menu

ANAホールディングス、平成30年3月期の第3四半期決算を発表。国内線・国際線共にビジネス需要が堅調に推移し、搭乗率もアップ

ANAホールディングスは、2018年2月1日に平成30年3月期の第3四半期連結業績を発表した。グループ連結の売上高は1兆4908億円(前年同期比11.9%増加)、営業利益は1659億円(前年同期比27.4%増)、経営利益は1638億円(前年同期比31.9%増)、親会社株主に帰属する四半期中利益は当期からピーチが連結子会社としたことによる特別利益等を計上した結果、1529億円(前年同期比76.7%増)となった。

ANA国内線が出発する羽田空港第2ターミナル

ANA国内線が出発する羽田空港第2ターミナル

国際線では、日本発のビジネス需要と旺盛な訪日需要に支えられて、旅客数・収入ともに前年同期を上回った。旅客数は前年比7.2%増の723万人となった。旅客収入は前年比15.2%増の4474億円となった。利用率は前年同期差0.5%増の76.1%となった。

国内線では、10月の台風の影響を受けたが、需要に応じた各種割引運賃を設定したことに加えて、ビジネス需要が堅調に推移したことで、旅客数は前年比3.5%増の3379万人、旅客収入は前年比2.4%増の5326億円となった。利用率は前年同期差3.4%増の69.1%となった。

グループのLCCの第3四半期における輸送実績として、バニラエアは旅客数は前年比31.8%増の201万9000人で、利用率は前年同期差0.1%増の85.6%となった。ピーチは旅客数は377万1000人で、利用率は86.5%となった(当期から連結子会社になったことから前年の公表した数字はなし)。

関連URL:
ANAホールディングス
平成30年3月期 第3四半期決算について(プレスリリースより)
ANA
バニラエア
ピーチ

(鳥海高太朗)

決算会見JAL、平成30年3月期の第3四半期決算を発表。メルボルン線は8割超え、コナ線とロンドン線深夜便は約7割の搭乗率で推移

IMG_4807ANAグループの2018-2022年度中期経営戦略を発表。2020年を目処にグループLCCでの中距離国際線路線への進出を目指す

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. DSC_0424

    羽田空港制限区域内で自動運転バスの実証実験をANAやSBドライブ…

    2019年1月22日、羽田空港においてANA、ソフトバンクグループのSBドライブを中心に、愛知製鋼、…

  2. DSC_3822

    JAL、11月16日からシステム刷新で国内線特典航空券ルールが変…

    JAL(日本航空)は、2017年11月16日より旅客サービスシステムの刷新を予定しており、システム刷…

  3. DSC_1427-2

    JAL、10月27日より国内線の保安検査締め切り時刻を便出発20…

    JALは、国内線における保安検査場通過の締め切り時刻を現在の便出発15分前から20分前までに変更する…

  4. DSC_6125

    シンガポール航空、期間限定でシンガポールへ諸経費込みで往復4万円…

    シンガポール航空は、創立70周年を記念した期間限定運賃を2017年5月15日~6月30日までの期間に…

  5. DSC_0396

    JALが羽田~ニューヨーク線に就航。JALのアメリカ本土路線一覧…

    日本航空(JAL)は、2017年4月1日に羽田~ニューヨーク線に就航した。羽田からのニューヨーク線は…

  6. 羽田空港国際線ターミナル出発口

    【速報】羽田空港国際線発着枠が発表。イタリア、トルコ、ロシア、フ…

    国土交通省では2020年3月29日から拡大される50便(往復)の発着枠配分が発表された。アメ…

  7. DSC_5041

    ANA、各地の魅力を発見して国内外へ発信する「Tastes of…

    ANAグループは、2013年9月から2017年11月まで、3ヶ月毎に3つの都道府県単位で地域の魅力を…

  8. DSC_3015

    【フォトレポート】シンガポール航空、関西空港でボーイング787-…

    シンガポール航空は、2018年4月4日に関西空港にてボーイング787-10をメディア関係者に公開した…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC00128
  2. DSC_2207
  3. DSC_1554
  4. 2020-08-03 16.31.04
  5. DSC_0852
PAGE TOP