menu

エアアジア・ジャパン、中部(セントレア)~新千歳線が10月29日就航。セール運賃は片道5円で本日24時に発売

エアアジア・ジャパンは、2017年10月29日(日)より中部(セントレア)~新千歳線に毎日2往復で就航することを発表した。運賃は片道4190円からの設定となるが、発売開始記念特別セールとして本日深夜24時(10月17日0時)から片道5円(空港使用税や支払い手数料などは別途必要)で販売される。5円というのは、地元の皆さまとの「ご縁」を大切にしていきたいとのことで5円の設定となった。

■エアアジア・ジャパン 運航スケジュール(2017年10月29日~)
機材はエアバスA320(180人乗り)

DJ1便  中部7時35分発  新千歳9時25分着
DJ9便  中部17時10分発  新千歳19時00分着

DJ2便  新千歳10時00分発 中部12時05分着
DJ10便 新千歳19時35分発 中部21時40分着

運賃は3タイプ。機内持ち込みは7キロまで

運賃種別は「通常運賃」「バリューパック」「プレミアムフレックス」の3タイプで、片道4190円からの「通常運賃」においては手荷物・座席指定・機内食は全て有料となる。片道5990円からの「バリューパック」においては20キロまでの受託手荷物を含み、一部座席(スタンダードシートの後方)が無料で座席指定できるほか、スナック1食(既定のもの)も含まれる。片道9190円からの「プレミアムフレックス」では20キロまでの受託手荷物を含み、全ての座席が指定できるほか機内食が1食無料となる。

全運賃共通で機内に持ち込める荷物は7キロまでとなっている。

通常運賃利用時の座席指定料金は400~900円、預け手荷物は15キロで1200円からとなる。また、支払手数料は1名・1区間あたり400円(クレジットカード決済の場合)としている。

関連URL:エアアジア・ジャパン
(鳥海高太朗)

_4B_5853-2ルーク・オザワ ひこ旅Photoコレクション vol.42

羽田空港国際線ターミナル10月29日からの冬スケジュールでの日系航空会社の新規就航・増便・運休情報まとめ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. DSC_8857

    ジェットスター・ジャパン、関西~下地島(宮古)線就航。成田に続き…

    ジェットスター・ジャパンは、2019年7月3日に新路線として関西~下地島(宮古)線を就航した。ジェッ…

  2. DSC_3635

    タイのLCCノックスクート、6月1日に成田~バンコク(ドンムアン…

    タイ・バンコクのドンムアン空港に拠点を置くLCC(格安航空会社)のノックスクートが2018年6月1日…

  3. 韓国のLCCジンエアーのB777型機

    ジンエアー、北九州~ソウル線に就航 北九州空港の国際線が拡充

    韓国の大韓航空が設立したLCC(格安航空会社)のジンエアーが、今日2016年12月13日に北九州~ソ…

  4. 春秋航空日本がブランド名を「スプリング」に統一。4月25日より成…

    国内LCCの春秋航空日本(スプリングジャパン)は、2019年4月10日に東京都内で記者会見を開催し、…

  5. インドネシア・エアアジアXの成田~バリ線の就航記念式典(2017年5月25日成田空港)

    LCC直行便バリ島人気再燃か インドネシア・エアアジアX就航

    中長距離路線に特化したエアアジアグループのLCCインドネシア・エアアジアXが2017年5月25日、成…

  6. バニラエアのエアバスA320

    バニラエア、福岡~台北線に就航へ。福岡空港国際線に日系航空会社が…

    ANAグループのLCCであるバニラエアは、新路線として福岡~台北(桃園)線を2018年サマースケジュ…

  7. 成田空港第3ターミナル

    国内LCCの機内持ち込み可能な手荷物の重量と支払手数料を5社で比…

    2017年10月29日にエアアジア・ジャパンが就航して国内線を運航するLCCは5社となった。また、同…

  8. バニラエア

    成田空港発着、LCC国内線の全13路線一覧(2017年4月現在)…

    2017年4月現在の成田空港発着のLCC(格安航空会社)国内全路線をまとめてみた。この1年間での変更…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_0852
  2. DSC_0808
  3. ANAのボーイング777-300ER型機
  4. DSC_6820
  5. 2020-02-13 13.12.49
PAGE TOP