menu

ANA、エアバスA380型機の特別塗装機「FLYING HONU」を発表

ANA(全日本空輸)は、2019年春に東京~ホノルル線に就航する予定の総2階建て飛行機エアバスA380型機の特別塗装デザインと愛称「FLYING HONU」を2017年3月7日に発表した。

昨年秋に公募された世界中からの2197作品の中から「ウミガメの家族」をコンセプトに「ハワイの青い海でゆったりとくつろぐホヌ(ウミガメ)の親子」を描いた東京都の増岡千啓さんの作品が大賞に選ばれ、「空飛ぶウミガメ」という意味を持つ「FLYING HONU」という愛称も発表された。ハワイ語でウミガメは「ホヌ」という愛称で親しまれている。

ANAのA380特別塗装機は、「ウミガメの家族」をコンセプトに「ハワイの青い海でゆったりとくつろぐホヌ(ウミガメ)の親子」を描いた「FLYING HONU」に決定した

ANAのA380特別塗装機は、「ウミガメの家族」をコンセプトに「ハワイの青い海でゆったりとくつろぐホヌ(ウミガメ)の親子」を描いた「FLYING HONU」に決定した

ANA本社で開催された発表会には、ANA篠辺修社長、ハワイ・ツーリズム・オーソリティ(HTA)のランディ・バルデモアCOO、更に大賞の増岡さんも出席した。

出席者による記念撮影

出席者による記念撮影

大賞を受賞した増岡さんは「とっても嬉しいです。家を出るまでは実感がなかったがモデルプレーンを見たら実感が沸いてきた。早くペイントされた飛行機の飛んでいる姿を見たいと思う。デザインの応募にあたっては、自分なりのハワイのイメージを考えた中で、青い空・青い海で毎日が楽しくて竜宮城のような所であった。ハワイに行った時のことを思い出したところ、毎日が楽しくてまさに竜宮城であった。そこでカメをモチーフにデザインしようと思った」と受賞の喜びと応募にあたりどんなイメージでデザインを考えていたかなどについて話した。

また、ANA篠辺社長は「就航へ向けて少し変わったことをやりたいと思い、従来のANAペイントではなく、一般公募でデザインを募集することにした。2000を超える応募があり4割が海外からの応募があった。レジャーを中心に考えているなかで、レジャー→ハワイ→海→青というイメージであったが、カメというのはハワイでは神聖なものであり、いいのではないかと思った。楽しみにしていただきたいと思う」と話した。

大賞を受賞した増岡千啓さん

大賞を受賞した増岡千啓さん

挨拶をするANA篠辺修社長

挨拶をするANA篠辺修社長

ミスハワイのアリソン・チューさんもハワイから駆けつけ、ハワイの歌をメディア関係者に披露した

ミスハワイのアリソン・チューさんもハワイから駆けつけ、ハワイの歌をメディア関係者に披露した

現在、ANAは羽田~ホノルル線を最新鋭のボーイング787-9型機で1往復、成田~ホノルル線をボーイング767-300ER型機で2往復を運航している。成田線も6月から1日2往復のうちの1往復(NH182便・181便)をボーイング787-9型機に、残る1往復(NH184便・183便)も9月よりボーイング787-9型機での運航となる。

あと2年後の就航へ向けて、今後各クラスのシートやサービスも発表される予定となっている。

ホノルル空港のANAチェックインカウンター

ホノルル空港のANAチェックインカウンター

(鳥海高太朗)

編集長's eye BIRD SEAビュー
国内の航空会社では初となるエアバスA380の就航まで約2年。機体デザインが発表されると、いよいよ就航が近づいていることを実感することになる。現行ではANAのホノルル線のシェアは10%程度であるが、A380が就航することで現在の倍近くの輸送力となり、JAL(日本航空)と同レベルの輸送力となる。

更に大阪に目を向けると6月にLCC(格安航空会社)のエアアジアXの関西~ホノルル線が就航する。JALも東京路線に加えて、関西・中部にもフルフラットになる新型のビジネスクラスシート、足元がゆったりしていることで人気のエコノミークラスのシートを搭載した機材を投入するなど、運賃・サービス共に競争が激化することになりそうである。
編集長 鳥海高太朗

Luke_080-1ルーク・オザワ ひこ旅Photoコレクション vol.12

%e6%b5%9c%e6%9d%be%e7%94%ba東京モノレール、交通系ICカード乗車でJALマイルが貯まるキャンペーンが曜日を問わず20マイルに

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. ANAホールディングス、2020年3月期第1四半期の決算を発表。…

    ANAホールディングスは、2019年7月30日に2020年3月期の第1四半期の決算を発表した。グルー…

  2. IMG_4807

    ANAグループの2018-2022年度中期経営戦略を発表。202…

    ANAホールディングスは、2018年2月1日に「2018-2022年度ANAグループ中期経営戦略」を…

  3. 12月17日の17時にエアバス社工場があるドイツのハンブルクからロシアのノボシビルスク経由で羽田空港に到着したエアバスA320neo

    【編集長コラム】小型機でも機内エンターテイメント充実

    国際線に投入されている小型機は、ボーイング777や787などの大・中型機に比べると機内での居住性が悪…

  4. ANA-SKY-コイン

    【500字コラム】ANAのアップグレードポイントは使い切ってます…

    年度末の3月31日、ANAマイレージクラブの上級会員に付与されている2017年度の「アップグレードポ…

  5. 成田空港第1ターミナル南ウイング

    【速報】ANA、成田~ウラジオストク線を2020年3月に就航する…

    ANAは、新規路線として成田空港からロシアのウラジオストクへの路線を2020年3月に開設することを発…

  6. A350-900_RR_JAL_V07newsky

    【速報】JALのエアバスA350-900型機は9月より羽田~福岡…

    JAL(日本航空)は、国内航空会社では初導入となるエアバスA350-900型機を2019年9月より、…

  7. DSC_4919

    JAL、国内線機内Wi-Fiが無料化&7月のWi-Fiビデオプロ…

    JAL(日本航空)は、現在2017年8月31日までの期間限定で行っている国内線機内Wi-Fiサービス…

  8. 成田空港第2ターミナル

    2017年2月発券分より燃油サーチャージ復活

    ANA(全日本空輸)、JAL(日本航空)は、2017年2月1日(水)発券分より国際線における燃油サー…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_1554
  2. 2020-08-03 16.31.04
  3. DSC_0852
  4. DSC_0808
  5. ANAのボーイング777-300ER型機
PAGE TOP