menu

ANAウイングス、来年引退のボーイング737-500型機(スーパードルフィン)の退役イベント第1弾「退役記念ファン感謝祭」を福岡空港で開催

ANAグループのANAウイングスで運航しているボーイング737-500型機(愛称:スーパードルフィン)が、2020年上期で全機が退役することから、ご利用いただいた皆様への感謝の気持ちを込め、2019年9月28日に福岡空港でファン感謝祭を開催し、930組の応募の中から当選した26組60名のお客様が参加した。

DSC_5348

会場に入る参加者を福岡空港のスタッフに加えて、パイロット、整備士、グランドスタッフがお出迎え

会場に入る参加者を福岡空港のスタッフに加えて、パイロット、整備士、グランドスタッフがお出迎え

参加者には記念品がプレゼントされた

参加者には記念品がプレゼントされた

1995年にエアーニッポンの機体として就航し、延べ25機を運航した

今回の「ボーイング737-500型機退役記念ファン感謝祭」では、最初に福岡空港近くのアクシオン福岡でセミナーが開催され、冒頭には1995年7月に当時のエアーニッポン(現在はANAと統合)で運航を開始した際の思い出の映像やテレビCMなどが流された。ANAウイングスの衛藤勇社長は、挨拶の中で「1995年7月に就航し、延べ25機を25年ほどの期間運航してきました。北は利尻、南は石垣まで日本の津々浦々の場所へ飛んだ飛行機です。皆様にとって思い出に残っている飛行機であり、コメントの中には「初めて乗った飛行機がスーパードルフィンであった」「地方から就職の時に利用した」など様々なエピソードがありました」とスーパードルフィンの思い出について語った。

その後、ボーイング737-500型機に携わったグランドスタッフ、整備士、パイロットによる講演を学校の授業のようなスタイルで行われた。

ANAウイングスの衛藤勇社長

ANAウイングスの衛藤勇社長

スーパードルフィンという愛称は社内公募で決まった

スーパードルフィンという愛称は社内公募で決まった

グランドスタッフ、整備士、パイロットが学校の授業方式で裏話を披露

1時間目の講師は、空港でチェックイン業務などを行うグランドスタッフ。グランドスタッフからは「ボーイング737-500型機が使われる福岡空港の第1ターミナルからの離島便では、飛行機に乗るまでにゲートからの距離が長く、改札機を通過した方にプレート渡し、福江行き、対馬行きなどの看板を持ってお客様を案内していた。雨が降ったときにはANKのマークが入った傘を渡して、飛行機の手前でプレートを回収し、最後に客室乗務員に引き続いてドアが閉まったときの達成感があった」と今はなき第1ターミナルでの業務における思い出を話した。

DSC_5424

2時間目の講師は整備士。日々機体をメンテナンスする整備士からの裏話では、「離島や地方空港などではボーディングブリッジがない空港が多く、エンジンのイルカをバックに記念撮影する人をよく目にするので、いつもエンジン周りを綺麗にしておこうと心がけていた。ボーイング737型機はどんな飛行機ですか?という質問を受けることがあるが、車で例えるとボーイング777型機が高級サルーンなら、ボーイング737型機はコンパクトスポーツカーのようなエンジン音であり、エンジン音だけでボーイング737-500型機とわかる」などと普段聞くことにができない話ばかりで、実際に、高級スポーツカーのようなボーイング737-500型機のエンジンのサウンドをDVDの映像で堪能した。

DSC_5435

最後の3時間目の講師はパイロット。主に機体の魅力についての話で「通常飛行機というのは、1~2世代で終わるのが一般的だが、4世代までいくのは珍しい。飛行機の寿命(機体の製造期間)は10年~15年であり、ボーイング737は50年も飛んでいる。シリーズを変えてもずっと同じなのはボーイング737だけではないかと思う」とロングセラー機であるボーイング737シリーズの魅力を話した。また、737型機の生まれ故郷であるボーイング社のワシントン州のレントン工場、ボーイング737型機の歴史などについても紹介し、ボーイング737-500と737-200や737-800などとの違いについてのクイズがあり、主にエンジンの違いについて細かく紹介した。

DSC_5449 DSC_5468 DSC_5479

参加者全員でボーイング737-500型機の搭乗体験

その後、福岡空港に駐機中の実機へ移動し、イベントのクライマックスは、ボーイング737-500型機への搭乗体験。運航が終わったばかりの機体に参加者が実際に座り、福岡空港内のスポット間をけん引・移動をし、滑走路を横切るなどして、搭乗した気分を楽しんだ。途中でパイロットからはボーイング737-500型機の様々なエピソードが機内アナウンスされた。

DSC_5515 DSC_5553 DSC_5556 DSC_5567 DSC_5575 DSC_5583 DSC_5588 DSC_5618 DSC_5627 DSC_5637 DSC_5643

機内見学と機体撮影に大人も子供も興味津々

そして最後は機内見学と機体撮影タイム。機内では、パイロットの制服が貸し出され、パイロットとの記念撮影が行われたり、コックピットの中に入り、記念撮影している子供たちの姿が多く見られた。更に機体の外では、エンジンや預けて荷物を収容する貨物室、更には飛行機をプッシュバックする「けん引車」の見学も行われた。普段は近づくことのできないエンジンや貨物室前では子供だけでなく、大人も興味津々であった。

DSC_5661 DSC_5665 DSC_5668 DSC_5693 DSC_5696 DSC_5706 DSC_5712 DSC_5726 DSC_5735 DSC_5737 DSC_5751 DSC_5756 DSC_5778 DSC_5781 DSC_5797

イベント終了後には、今回のイベントにボランティアとして参加した約120名の福岡空港のスタッフなどANAグループ社員と記念撮影。最後はスタッフ全員でお見送りし、19時頃から始まったイベントは23時過ぎに終了となった。参加された方は大満足な顔で最後に記念撮影をして家路へ向かった。

DSC_5853 DSC_5900 DSC_5906

ボーイング737-500型機の「スーパードルフィン」という愛称は、エアーニッポンが社内公募を行い、応募された1408点の中から選ばれたそうだ。この名前に決まった理由としては、「機体の形状が、イルカそっくりなこと」「小回りが利き、高速感があること」「元気で親しみやすい名前であること」などが決定理由になったそうだ。

ANAグループでは今後も、ボーイング737-500型機の退役まで様々なイベントを開催する予定となっている。

関連URL:ANAウイングス

(鳥海高太朗)

DSC_4973ソラシドエア、東京・二子玉川で九州・沖縄を体験できるイベント「グリーンスカイフェスタ」を開催

DSC_7807-2【速報】スカイマーク、成田~サイパン線を11月29日に就航することを発表。キャンペーン運賃は片道3800円

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. DSC_7793

    JAL、羽田空港格納庫でエアバスA350型機の到着イベントを開催…

    JALは、国内の航空会社としては初導入となるエアバスA350-900型機が2019年6月14日の午前…

  2. DSC_4919

    JAL、国内線機内Wi-Fiが無料化&7月のWi-Fiビデオプロ…

    JAL(日本航空)は、現在2017年8月31日までの期間限定で行っている国内線機内Wi-Fiサービス…

  3. ANAホールディングス、2020年3月期第2四半期の決算を発表。…

    ANAホールディングスは、2019年10月29日に2020年3月期の第2四半期の決算を発表した。グル…

  4. IMG_5602

    スカイマーク、羽田から1日最大38往復の夏ダイヤを発表

    スカイマークは、2017年3月26日~10月28日までの夏ダイヤ期間における運航スケジュールを発表し…

  5. 20170515_224743661_iOS

    JAL、2000マイルで東京駅~成田空港間格安バス乗車券2枚に交…

    JAL(日本航空)のマイレージプログラム「JALマイレージバンク」では少ないマイル数でも特典交換でき…

  6. DSC_4685

    【速報】ANAのボーイング787-10型機、4月26日の成田~シ…

    ANA(全日本空輸)は、国内航空会社では初めての導入となるボーイング787-10型機の運航を2019…

  7. DSC_4271

    ANA、伊丹空港のANA PREMIUM CHECK-INカウン…

    ANAは、大阪の伊丹空港においては、空港に到着してから搭乗するまでの流れをよりシンプルでわかりやすく…

  8. DSC_6472

    ANA、佐賀空港で国内初の貨物コンテナを運ぶトーイングトラクター…

    佐賀空港(九州佐賀国際空港)において、2019年3月26日に空港内では国内初となるトーイングトラクタ…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC00128
  2. DSC_2207
  3. DSC_1554
  4. 2020-08-03 16.31.04
  5. DSC_0852
PAGE TOP