menu

スターフライヤー、新しい機内安全ビデオ「I am STARFLYER MAN」をお披露目

スターフライヤーは、2017年12月11日に本社のある北九州空港の格納庫(SFJメンテナンスセンター)にて、メディア向けに新しい機内安全ビデオの先行上映が行われた。新しい機内安全ビデオ「I am STARFLYER MAN」。空の守護神となったスターフライヤーの機体を擬人化した「スターフライヤーマン」が安全な空の旅を12月17日(日)から機内で紹介する。

スターフライヤーのエアバスA320型機

スターフライヤーのエアバスA320型機

今回の機内安全ビデオのお披露目は格納庫に駐機されている機体の中で行われた

今回の機内安全ビデオのお披露目は格納庫に駐機されている機体の中で行われた

今回で4代目の機内安全ビデオ

これまでも「スターフライヤー忍者」や「STARFLYER JAZZ Lounge」など他社にないユニークな機内安全ビデオが注目を集めていたが、今回は新しいキャラクター「スターフライヤーマン」が登場した。初代の機内安全ビデオ(2006年3月~通常の機内安全ビデオ)、2代目「スターフライヤー忍者」(2011年1月~)、3代目「STARFLYER JAZZ Lounge」(2014年9月~)についで4代目となる。今回の「I am STARFLYER MAN」の放映時間は4分7秒となっている(前作は4分2秒)。

スターフライヤーマンは、スターフライヤーの機体と同じアルミニウム合金のボディが漆黒に輝いている。機内安全ビデオの見所は、スターフライヤーマンが機内の安全について、クールにポーズを決めながら説明すると共に、声にも特徴があり、体には似合わず、全てを包み込むような優しい男性の落ち着いた声で紹介している。

DSC_3882 DSC_3893 DSC_3905 DSC_3911 DSC_3923 DSC_3934 DSC_3936 DSC_3959

スターフライヤーマン以外は社員が出演

スターフライヤーマン以外の出演者は、お客様役を含めて全て社員が出演している。お子様も社員のお子様が出演しているなど、社員全員で作った作品となっている。コンセプト作りから時間をかけて作ったそうだ。

スターフライヤーの松石禎己社長は、機内ビデオを見た感想として「観れば観るほど味があるビデオになったと思う。スターフライヤーマンは、マスコミやお客様の反応を見て今後の展開も考えていきたい」と感想を述べた。

機内で挨拶するスターフライヤーの松石禎己社長

機内で挨拶するスターフライヤーの松石禎己社長

スターフライヤーの松石社長をはじめ、ビデオ制作及び同ビデオに出演の社員などによる記念撮影

スターフライヤーの松石社長をはじめ、ビデオ制作及び同ビデオに出演の社員などによる記念撮影

スターフライヤー松石社長とビデオを制作したWOW社の藏本優さんと金原朋哉さん、スターフライヤーのCAによる記念撮影

スターフライヤー松石社長とビデオを制作したWOW社の藏本優さんと金原朋哉さん、スターフライヤーのCAによる記念撮影

来年は国際線にも就航するスターフライヤー

来年には、北九州・福岡・中部の3空港から台北への路線を計画しているが、今後、スターフライヤーマンのコンテンツやグッズの展開を予定している。12月17日よりオリジナルサイトの開設、機内にスターフライヤーマンのプロフィールのリーフレットなどを掲載する予定となっている。スターフライヤーでは、知名度アップも含めて新しいファンの開拓に繋げたいとしている。

スターフライヤーではYouTubeでの公開も開始した。

■「スターフライヤーマン」コンセプト(スターフライヤー発表資料より)

夜空に輝く Mother Comet(※)の不思議な力とスターフライヤーのホスピタリティが融合したとき、漆黒の機体に命が宿り、「スターフライヤーマン」が誕生した。スターフライヤーの「安全は何よりも優先すべき絶対的なもの」という信念を強く受け継ぎ、エアバス A320-200 が翔る空または北九州空港の格納庫から、お客様の安全と快適な空の旅を見守る空の守護神。

※スターフライヤーブランドコンセプト”Mother Comet(母なる彗星)~blazethrough the world~”

関連URL:スターフライヤー
(鳥海高太朗)

表紙【フォトレポート】ルフトハンザ、エアバスA350を羽田~ミュンヘン線に投入

今期の決算から連結子会社となったピーチ・アビエーションピーチ、2018年8月より関西~釧路線を1日1往復で就航。2018年度には道内路線も

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. DSC_8140

    ソラシドエア、2月22日~28日まで羽田発の特定便で、くじ付きの…

    羽田から九州各地への路線を運航するソラシドエアは、2018年2月22日から就航15周年記念企画「わく…

  2. DSC_0191

    スターフライヤー、10月末就航の国際線に対応した新造機を北九州空…

    スターフライヤーは、2018年10月28日より北九州~台北、福岡~台北、中部~台北の3路線就航に合わ…

  3. スタジオセッション-083

    ソラシドエアが8月から機内でビール販売を開始

    ソラシドエアは、2017年8月1日より機内でのビール販売を開始した。ソラシドエアの全便で沖縄の人気ド…

  4. スカイマーク1

    スカイマーク、3月25日より割引運賃を新運賃「たす得」と従来設定…

    割引運賃は「たす得」と「いま得」の2種類に新運賃「たす得」は、搭乗日前日まで予約・購入可能な割引…

  5. 那覇空港

    GW、夏休みを含む3月25日~10月27日搭乗分の国内線事前購入…

    国内線を運航するANA(全日本空輸)、JAL(日本航空)、スカイマーク、AIRDO、ソラシドエア、ス…

  6. DSC_3827

    スターフライヤー、夏季限定運航の北九州~那覇線初便レポート

    スターフライヤーは、2017年7月4日に北九州~那覇線を夏季限定で就航した。スターフライヤーの便が沖…

  7. DSC_2066

    AIRDO、羽田空港のチェックインカウンターをリニューアル

    北海道の翼であるAIRDOは、2017年6月23日に羽田空港第2ターミナルのチェックインカウンターを…

  8. スカイマーク1

    【速報】年内にスカイマークが成田~サイパン線を週7往復、成田~中…

    スカイマークは、2019年中に成田~サイパン、成田~中部の2路線に新たに就航することを決定したことを…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_1554
  2. 2020-08-03 16.31.04
  3. DSC_0852
  4. DSC_0808
  5. ANAのボーイング777-300ER型機
PAGE TOP