menu

【500字コラム】6月20日にLCCのスクートがシンガポール~ベルリン線を就航。LCCでもヨーロッパへ行けるようになる

シンガポール航空が出資するLCCのスクート。日本でも、成田~シンガポール(台北もしくはバンコク経由)、関西~シンガポール(一部便は高雄もしくはバンコク経由)、新千歳~シンガポール(台北経由)、更には昨年12月には関西~ホノルル線にも就航するなど知名度が高いが、2018年6月20日からシンガポール~ベルリン線に就航する。これまでもヨーロッパ線ではアテネ線をシンガポールから運航していたがドイツに乗り入れることで本格的なヨーロッパ乗り入れとなる。

週4便の運航で、往路・復路共に月曜・水曜・金曜・日曜。シンガポール発は深夜0時20分でベルリンには朝7時25分に到着。ベルリン発は朝9時25分発でシンガポールには翌日の朝3時35分に到着となる。就航記念運賃として、今日(2018年1月10日)から1月31日までの期間、空港税などの諸経費も含めてエコノミークラスは片道299シンガポールドル(約2万5500円)、ビジネスクラス「スクートビズ」は片道899シンガポールドル(約7万6500円)で販売する。ボーイング787型機で運航される。

正直、日本からヨーロッパへ往復するのであれば中東系航空会社の方が安いのであるが、日本からの場合はLCCだけでヨーロッパへ行きたい人や長期滞在など片道航空券でヨーロッパへ入りたい人、またシンガポールとヨーロッパ旅行を一度で楽しみたい人などに限定されるが、LCCの中では知名度がある分、安心できる部分もあるだろう。それ以上にLCCの長距離路線というビジネスモデルが成功するのかどうかに注目していきたいと思う。

関連URL:スクート

(鳥海高太朗)

今期の決算から連結子会社となったピーチ・アビエーション【500字コラム】2018年、ピーチに期待したい北海道内路線の就航

記念撮影2ANA、羽田空港に太宰府天満宮の特大絵馬を設置し、ANAオリジナル「すべらない砂お守り」を配布

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. タイガーエア台湾

    【500字コラム】台湾のLCCであるタイガーエア台湾、3月末に茨…

    羽田空港、成田空港、そして茨城空港の首都圏3空港全てに乗り入れる航空会社が誕生する。2018年3月2…

  2. 今期の決算から連結子会社となったピーチ・アビエーション

    【500字コラム】2018年、ピーチに期待したい北海道内路線の就…

    国内初のLCCとしてピーチが就航したのは2012年3月1日。あと2ヶ月弱で就航6周年を迎えることにな…

  3. 阪急電車

    【編集長コラム】阪急電鉄の伊丹空港乗り入れ検討について考える

    テレビや新聞などでも取り上げられている、阪急電鉄が伊丹空港への乗り入れを検討しているというニュースに…

  4. スクート機(写真はボーイング787-9型機。ホノルル線は787-8型機で運航する)

    【500字コラム】スクート、4月2日より成田~台北~シンガポール…

    シンガポール航空のLCCであるスクート(TR)は、成田~台北~シンガポール線を2018年4月2日から…

  5. THEアクセス成田(東京駅)

    【編集長コラム】JRバス関東の「THEアクセス成田」で片道25マ…

    東京駅と成田空港を結んでいる格安バス「THEアクセス成田」。千葉県のバス会社であるビィー・トランセグ…

  6. DSC_8639

    【編集長コラム】ピーチ、第3拠点となる仙台空港の拠点化がスタート…

    ピーチは、2017年9月24日に国内の第3拠点として仙台空港の拠点化をスタートさせた。2012年3月…

  7. どこかにマイル

    【500字コラム】JAL、6000マイルで特典交換「どこかにマイ…

    2018年から編集長(鳥海高太朗)の新しいコラムとして【500字コラム】をスタートします。500字前…

  8. ファイル-2018-01-15-7-13-33

    【500字コラム】羽田空港国際線、優先保安検査場も午前中は混雑し…

    昨日、香港へ向けて羽田空港から出発した。私の搭乗する便は朝10時過ぎの便で、朝7時半過ぎに羽田空港国…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_9228
  2. DSC_8917
  3. DSC_8663
  4. DSC_8032
PAGE TOP