始めて定期便に就航するボーイング787-10型機(シンガポール航空提供写真)

シンガポール航空が世界出始めて定期便に就航するボーイング787-10型機(シンガポール航空提供写真)

現在、ANAやJALなどで使用されているボーイング787-8型機、787-9型機よりも更に全長が長くなっており、より多くのお客様を載せることができるようになっている。ANAも787-10型機を発注している。

関連URL:シンガポール航空

(鳥海高太朗)

スクート機(写真はボーイング787-9型機。ホノルル線は787-8型機で運航する)【500字コラム】スクート、4月2日より成田~台北~シンガポール線を週10便に増便。週3日は帰国便が午後発も選べるようになる

IMG_4945JAL、民泊サービスの「百戦錬磨」への資本参加及び包括的業務提携締結を発表

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. 表紙

    【フォトレポート】ルフトハンザ、エアバスA350を羽田~ミュンヘ…

    ルフトハンザドイツ航空は、2017年12月2日から羽田~ミュンヘン線において、エアバスA350-90…

  2. ANAホールディングス、2020年3月期第1四半期の決算を発表。…

    ANAホールディングスは、2019年7月30日に2020年3月期の第1四半期の決算を発表した。グルー…

  3. DSC_8899

    【速報】JALとハワイアン航空が来年3月よりコードシェア便&マイ…

    JAL(日本航空)とハワイアン航空の両社は、東京・天王洲のJAL本社で会見し、2018年3月25日の…

  4. 那覇空港

    GW、夏休みを含む3月25日~10月27日搭乗分の国内線事前購入…

    国内線を運航するANA(全日本空輸)、JAL(日本航空)、スカイマーク、AIRDO、ソラシドエア、ス…

  5. 羽田空港国際線ターミナル

    10月29日からの冬スケジュールでの日系航空会社の新規就航・増便…

    2017年10月29日(日)から冬スケジュール(ウインターダイヤ)がスタートするが、日系航空会社の動…

  6. DSC_7793

    JAL、羽田空港格納庫でエアバスA350型機の到着イベントを開催…

    JALは、国内の航空会社としては初導入となるエアバスA350-900型機が2019年6月14日の午前…

  7. DSC_5198

    ANA、A380就航へ向けてホノルル空港のラウンジ概要を発表。ラ…

    ANA(全日本空輸)は、2019年春に就航予定のエアバスA380の就航地であるホノルル空港(ダニエル…

  8. DSC_2522

    【速報】JAL、羽田発着国際線2020年3月29日からの発着枠拡…

    JALは、2020年3月29日からの羽田空港日中時間帯の発着枠拡大における新路線及び増便の運航スケジ…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_6820
  2. 2020-02-13 13.12.49
  3. DSC_5882
  4. ラウンジ2
  5. DSC_4277
PAGE TOP