menu

JAL、ローリングプラン2019を策定。LCC新ブランドは3月上旬にも発表へ

JAL(日本航空)は、「2017年~2020年度 JALグループ中期経営計画ローリングプラン2019」を策定し、2019年2月25日に東京・天王洲のJAL本社で記者会見が行われた。既に2017年度からスタートしている中期経営計画から大きな変更はないが、昨年12月の飲酒事例などによる事業改善命令の反省をもとに「安全・安心の再構築」に向けた取組も新たに含まれた。

自社路線+提携航空会社の路線で引き続き500都市への乗り入れを目指す

路線関係においては、既に発表済みであるが、今年3月31日から成田~シアトル線の開設、成田~モスクワ線の増便、2020年度夏期ダイヤまでに成田~バンガロール線を開設する。

またハワイアン航空、中国東方航空との共同事業、3月31日に就航するブリティッシュ・エアウェイズの関西~ロンドン線、4月1日のフィンエアーの関西~ヘルシンキ線の増便、12月16日に開設する新千歳~ヘルシンキ線など共同事業を行うパートナー航空会社の路線拡充を通じて提携を拡大していく。また、アエロメヒコ航空やVISTARAとのコードシェア便、アラスカ航空とのコードシェア拡充を行うなど、共同事業パートナーとの海外地区販売活動の拡大を図ると共に、国際線については海外発売額比率50%を目指す。

当初発表の通り、提携航空会社のネットワークも含めて2020年度中に500都市への乗り入れを目指す。また成田を拠点とした中距離LCC事業の参入を2020年度上期より運航を開始する点も当初発表からの変更はない。

6月には欧米・オセアニア路線が全便ビジネスクラスフルフラット化

機材関係についても、既に発表されているがエアバスA350-900型機を2019年9月から、ボーイング787-8型機を10月から導入し、シートテレビや電源を装備するほか、ボーイング767型機や737型機にも個人電源を順次装備する。また、今年6月より欧米豪路線の全便でビジネスクラスをフルフラット化する。

空港関係ではスマート空港を実現するべく、国内線の5空港(羽田・新千歳・伊丹・福岡・那覇)、国際線の2空港(成田・羽田)において自動チェックイン機の刷新・増設、セルフバーゲージドロップの導入、顔認証の活用による「Fast Travel」を推進し、チェックイン時におけるカウンター待ち時間ゼロを目指す。

ハワイ線についてはハワイアン航空との提携も含めてA380に対抗

JALの赤坂祐二社長は、ANAが5月に就航させるエアバスA380型機のハワイ線によって提供座席数が増えることについて「ハワイアン航空との提携で日本とハワイの双方からA380に対抗していきたい。ハワイアン航空はオアフ島以外の島へのネットワークも強い。我々もコナへも飛ばしており、ホノルル・ワイキキだけでなく、ハワイ全域を面で考えている。JALを利用しているリピーターが多いので、リピーターの方に新しいハワイの魅力を提供していきたい。(ANAに対して)対抗という言葉を使ったが、お互いにお互いの特徴を活かしながらハワイ路線をもっと太くしていくことを考えている」と話した。

また、成田線に移管したことで現在は運航のない羽田~ホノルル線の自社便運航については「まだ何も決まってなく、今申し上げるのはあまり適切じゃないと思うので差し控える」と話したが、「希望としてはまた羽田から飛ばしたいというのはあるが、計画としてどうこうというのは現段階ではない」とコメントした。

JALの赤坂祐二社長

JALの赤坂祐二社長

JALの新LCCのブランドは3月上旬にも発表へ

新しくJALが設立する中長距離LCCのブランド名については、3月上旬に航空事業許可の申請(AOC)を行う予定で、申請の際に発表する予定であることを明らかにした。

関連URL:2017~2020年度 JALグループ中期経営計画ローリングプラン2019』を策定

(鳥海高太朗)

DSC_6702-2成田空港、3月28日より高速バスの到着停車順を第3ターミナル→第2ターミナル→第1ターミナルの順に変更

DSC_2504ANA、那覇空港に2月28日にオープンするANAスイートラウンジをお披露目(動画あり)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. DSC_9878

    【フォトレポート】ANA、ハワイへ飛ぶエアバスA380型機の機内…

    ANAは、2019年5月24日より成田~ホノルル線に就航するエアバスA380型機を成田空港内でメディ…

  2. DSC_9135

    【フォトレポート】ANA、羽田空港で七夕イベントを開催中

    ANAは、七夕となる2019年7月7日に羽田空港第2ターミナルの2階チェックインカウンターに笹がお目…

  3. 羽田空港国際線ターミナル出発口

    【速報】ANA、羽田発着国際線の2020年3月29日からの発着枠…

    ANAは、2020年3月29日からの羽田空港日中時間帯の発着枠拡大における新路線及び増便の運航スケジ…

  4. DSC_4274

    ANA・JALの燃油サーチャージ、明日から再設定で今日購入なら不…

    ANAやJALをはじめ、フルサービスキャリアを中心に設定している燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)…

  5. 成田空港

    2017年8月1日発券分よりANA・JAL国際線燃油サーチャージ…

    ANA(全日本空輸)、JAL(日本航空)は、2017年8月1日(火)発券分より国際線における燃油サー…

  6. 12月17日の17時にエアバス社工場があるドイツのハンブルクからロシアのノボシビルスク経由で羽田空港に到着したエアバスA320neo

    【編集長コラム】小型機でも機内エンターテイメント充実

    国際線に投入されている小型機は、ボーイング777や787などの大・中型機に比べると機内での居住性が悪…

  7. DSC_8992

    ANA、佐賀空港で国内初となる航空機の牽引にリモコン式遠隔操作を…

    飛行機は自動車と異なり、バック(後退)ができないことから、けん引車を使って誘導路までプッシュバックし…

  8. img_3572

    ニュージーランド航空、来年7月より羽田~オークランド線就航を発表…

    羽田空港に乗り入れる新たな航空会社として、ニュージーランド航空は2017年7月21日より羽田~オーク…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC00128
  2. DSC_2207
  3. DSC_1554
  4. 2020-08-03 16.31.04
  5. DSC_0852
PAGE TOP