menu

エアアジア・ジャパン、中部(セントレア)~新千歳線が10月29日就航。セール運賃は片道5円で本日24時に発売

エアアジア・ジャパンは、2017年10月29日(日)より中部(セントレア)~新千歳線に毎日2往復で就航することを発表した。運賃は片道4190円からの設定となるが、発売開始記念特別セールとして本日深夜24時(10月17日0時)から片道5円(空港使用税や支払い手数料などは別途必要)で販売される。5円というのは、地元の皆さまとの「ご縁」を大切にしていきたいとのことで5円の設定となった。

■エアアジア・ジャパン 運航スケジュール(2017年10月29日~)
機材はエアバスA320(180人乗り)

DJ1便  中部7時35分発  新千歳9時25分着
DJ9便  中部17時10分発  新千歳19時00分着

DJ2便  新千歳10時00分発 中部12時05分着
DJ10便 新千歳19時35分発 中部21時40分着

運賃は3タイプ。機内持ち込みは7キロまで

運賃種別は「通常運賃」「バリューパック」「プレミアムフレックス」の3タイプで、片道4190円からの「通常運賃」においては手荷物・座席指定・機内食は全て有料となる。片道5990円からの「バリューパック」においては20キロまでの受託手荷物を含み、一部座席(スタンダードシートの後方)が無料で座席指定できるほか、スナック1食(既定のもの)も含まれる。片道9190円からの「プレミアムフレックス」では20キロまでの受託手荷物を含み、全ての座席が指定できるほか機内食が1食無料となる。

全運賃共通で機内に持ち込める荷物は7キロまでとなっている。

通常運賃利用時の座席指定料金は400~900円、預け手荷物は15キロで1200円からとなる。また、支払手数料は1名・1区間あたり400円(クレジットカード決済の場合)としている。

関連URL:エアアジア・ジャパン
(鳥海高太朗)

_4B_5853-2ルーク・オザワ ひこ旅Photoコレクション vol.42

羽田空港国際線ターミナル10月29日からの冬スケジュールでの日系航空会社の新規就航・増便・運休情報まとめ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. DSC_3362

    ジェットスター・ジャパン、事業説明会を開催。3期連続で増収増益を…

    ジェットスター・ジャパンは、2018年8月29日に決算を発表し、3期連続で増収増益を達成したことを発…

  2. ジェットスター・ジャパンの機体

    ジェットスター・ジャパン、夏期国内全路線でセール1990円~

    ジェットスター・ジャパンは、2017年夏期スケジュール(3月26日~10月28日)の航空券を販売…

  3. バリューアライアンスのワンストップ予約でバニラエアからスクート便の予約が可能に

    バリューアライアンス ワンストップ予約が始動

    アジア・太平洋地域のLCC(格安航空会社)8社により設立されたバリューアライアンスのサービスが始動し…

  4. IMG_1445

    ジェットスター・ジャパン、成田~上海線初便搭乗レポート

    ジェットスター・ジャパンは、同社にとって初めての中国線となる成田~上海(浦東)線を2017年6月2日…

  5. 都心空港ターミナル利用開始を伝えるティーウェイ航空のHP

    ティーウェイ航空 ソウル駅チェックイン可能に

    ソウル・仁川国際空港からの出発便においてソウル駅で事前に搭乗手続きができる「都心空港ターミナル」。2…

  6. バニラエアのポイントプログラム「バニラエア ポイント」を発表

    バニラエアがポイントプログラム「バニラエア ポイント」を導入。全…

    バニラエアは、国内LCC初の搭乗ポイントプログラム「バニラエア ポイント」を2017年9月1日に導入…

  7. 韓国のLCCジンエアーのB777型機

    ジンエアー、北九州~ソウル線に就航 北九州空港の国際線が拡充

    韓国の大韓航空が設立したLCC(格安航空会社)のジンエアーが、今日2016年12月13日に北九州~ソ…

  8. DSC_3635

    タイのLCCノックスクート、6月1日に成田~バンコク(ドンムアン…

    タイ・バンコクのドンムアン空港に拠点を置くLCC(格安航空会社)のノックスクートが2018年6月1日…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. 4種類の味が楽しめるフィナンシェ
  2. DSC_1579
  3. DSC_0133
PAGE TOP