menu

ANA、2017年元旦「初日の出フライト」レポート

2017年元旦に羽田空港から運航されたANA「初日の出フライト」。出発から機内の様子についてレポートする。

朝4時過ぎに「初日の出フライト」のチケットを持った参加者が続々と羽田空港のチェックインカウンターで搭乗手続きを行った後、搭乗ゲートとなった58番ゲート前では、特設のお正月の飾りが施されたパネルが用意され、搭乗される乗客は振り袖姿のグランドスタッフとの記念撮影を楽しんだ。ANAの篠辺修社長も乗客を前に「今日は天候も良好と聞いており、富士山の向こうに太陽が見えると信じております。私どもは今年65年目に入ります。ここまで沢山のお客様に乗っていただいたお陰であり改めて感謝申し上げます。どうぞ初日の出フライトをお楽しみください」と年始の挨拶を行った。

お正月飾りが施された特設パネル前に立つ振り袖姿のグランドスタッフ

お正月飾りが施された特設パネル前に立つ振り袖姿のグランドスタッフ

乗客を見送るANA篠辺修社長

乗客を見送るANA篠辺修社長

今回の「初日の出フライト」は、国際線仕様のボーイング777-200型機(JA716A)が使用され、午前5時40分に出発し、日の出鑑賞スポットとなる長野県上伊那郡周辺の高度約1万3000フィート(約4000メートル)へ向けて5時51分に離陸した。

今回の「初日の出フライト」飛行ルート

今回の「初日の出フライト」飛行ルート

シートベルトサイン消灯後、ご来光までの時間は機内食としておせちが提供されたほか、ソフトドリンクに加えて、ビールや日本酒などのアルコール類も提供された。

機内で提供されたおせち料理

機内で提供されたおせち料理

メニュー

メニュー

乗務する客室乗務員は、ANA社内の客室乗務員コンテスト「OMOTENASHIコンテスト」の歴代ファイナリスト7名を含む10名で、生花「さくらひめ」をコサージュとして着用してお客様へのサービスを行った。

機内でのサービス光景

機内でのサービス光景

そして初日の出直前に機内の明かりを暗くして、6時50分頃に初富士のご来光を迎えた。今年は天気も良く、日の出の瞬間に眩しい光が機内を明るくなった(日の出写真は『ルーク・オザワ、「ANA初日の出フライト」Photoコレクション』をご覧ください)。搭乗された利用者は身を乗り出して飛行機の窓越しに初日の出を楽しんでいる姿が見られた。

ご来光直前の窓越しの富士山

ご来光直前の窓越しの富士山

富士山をバックにご来光

富士山をバックにご来光

初日の出を鑑賞した後は、コサージュを付けた客室乗務員がお年玉袋とメッセージカードを乗客に配布した

初日の出を鑑賞した後は、コサージュを付けた客室乗務員がお年玉袋とメッセージカードを乗客に配布した

初日の出を鑑賞した後、朝7時58分に羽田空港に着陸し、8時5分に出発時と同じ58番ゲートに到着した。到着時にもANA篠辺修社長がお客様をお見送りするなど、終始和やかな雰囲気でのフライトとなった。

初日の出フライトを終えて8時頃に羽田空港に戻ってきたボーイング777-200ER型機

初日の出フライトを終えて8時頃に羽田空港に戻ってきたボーイング777-200ER型機

グランドハンドリングスタッフがお出迎え

グランドハンドリングスタッフがお出迎え

搭乗されたお客様には、和菓子、八重山花織のブックカバー、オリジナルの升に入った日本酒、記念の搭乗証明書などがプレゼントされた

搭乗されたお客様には、和菓子、八重山花織のブックカバー、オリジナルの升に入った日本酒、記念の搭乗証明書などがプレゼントされた

到着時もANA篠辺社長が飛行機を降りて到着ロビーへ向かうお客様をお見送りした

到着時もANA篠辺社長が飛行機を降りて到着ロビーへ向かうお客様をお見送りした

関連記事:
【新春特別企画】ルーク・オザワ、「ANA初日の出フライト」Photoコレクション(2017年元旦)

編集長's eye BIRD SEAビュー
今年の初日の出フライトは、天候にも恵まれたこともあり、例年よりも低い高度から初日の出を拝めたという印象である。揺れも少なく、快適なフライトとなった。

今回で17回目を迎えたANAの初日の出フライト。約2時間半の遊覧フライトで窓側席利用の普通席で二人で9万円、プレミアムエコノミーのシート利用で二人で10万円という高額にも関わらず、毎年発売開始日に売り切れるという人気ぶりである。

年々、機内で提供される「おせち」も進化している。ANAのシェフがメニュー作りを担当しているのだが、特にこの数年は洗練された「おせち」が機内で提供されている。一品一品が丁寧に作られており、子持ち昆布や黒豆、鴨、蒲鉾、鰊の昆布巻きなどは高級おせちそのものの味である。

私は取材で飲めなかったが、日本酒も機内では提供されるなど、初日の出鑑賞以外にもお正月気分を存分に味わうフライトとなった。搭乗している人が満足した顔で到着ロビーへ向かう姿が印象的だった。

富士山をバックにした初日の出の写真は、私の隣に座っていた航空写真家ルーク・オザワさん撮影の渾身の作品をお楽しみください。https://hikotabi.jp/20170101/1109
編集長 鳥海高太朗

pr-vertigomoonbar-01【PR】天空で絶景美食 ヴァーティゴ&ムーンバー

pr-apsara-dinner-cruise-01【PR】船上の名レストラン アプサラ・ディナー・クルーズ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. ANA決算会見

    ANAホールディングス、平成30年3月期の第3四半期決算を発表。…

    ANAホールディングスは、2018年2月1日に平成30年3月期の第3四半期連結業績を発表した。グルー…

  2. 羽田空港国際線ターミナル

    10月29日からの冬スケジュールでの日系航空会社の新規就航・増便…

    2017年10月29日(日)から冬スケジュール(ウインターダイヤ)がスタートするが、日系航空会社の動…

  3. 表紙

    【フォトレポート】ルフトハンザ、エアバスA350を羽田~ミュンヘ…

    ルフトハンザドイツ航空は、2017年12月2日から羽田~ミュンヘン線において、エアバスA350-90…

  4. DSC_1202

    キャセイパシフィック航空、蜷川実花さんを起用した新キャンペーンで…

    香港のキャセイパシフィック航空は、2017年6月14日に写真家・映画監督の蜷川実花さんを起用した新し…

  5. 成田空港第2ターミナル

    2017年2月発券分より燃油サーチャージ復活

    ANA(全日本空輸)、JAL(日本航空)は、2017年2月1日(水)発券分より国際線における燃油サー…

  6. p1070096

    ANA、羽田空港の機体工場見学来場者が100万人を突破

    入場料無料で常に満員状態が続いている羽田空港の整備工場で実施している機体工場見学。ANA(全日本空輸…

  7. DSC_6472

    ANA、佐賀空港で国内初の貨物コンテナを運ぶトーイングトラクター…

    佐賀空港(九州佐賀国際空港)において、2019年3月26日に空港内では国内初となるトーイングトラクタ…

  8. IMG_0491

    【500字コラム】JAL新社長に赤坂祐二常務執行役員、3代続けて…

    JAL(日本航空)は、2018年1月24日午後に都内のJAL本社にて会見を行い、赤坂祐二常務執行役員…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_4182-2
  2. DSC00128
  3. DSC_2207
  4. DSC_1554
  5. 2020-08-03 16.31.04
PAGE TOP