menu

2017年2月発券分より燃油サーチャージ復活

ANA(全日本空輸)、JAL(日本航空)は、2017年2月1日(水)発券分より国際線における燃油サーチャージを徴収することを2016年12月19日に発表した。国内航空会社(ANA、JAL)においては、今年4月1日発券分より燃油価格の下落に伴い、燃油サーチャージの徴収を止めていたが燃油価格の高騰及び円安の影響もあり、10ヶ月ぶりに復活する。

具体的な徴収額については、以下となっている。

■2017年2月・3月発券分 ANA、JAL燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)主要路線 ※片道あたり
・日本~北米(ハワイを除く)、ヨーロッパ、オセアニア
3500円
・日本~ハワイ、インド、インドネシア
2000円
・日本~タイ、シンガポール、マレーシア、ミャンマー、カンボジア
1500円
・日本~ベトナム、フィリピン、グアム
1000円
・日本~中国、台湾
500円
・日本~韓国
200円

ニューヨークを含めた欧米路線の燃油サーチャージは来年2月・3月は7000円に設定される。

ニューヨークを含めた欧米路線の燃油サーチャージは来年2月・3月は7000円に設定される。

欧米路線で往復7000円の設定

欧米などの長距離路線では運賃+往復7000円が追加されることになる。日系航空会社の燃油サーチャージは、特典航空券利用時及び子供含めて全ての利用者が支払う必要がある。ただし燃油サーチャージは発券日(購入日)がベースとなることから、1月31日までに購入する場合には出発日が2月1日以降であっても燃油サーチャージは不要となる。

ハワイ・オアフ島で人気のビーチ「ラニカイビーチ」

ハワイ・オアフ島で人気のビーチ「ラニカイビーチ」。ハワイへは往復4000円の燃油サーチャージが来年2月以降は必要

4月以降も継続の可能性大

国内航空会社の燃油サーチャージは、直近2ヶ月の燃油市況価格(シンガポールケロシン市況)の平均価格を日本円に換算した額で決定する方式となっている。2017年2月・3月の燃油サーチャージ額は、2016年10月・11月の2ヶ月間の市況価格の平均で決定されたが、この2ヶ月間のシンガポールケロシン市況の平均は58.69米ドルで、為替レートが106円(ANA、JAL発表データより)換算で6221円となり、燃油サーチャージ徴収の基準となる6000円を上回ったことで再徴収となった。

2017年4月・5月発券分の燃油サーチャージは、今月と来月(1月)の市況価格で決定されるが引き続き、燃油価格が高騰し、更に円安が続いていることから引き続き徴収される可能性は高い。

関連URL:ANA JAL

編集長's eye BIRD SEAビュー
燃油サーチャージが今年4月にゼロになってから10ヶ月ぶりの復活となる。車のガソリンも12月に入ってから市況価格が上がったことで、1リッターあたり20円近くも上がっている状況になっているが、飛行機で使われるジェット燃料も同水準で上がっている。

航空会社の燃油サーチャージは、チケットを購入した日(発券日)が基準となることから、1月中に春休み、ゴールデンウイーク、夏休みの航空券を予約・購入すれば燃油サーチャージの支払いの必要はないことから早めに計画を立てることでお得に旅行にできることから、早めに計画を立ててみてはいかがだろうか。
編集長 鳥海高太朗

日本初の「クラウドSIMテクノロジー」を活用した海外レンタルルーターの「jetfi」クラウドSIMの時代 海外モバイルの新しい選択肢 jetfi

img_3572ニュージーランド航空、来年7月より羽田~オークランド線就航を発表

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. DSC_7740

    4月からANA国内線「プレミアムクラス」の当日アップグレードルー…

    ANA(全日本空輸)の国内線「プレミアムクラス」の当日アップグレードにおけるルールが2018年4月1…

  2. DSC_5446

    JAL、国際線当日アップグレードのプレミアムエコノミー追加料金を…

    JAL(日本航空)は、国際線のプレミアムエコノミー設定便において出発当日にプレミアムエコノミーに空席…

  3. a380-255-opt-2

    エミレーツ航空、成田~ドバイ線にエアバスA380を再導入でシャワ…

    UAEのドバイを拠点とするエミレーツ航空は、2017年3月26日より成田~ドバイ線に総2階建て飛行機…

  4. DSC_4182-2

    ANAのエアバスA380型機「FLYING HONU」が10月3…

    ANAのエアバスA380型機「FLYING HONU」が、2021年10月30日(土)に成田空港から…

  5. DSC_5883

    ANAウイングス、来年引退のボーイング737-500型機(スーパ…

    ANAグループのANAウイングスで運航しているボーイング737-500型機(愛称:スーパードルフィン…

  6. DSC_1765

    ANA、11月16日から国内線に投入されるパーソナルモニター搭載…

    ANAは、今年秋より順次、ボーイング777-200型機8機とボーイング787-8型機11機に新シート…

  7. 羽田空港国際線ターミナル出発口

    【速報】ANA、羽田発着国際線の2020年3月29日からの発着枠…

    ANAは、2020年3月29日からの羽田空港日中時間帯の発着枠拡大における新路線及び増便の運航スケジ…

  8. _1080884

    夜行便ネーミングでパリ1年間乗り放題が当たる

    エールフランス航空は、羽田空港からパリへの直行便を週10便で運航しているが、そのうち毎日運航のAF2…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. IMG_6238
  2. DSC_4182-2
  3. DSC00128
  4. DSC_2207
  5. DSC_1554
PAGE TOP