menu

LCC初のハワイ直行便、エアアジアX関西~ホノルル線が就航

2017年6月28日、エアアジアグループの中・長距離路線を運航するLCC・エアアジアXが関西~ホノルル線に新規就航した。LCC初の日本~ハワイ線の直行便で、初便は9割近い乗客で賑わった。関西空港で行われた就航記念式典の様子をお届けする。

LCC初の日本~ハワイ線就航 関西空港で就航記念式典を開催

エアアジアXの関西~ホノルル線の就航記念式典

エアアジアXの関西~ホノルル線の就航記念式典

2017年6月28日、エアアジアXの関西~ホノルル線が就航した。LCC初の日本~ハワイ直行便で、週4往復運航される。

■エアアジアX、関西~ホノルル線運航スケジュール
D7 001便 関西23:25発 ホノルル12:30着
D7 002便 ホノルル16:00発 関西20:25着(翌日)
(運航日:月・水・金・土)

関西空港では就航記念式典が開催され、エアアジアXグループの会長タン・スリ・ラフィーダ アジズ氏、エアアジアXCEO ベンジャミン・イスマイル氏、関西エアポート株式会社専務執行役員 グレゴリー・ジャメ氏らがテープカットを行った。

エアアジアXCEO「これから何度もエアアジアXのフライトの利用を」

エアアジアXのCEOベンジャミン・イスマイル氏

エアアジアXのCEOベンジャミン・イスマイル氏

式典でエアアジアXのCEOベンジャミン・イスマイル氏は次のように述べ、エアアジアX初のホノルル線の実現への感謝と期待を示した。

ベンジャミンCEO:きょうは皆さまお越しいただきましてありがとうございます。みなさんこんばんは。
きょうは関西~ホノルル線の新規直行便就航という機会にお越しいただきまして、本当にありがとうございます。

ベンジャミンCEO:また、関西空港の方々にはこれを(路線開設を)可能にするために一生懸命にご努力いただきまして、本当にありがとうございます。素晴らしい出発時間・タイミングをご用意いただきました。

ベンジャミンCEO:また、乗客の方々にもお礼を申し上げたいと思います。これから何度もエアアジアXのフライトをご利用いただけますことを期待しております。ありがとうございます。

エアアジアXの関西~ホノルルD7 001便の初便の搭乗ゲートでは、エアアジアグループの会長みずからが乗客に記念品を手渡していた。

エアアジアXグループの会長タン・スリ・ラフィーダ アジズ氏 自らが初便搭乗の記念品を渡す

エアアジアXグループの会長タン・スリ・ラフィーダ アジズ氏 自らが初便搭乗の記念品を渡す

ホノルル行きの便名はエアアジアX(D7)1便。便名からも力を入れていることがわかる

ホノルル行きの便名はエアアジアX(D7)1便。便名からも力を入れていることがわかる

初便の搭乗記念品はエアアジアXのトートバッグ、エアアジアを紹介する冊子、ハワイのガイドブック、エアアジアXのホノルル線のオリジナルネームタグ、ハワイ州観光局キャラクターの「Shakaちゃん」のぬいぐるみなどが配布された。

ホノルル行きの初便の乗客に配布された記念品

ホノルル行きの初便の乗客に配布された記念品

 

搭乗率は約89.1% 幸先の良いスタートに

エアアジアの社員らが初便の出発を見送る

エアアジアの社員らが初便の出発を見送る

エアアジアXの関西~ホノルル線の初便D7 001便は23:25にドアクローズ、23:28にプッシュバックした。関西空港を離れる機体に対し、エアアジアの社員らがオリジナルの横断幕で見送るサプライズもあった。

ホノルル行きの初便に実際に搭乗した乗客は計336名(ほか幼児1名)。エアアジアXが運航するエアバスA330-300型機の定員377名における搭乗率は約89.1%で、平日にもかかわらず高い数字となり幸先の良いスタートとなった。

式典の後、エアアジアXのベンジャミンCEOは報道陣の取材に対し、関西~ホノルル線の予約が好調であることから、今後のデイリー化や関西空港をハブにしたアメリカ西海岸への路線開設への意欲を示している。これからのエアアジアグループの動きにも注目していきたい。

初便に乗務するエアアジアXのフライトアテンダント

初便に乗務するエアアジアXのフライトアテンダント

関連URL:エアアジア
(五十嵐 貴文)

編集長's eye BIRD SEAビュー
いよいよ日本からアメリカへの初めてのLCCが乗り入れた。エアアジアXのベンジャミンCEOは囲み取材の中で、日本からのアメリカ路線は関西空港をハブ空港として路線を展開していきたいと話した。羽田・成田からのアメリカ路線は、自由に路線を開設できるオープンスカイの適用外になっていることから就航が難しいということもあり、関西空港を拠点にしたいと考えているようだ。

安い運賃を求める利用者が多く、フルサービスキャリアの就航が少ない関西空港からの北米線は一定の需要はあることから、今回スタートから好調の関西~ホノルル線は高い搭乗率が維持されることだろう。ただ、現状では夏休み期間中などは往復8万円以上、日によっては往復15万円を超える日もあり、LCCらしい運賃でない日もあるが、選択肢が増えることは喜ばしいことであると思う。次にエアアジアXがアメリカのどこに飛ぶことになるのか、注目していきたいと思う。
編集長 鳥海高太朗

DSC_1109ANA、成田~ロサンゼルス線を増便。東京~ロサンゼルス間が1日3便体制に

セール値段エアアジアX、関西~ホノルル線の就航記念特別セールが発売開始

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. ピーチは現在、成田からの路線は関西と福岡の2路線になっている。発着は第1ターミナル南ウイングとなっている。

    ピーチ、来年2月沖縄~バンコク線就航へ 那覇乗り継ぎの需要は

    ピーチは、2017年2月19日より沖縄(那覇)~バンコク(スワンナプーム)線に新規就航する。国内LC…

  2. DSC_5476

    ベトジェットが日本初就航、11月8日に関西~ハノイ線を就航

    ベトナムの航空会社であるベトジェットは、関西とハノイを結ぶ路線を2018年11月8日より就航すること…

  3. 成田空港第3ターミナル

    国内LCCの機内持ち込み可能な手荷物の重量と支払手数料を5社で比…

    2017年10月29日にエアアジア・ジャパンが就航して国内線を運航するLCCは5社となった。また、同…

  4. DSC_9908

    スクート、12月19日から関西からハワイへ就航。就航記念運賃は諸…

    シンガポール航空が出資しているLCCのスクートは、2017年12月19日より関西~ホノルル線に就航す…

  5. DSC_3691-2

    JALの国際線中距離LCCは「ZIPAIR」。まずは成田からバン…

    2019年3月8日、JAL(日本航空)が出資する成田空港を拠点とした新たな国際線中長距離LCC(ロー…

  6. タイガーエア台湾

    【500字コラム】台湾のLCCであるタイガーエア台湾、3月末に茨…

    羽田空港、成田空港、そして茨城空港の首都圏3空港全てに乗り入れる航空会社が誕生する。2018年3月2…

  7. バニラエアのエアバスA320

    バニラエア、福岡~台北線に就航へ。福岡空港国際線に日系航空会社が…

    ANAグループのLCCであるバニラエアは、新路線として福岡~台北(桃園)線を2018年サマースケジュ…

  8. ピーチのA320型機

    ピーチ、2017年夏ダイヤより成田~新千歳・那覇線を運休

    ピーチは、2017年3月26日からの夏ダイヤで成田~新千歳、成田~那覇線の2路線を運休することを発表…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_1554
  2. 2020-08-03 16.31.04
  3. DSC_0852
  4. DSC_0808
  5. ANAのボーイング777-300ER型機
PAGE TOP