menu

春秋航空日本がブランド名を「スプリング」に統一。4月25日より成田~寧波線を就航

国内LCCの春秋航空日本(スプリングジャパン)は、2019年4月10日に東京都内で記者会見を開催し、ブランド名を「スプリング」にすることを発表した。また同時に成田からの新たな国際線路線として中国の浙江省(上海の南)にある寧波への路線に就航することを発表した。

ロゴも含めてブランドを刷新

ロゴなども新しくすると共に、機体デザインやキャッチコピー、ホームページ、成田空港のカウンター、機内誌などにおいてブランド刷新する。

スプリングは8路線体制に

スプリングは、国内線では成田~広島(1日2往復)、成田~佐賀(1日1往復)、成田~新千歳(1日2往復)の3路線、国際線では成田~武漢(週3往復)、成田~重慶(週4往復)、成田~天津(1日1往復)、成田~ハルビン(1日1往復)を運航しており、成田~寧波線の就航で国内線3路線・国際線5路線となる。

成田~寧波線は4月25日より週4往復

成田~寧波線は、4月25日より週4往復で就航し、成田発朝8時30分発で寧波には10時50分に到着。折り返し便は寧波を11時50分に出発して成田に15時50分に到着する。成田国際空港会社は、今年4月より、国際線では朝6時~8時59分、国内線では朝6時~7時59分発までの新規就航便においては、成田空港に就航していない空港に就航する場合には3年間、着陸料を免除する。毎日運航の場合で、スプリングが運航するボーイング737-800型機では合計1億5000万円の着陸料が免除される計算となる。

日本発着国際線の搭乗率は9割、国内線は7割程度となっている。現在6機のボーイング737-800型機を保有しており、実際の稼働は5機となっているが、成田~寧波線の就航によって6機全てを稼働することになる。

関連URL:
スプリング

(鳥海高太朗)

DSC_8663【フォトレポート】ANA、国内航空会社初導入となるボーイング787-10をお披露目

DSC_8917ZIPAIR、機体デザインと制服デザインをお披露目(動画あり)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. ピーチ会見

    【速報】ピーチとバニラエアが2019年度末を目処にピーチを基盤に…

    ANAホールディングスは、2018年3月22日に東京都内でグループLCCであるピーチとバニラエアの両…

  2. A320_sharklet

    ジェットスター・パシフィック航空、9月に関西~ハノイ・ダナン線就…

    ベトナムを拠点に運航するジェットスターグループのジェットスター航空が2017年9月1日から関西~ハノ…

  3. P1690163

    バニラエア、新たなブランディング方針「Creating New …

    バニラエアは、2017年5月24日に成田空港内で新たなブランディング方針を発表した。新しいブランディ…

  4. インドネシア・エアアジアX

    【速報】インドネシア・エアアジアX、5月2日から成田~ジャカルタ…

    エアアジアグループのインドネシア・エアアジアXは、日本国内とインドネシアを結ぶ路線としては成田~バリ…

  5. IMG_6234

    今週末は国内線LCCが3路線(成田~関西・函館、沖縄~バンコク)…

    今週末は国内LCC(格安航空会社)が新路線を相次いで就航する。バニラエアは2017年2月18日(土)…

  6. バニラエア

    成田空港発着、LCC国内線の全13路線一覧(2017年4月現在)…

    2017年4月現在の成田空港発着のLCC(格安航空会社)国内全路線をまとめてみた。この1年間での変更…

  7. バニラエアのポイントプログラム「バニラエア ポイント」を発表

    バニラエアがポイントプログラム「バニラエア ポイント」を導入。全…

    バニラエアは、国内LCC初の搭乗ポイントプログラム「バニラエア ポイント」を2017年9月1日に導入…

  8. エアベルリン

    【編集長コラム】エアベルリンが破産手続きを申請、運航は継続へ。一…

    ドイツのLCC(格安航空会社)であるエアベルリンが破産手続きを申請したというニュース報道が流れた。エ…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. 4種類の味が楽しめるフィナンシェ
  2. DSC_1579
  3. DSC_0133
PAGE TOP