menu

ANA、国内初導入のエアバスA321neoが羽田に到着し、機内を公開

ANA(全日本空輸)は、2017年9月8日に国内の航空会社で初めてとなるエアバスA321neo(neoとはnew engine option)が羽田空港に到着した。

ドイツ・ハンブルクからロシアを経由して到着したA321neoのパイロットが横断幕を持って記念撮影

ドイツ・ハンブルクからロシアを経由して到着したA321neoのパイロットが横断幕を持って記念撮影

9月中旬より羽田発着の国内線に投入予定

9月8日の15時16分にANAのA321neoがドイツ・ハンブルクのエアバス社に羽田空港に着陸した。現在世界で4社が運航しており、ANAが5社目の導入となる。9月中旬より国内線の羽田発着路線に投入される。

羽田空港に着陸するA321neo

羽田空港に着陸するA321neo

A320ファミリーで最大の大きさを誇るA321neo

A321neoは、エアバス社のA320ファミリー(A318、A319、A320、A321)の1つとなっているが、A321neoはA320ファミリーの最大機種となっている。また、エアバス社によると、neoシリーズは「シャークレット」と呼ばれる大型のウイングチップと新型の燃費効率に優れたエンジンを装備することで、従来機の同型(A321neoの場合はA321ceo)と比べて燃費効率が約15%向上しているのが特徴となっている。A321neoは、2010年12月にローンチし、現在45社以上から1400機以上の受注を獲得しているとのことである。

着陸後にオープンスポットへ向かう

着陸後にオープンスポットへ向かう

正面からみるA321neo

正面からみるA321neo

オープンスポットにスポットイン

オープンスポットにスポットイン

194席仕様は国内線で使い勝手のよい座席数

ANAでは、A321neoを国内線で導入するが、機内はプレミアムクラス8席、普通席186席の合計194席仕様とした。ANA国内線のボーイング767-300型機が270席(プレミアムクラス10席を含む)、ボーイング737-800型機が167席もしくは166席(プレミアムクラス8席を含む)となっており、その中間の座席数になる。使い勝手のよい座席数になっている。

プレミアムクラスは電動リクライニング

羽田空港に空輸されたA321neoは、到着後に機内をメディア関係者に公開した。

プレミアムクラスには、電動リクライニングシートを採用した。2-2の配列で前方2列の合計8席となっているが、12インチのタッチスクリーン型パーソナルモニターを完備しているが、画面右端にUSBポートが備え付けられていた。また、PC電源も使うことができるようになっている。

最前方2列がプレミアムクラス

最前方2列(8席)が上級クラス「プレミアムクラス」

「プレミアムクラス」には、電動リクライニングを導入した

「プレミアムクラス」には、電動リクライニングを導入した

シートピッチは50インチと国際線ビジネスクラス並みを誇る

シートピッチは50インチと国際線ビジネスクラス並みを誇る

「プレミアムクラス」のシートテレビ右端にUSBポートを完備

「プレミアムクラス」のシートテレビ右端にUSBポートを完備

普通席にも全席シートモニターを完備

特に大きく変わったのは普通席で、国内線仕様機としてはANA初の全席にタッチパネル式パーソナルモニター(10インチ)を搭載し、約60タイトルのビデオコンテンツが楽しめるほか、普通席でもPC電源とUSB充電ポートを利用することができる。

普通席は3-3の座席配列で186席の設定となっている

普通席は3-3の座席配列で186席の設定となっている

最新薄型軽量シートで30~31インチのシートピッチを確保

最新薄型軽量シートで30~31インチのシートピッチを確保

10インチのシートテレビを普通席にも導入

10インチのシートテレビを普通席にも導入。USBポートも完備

音量調節や読書灯などもシートテレビ下に操作ボタンがある

音量調節や読書灯などもシートテレビ下に操作ボタンがある

機内最後方から見る普通席

機内最後方から見る普通席

機内インターネット「ANA Wi-Fiサービス」も使える

また、機内インターネットサービス「ANA Wi-Fiサービス」も装備しており、インターネットにも接続することが可能となっている。ANAは、羽田発着の国内線を中心に搭載される予定のエアバスA321neoを今後21機導入する予定となっている。

A321neoのコックピット

A321neoのコックピット

関連URL:ANA

(鳥海高太朗)

編集長's eye BIRD SEAビュー
ドイツから飛んできた真新しい飛行機の中で私も撮影をさせていただいたが、国内線仕様にも関わらず全席にシートテレビを搭載したのは驚いた。10インチで非常に大きく、この便になればビデオプログラムを約60タイトル、そしてリアルタイムでニューやスポーツ中継などが楽しめる「ANA SKY LIVE TV」もシートテレビで楽しめるので、機内で退屈することはないだろう。

最近ではWi-Fiを充実させることで利用者自身のスマートフォンやタブレットで専用コンテンツにアクセスする動きが強いが、今後ANA国内線の機内エンターテインメントの方向性に注目していきたい。
編集長 鳥海高太朗

JAL国際線ボーイング777-300ER型機【編集長コラム】 JAL羽田発ニューヨーク行き、エンジン不具合後の旅客対応は早かった

IMG_2912ソラシドエア、週末に羽田空港で「ソラシドマルシェin羽田空港」を開催

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. DSC_5041

    ANA、各地の魅力を発見して国内外へ発信する「Tastes of…

    ANAグループは、2013年9月から2017年11月まで、3ヶ月毎に3つの都道府県単位で地域の魅力を…

  2. ボーイング787-8型機

    ANA、10月27日より成田~チェンナイ線を週3往復で新規就航。…

    ANAは、新規就航することを表明していた成田~チェンナイ線の就航日を2019年10月27日とし、ボー…

  3. DSC_9135

    【フォトレポート】ANA、羽田空港で七夕イベントを開催中

    ANAは、七夕となる2019年7月7日に羽田空港第2ターミナルの2階チェックインカウンターに笹がお目…

  4. DSC_1264

    ユナイテッド航空、新ビジネスクラス「ユナイテッド・ポラリス」シー…

    ユナイテッド航空は、2017年6月15日から成田~サンフランシスコ線に導入する新型機ボーイング777…

  5. 777-300ER_Fclass

    ANA、JALの国際線ファーストクラス設定便一覧。最短路線はAN…

    2017年の夏ダイヤが3月26日(日)からスタートする。そこで今回、ANA(全日本空輸)、JAL(日…

  6. DSC_7620

    【速報】JAL、国内航空会社では初導入のエアバスA350型機が羽…

    JALは、国内の航空会社としては初導入となるエアバスA350-900型機が2019年6月14日の午前…

  7. dsc_1423

    年末年始、国内線のピークは出発は29日、Uターンは3日がピーク

    国内各航空会社は、12月16日に2016年12月22日(木)~2017年1月3日(火)の年末年始期間…

  8. ホノルル空港に駐機するボーイング787-9型機

    ANA、羽田~バンコク線が6月から1日3往復に増便。クアラルンプ…

    ANA(全日本空輸)は、2018年度のANAグループ航空輸送事業計画を策定し、2018年1月18日に…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_4182-2
  2. DSC00128
  3. DSC_2207
  4. DSC_1554
  5. 2020-08-03 16.31.04
PAGE TOP