menu

【速報】年内にスカイマークが成田~サイパン線を週7往復、成田~中部線を週2往復で新規開設することを発表

スカイマークは、2019年中に成田~サイパン、成田~中部の2路線に新たに就航することを決定したことを公表した。

具体的な就航日は後日発表されるが、成田~サイパン線は1日1往復、成田~中部線は週2往復で運航する。成田からサイパンへは約3時間半のフライトで、スカイマークが定期便で国際線を運航するのは初めてとなる。

成田~サイパン線は、2018年5月にデルタ航空が定期便を撤退したことで、日本からの直行便がない状況が続いているなか、スカイマークは、今年3月から成田~サイパン線をチャーター便として繁忙期を中心に旅行会社のツアー商品として販売している。昨年から定期便へ向けた準備が進んでいたが、ようやく年内に定期便として、1日1往復の運航へ向けての目処が立ったようだ。

関連URL:スカイマーク

(鳥海高太朗)

DSC_4271ANA、伊丹空港のANA PREMIUM CHECK-INカウンターが9月3日オープン

DSC_4973ソラシドエア、東京・二子玉川で九州・沖縄を体験できるイベント「グリーンスカイフェスタ」を開催

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. 【速報レポート】スターフライヤー国際線復活初便、中部→台北線の機…

    スターフライヤーが2018年10月28日より国際線が復活し、中部~台北(桃園)、北九州~台北(桃園)…

  2. DSC_8140

    ソラシドエア、2月22日~28日まで羽田発の特定便で、くじ付きの…

    羽田から九州各地への路線を運航するソラシドエアは、2018年2月22日から就航15周年記念企画「わく…

  3. DSC_8927

    好きなスープの投票でAIRDO、ソラシドエア、スターフライヤーの…

    北海道を拠点とするAIRDO、九州を拠点とするソラシドエア、北九州を拠点とするスターフライヤーの3社…

  4. DSC_0191

    スターフライヤー、10月末就航の国際線に対応した新造機を北九州空…

    スターフライヤーは、2018年10月28日より北九州~台北、福岡~台北、中部~台北の3路線就航に合わ…

  5. DSC_3462

    スカイマーク、就航20周年記念イベントを開催。国際線就航へ向けた…

    スカイマークは2018年9月19日に就航20周年を迎えるにあたり、9月3日に羽田空港内のスカイマーク…

  6. DSC_3819

    12月の羽田から石垣・宮古が片道9500円、日本トランスオーシャ…

    2017年12月5日~12月21日搭乗分を対象に、日本トランスオーシャン航空(JTA)は75日前まで…

  7. スカイマーク1

    スカイマーク、3月25日より割引運賃を新運賃「たす得」と従来設定…

    割引運賃は「たす得」と「いま得」の2種類に新運賃「たす得」は、搭乗日前日まで予約・購入可能な割引…

  8. DSC_7843

    スターフライヤー、名古屋市内で台北線就航レセプションを開催

    スターフライヤーは、10月28日から中部~台北(桃園)、北九州~台北(桃園)の2路線を各1往復で就航…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_4182-2
  2. DSC00128
  3. DSC_2207
  4. DSC_1554
  5. 2020-08-03 16.31.04
PAGE TOP