menu

ANAホールディングス、平成30年3月期の第3四半期決算を発表。国内線・国際線共にビジネス需要が堅調に推移し、搭乗率もアップ

ANAホールディングスは、2018年2月1日に平成30年3月期の第3四半期連結業績を発表した。グループ連結の売上高は1兆4908億円(前年同期比11.9%増加)、営業利益は1659億円(前年同期比27.4%増)、経営利益は1638億円(前年同期比31.9%増)、親会社株主に帰属する四半期中利益は当期からピーチが連結子会社としたことによる特別利益等を計上した結果、1529億円(前年同期比76.7%増)となった。

ANA国内線が出発する羽田空港第2ターミナル

ANA国内線が出発する羽田空港第2ターミナル

国際線では、日本発のビジネス需要と旺盛な訪日需要に支えられて、旅客数・収入ともに前年同期を上回った。旅客数は前年比7.2%増の723万人となった。旅客収入は前年比15.2%増の4474億円となった。利用率は前年同期差0.5%増の76.1%となった。

国内線では、10月の台風の影響を受けたが、需要に応じた各種割引運賃を設定したことに加えて、ビジネス需要が堅調に推移したことで、旅客数は前年比3.5%増の3379万人、旅客収入は前年比2.4%増の5326億円となった。利用率は前年同期差3.4%増の69.1%となった。

グループのLCCの第3四半期における輸送実績として、バニラエアは旅客数は前年比31.8%増の201万9000人で、利用率は前年同期差0.1%増の85.6%となった。ピーチは旅客数は377万1000人で、利用率は86.5%となった(当期から連結子会社になったことから前年の公表した数字はなし)。

関連URL:
ANAホールディングス
平成30年3月期 第3四半期決算について(プレスリリースより)
ANA
バニラエア
ピーチ

(鳥海高太朗)

決算会見JAL、平成30年3月期の第3四半期決算を発表。メルボルン線は8割超え、コナ線とロンドン線深夜便は約7割の搭乗率で推移

IMG_4807ANAグループの2018-2022年度中期経営戦略を発表。2020年を目処にグループLCCでの中距離国際線路線への進出を目指す

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. 成田空港第1ターミナル南ウイング

    【速報】ANA、成田~ウラジオストク線を2020年3月に就航する…

    ANAは、新規路線として成田空港からロシアのウラジオストクへの路線を2020年3月に開設することを発…

  2. ビーフシチューとオムライス

    ANA、機内食総選挙投票結果発表。「牛すきやき丼」「ビーフシチュ…

    ANA(全日本空輸)は、2017年12月から国際線エコノミークラスの羽田・成田・関西・中部発便で提供…

  3. DSC_1109

    ANA、成田~ロサンゼルス線を増便。東京~ロサンゼルス間が1日3…

    ANA(全日本空輸)は、2017年10月29日(日)からの冬ダイヤより、現在1日1往復で運航されてい…

  4. dsc_4888

    JAL、国内線にも「ドラえもん」特別塗装機が就航

    日本航空(JAL)は、2016年12月30日より国際線に続き、国内線でも人気キャラクターのドラえもん…

  5. 表紙

    ANA、平昌オリンピックに出場するANA社員2名の激励会を開催

    ANA(全日本空輸)は、2018年1月12日に東京・汐留のANA本社で2月9日から韓国の平昌(ピョン…

  6. IMG_4945

    JAL、民泊サービスの「百戦錬磨」への資本参加及び包括的業務提携…

    JAL(日本航空)は、2018年2月8日に民泊サービスを行っている株式会社百戦錬磨(本社:宮城県仙台…

  7. 特設のメッセージボードと紅吉野桜

    羽田空港で働くANAグループスタッフが「さくらのメッセージカード…

    羽田空港では、ANA(全日本空輸)の国内線が出発する第2ターミナルの出発フロア(保安検査場AとBの中…

  8. DSC_9878

    【フォトレポート】ANA、ハワイへ飛ぶエアバスA380型機の機内…

    ANAは、2019年5月24日より成田~ホノルル線に就航するエアバスA380型機を成田空港内でメディ…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_1554
  2. 2020-08-03 16.31.04
  3. DSC_0852
  4. DSC_0808
  5. ANAのボーイング777-300ER型機
PAGE TOP