menu

春秋航空日本がブランド名を「スプリング」に統一。4月25日より成田~寧波線を就航

国内LCCの春秋航空日本(スプリングジャパン)は、2019年4月10日に東京都内で記者会見を開催し、ブランド名を「スプリング」にすることを発表した。また同時に成田からの新たな国際線路線として中国の浙江省(上海の南)にある寧波への路線に就航することを発表した。

ロゴも含めてブランドを刷新

ロゴなども新しくすると共に、機体デザインやキャッチコピー、ホームページ、成田空港のカウンター、機内誌などにおいてブランド刷新する。

スプリングは8路線体制に

スプリングは、国内線では成田~広島(1日2往復)、成田~佐賀(1日1往復)、成田~新千歳(1日2往復)の3路線、国際線では成田~武漢(週3往復)、成田~重慶(週4往復)、成田~天津(1日1往復)、成田~ハルビン(1日1往復)を運航しており、成田~寧波線の就航で国内線3路線・国際線5路線となる。

成田~寧波線は4月25日より週4往復

成田~寧波線は、4月25日より週4往復で就航し、成田発朝8時30分発で寧波には10時50分に到着。折り返し便は寧波を11時50分に出発して成田に15時50分に到着する。成田国際空港会社は、今年4月より、国際線では朝6時~8時59分、国内線では朝6時~7時59分発までの新規就航便においては、成田空港に就航していない空港に就航する場合には3年間、着陸料を免除する。毎日運航の場合で、スプリングが運航するボーイング737-800型機では合計1億5000万円の着陸料が免除される計算となる。

日本発着国際線の搭乗率は9割、国内線は7割程度となっている。現在6機のボーイング737-800型機を保有しており、実際の稼働は5機となっているが、成田~寧波線の就航によって6機全てを稼働することになる。

関連URL:
スプリング

(鳥海高太朗)

DSC_8663【フォトレポート】ANA、国内航空会社初導入となるボーイング787-10をお披露目

DSC_8917ZIPAIR、機体デザインと制服デザインをお披露目(動画あり)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. DSC_3691-2

    JALの国際線中距離LCCは「ZIPAIR」。まずは成田からバン…

    2019年3月8日、JAL(日本航空)が出資する成田空港を拠点とした新たな国際線中長距離LCC(ロー…

  2. タイガーエア台湾

    【500字コラム】台湾のLCCであるタイガーエア台湾、3月末に茨…

    羽田空港、成田空港、そして茨城空港の首都圏3空港全てに乗り入れる航空会社が誕生する。2018年3月2…

  3. 今期の決算から連結子会社となったピーチ・アビエーション

    ピーチ、累計搭乗者2000万人突破で片道2000円の「2,000…

    ピーチは、2017年8月20日に累計搭乗数2000万人を突破した。2012年3月1日に就航してから約…

  4. 都心空港ターミナル利用開始を伝えるティーウェイ航空のHP

    ティーウェイ航空 ソウル駅チェックイン可能に

    ソウル・仁川国際空港からの出発便においてソウル駅で事前に搭乗手続きができる「都心空港ターミナル」。2…

  5. ジェットスター・ジャパンの機体

    ジェットスター・ジャパン、国際線片道1165円の「ラーメン餃子価…

    ジェットスター・ジャパンは、国際線9路線で片道1165円(支払手数料・空港使用料などの諸経費は含まず…

  6. 奄美大島発関西行きJW874便の初便の機体は真新しい12号機(JA12VA)

    バニラエア、関西~奄美大島線就航 初便搭乗レポート

    2017年3月26日、バニラエアが関西~奄美大島線に新規就航した。奄美出身者が多く住む関西路線は里帰…

  7. DSC_9590

    ピーチ、3月1日就航の新潟→関西線初便レポート。機内で新潟県魚沼…

    2018年3月1日、ピーチの新路線として新潟~関西線が就航した。毎日1往復で運航となる。今回、関西空…

  8. ピーチのA320型機

    ピーチ、2017年夏ダイヤより成田~新千歳・那覇線を運休

    ピーチは、2017年3月26日からの夏ダイヤで成田~新千歳、成田~那覇線の2路線を運休することを発表…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_4182-2
  2. DSC00128
  3. DSC_2207
  4. DSC_1554
  5. 2020-08-03 16.31.04
PAGE TOP