menu

ANAホールディングス、平成30年3月期の第3四半期決算を発表。国内線・国際線共にビジネス需要が堅調に推移し、搭乗率もアップ

ANAホールディングスは、2018年2月1日に平成30年3月期の第3四半期連結業績を発表した。グループ連結の売上高は1兆4908億円(前年同期比11.9%増加)、営業利益は1659億円(前年同期比27.4%増)、経営利益は1638億円(前年同期比31.9%増)、親会社株主に帰属する四半期中利益は当期からピーチが連結子会社としたことによる特別利益等を計上した結果、1529億円(前年同期比76.7%増)となった。

ANA国内線が出発する羽田空港第2ターミナル

ANA国内線が出発する羽田空港第2ターミナル

国際線では、日本発のビジネス需要と旺盛な訪日需要に支えられて、旅客数・収入ともに前年同期を上回った。旅客数は前年比7.2%増の723万人となった。旅客収入は前年比15.2%増の4474億円となった。利用率は前年同期差0.5%増の76.1%となった。

国内線では、10月の台風の影響を受けたが、需要に応じた各種割引運賃を設定したことに加えて、ビジネス需要が堅調に推移したことで、旅客数は前年比3.5%増の3379万人、旅客収入は前年比2.4%増の5326億円となった。利用率は前年同期差3.4%増の69.1%となった。

グループのLCCの第3四半期における輸送実績として、バニラエアは旅客数は前年比31.8%増の201万9000人で、利用率は前年同期差0.1%増の85.6%となった。ピーチは旅客数は377万1000人で、利用率は86.5%となった(当期から連結子会社になったことから前年の公表した数字はなし)。

関連URL:
ANAホールディングス
平成30年3月期 第3四半期決算について(プレスリリースより)
ANA
バニラエア
ピーチ

(鳥海高太朗)

決算会見JAL、平成30年3月期の第3四半期決算を発表。メルボルン線は8割超え、コナ線とロンドン線深夜便は約7割の搭乗率で推移

IMG_4807ANAグループの2018-2022年度中期経営戦略を発表。2020年を目処にグループLCCでの中距離国際線路線への進出を目指す

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. dsc_5460

    JAL、関西~ホノルル線に「JALスカイスイート」を搭載した機材…

    JAL(日本航空)は、関西空港発着路線では初となるビジネスクラスがフルフラットシートの「JAL SK…

  2. p1070096

    ANA、羽田空港の機体工場見学来場者が100万人を突破

    入場料無料で常に満員状態が続いている羽田空港の整備工場で実施している機体工場見学。ANA(全日本空輸…

  3. DSC_6125

    シンガポール航空、期間限定でシンガポールへ諸経費込みで往復4万円…

    シンガポール航空は、創立70周年を記念した期間限定運賃を2017年5月15日~6月30日までの期間に…

  4. DSC_7649

    JAL、成田~シアトル線を就航。阿部寛さんも出席した就航セレモニ…

    JALは、2019年3月31日より成田~シアトル線を開設した。初便出発前に第2ターミナル62番ゲート…

  5. DSC_1152

    ANA、3月25日より福岡~石垣線の通年運航をスタート。石垣空港…

    ANA(全日本空輸)は、2018年3月25日よりこれまでは夏季期間のみ運航されていた福岡~石垣線の通…

  6. 表紙

    【フォトレポート】ルフトハンザ、エアバスA350を羽田~ミュンヘ…

    ルフトハンザドイツ航空は、2017年12月2日から羽田~ミュンヘン線において、エアバスA350-90…

  7. DSC_2897

    【速報】ANA、エアバスA380「FLYING HONU」の2号…

    ANAが成田~ホノルル線に投入するエアバスA380型機の2号機が、エアバス社のあるフランス・トゥール…

  8. DSC_0424

    羽田空港制限区域内で自動運転バスの実証実験をANAやSBドライブ…

    2019年1月22日、羽田空港においてANA、ソフトバンクグループのSBドライブを中心に、愛知製鋼、…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_4271
  2. 羽田空港国際線ターミナル出発口
  3. DSC_3389
  4. DSC_3151
  5. DSC_0468-2
PAGE TOP