menu

スターフライヤー、夏季限定運航の北九州~那覇線初便レポート

スターフライヤーは、2017年7月4日に北九州~那覇線を夏季限定で就航した。スターフライヤーの便が沖縄へ乗り入れるのは今回が初めてとなる。

7月4日~10月10日までの季節運航

7月4日~10月10日までに期間、1日1往復で運航される。往路のスターフライヤー(SFJ)19便は北九州空港を9時30分に出発して那覇空港に11時15分に到着。折り返し便のSFJ18便は那覇空港を12時に出発して北九州空港に13時40分に到着する。

■スターフライヤー、北九州~那覇線運航スケジュール
(2017年7月4日~10月10日まで運航)
SFJ19便 北九州9時30分発 那覇11時15分着
SFJ18便 那覇12時00分発 北九州13時40分着

スターフライヤー社長は通年運航へ向けて努力

初便出発前には、北九州空港ターミナルビル2階の中央広場で北九州市主催の就航セレモニーが行われ、記念のテープカット・くす玉割りで就航をお祝いした。スターフライヤーの松石禎己代表取締役社長執行役員は「今回は3ヶ月程度の運航であるが、冬の沖縄も素晴らしく、冬の運航も検討し、最終的には通年運航をやるべく努力をしていきたい。共同運航便ということでANAにも色々お手伝いいただきたい」と通年運航へ向けての抱負を語った。

テープカットとくす玉割りで就航をお祝いした

テープカットとくす玉割りで就航をお祝いした

挨拶するスターフライヤーの松石禎己代表取締役社長執行役員

挨拶するスターフライヤーの松石禎己代表取締役社長執行役員

ミス沖縄2017 コバルトブルーの町田満彩智さんと花笠マハエちゃん

ミス沖縄2017 コバルトブルーの町田満彩智さんと花笠マハエちゃんが沖縄をPR

横断幕も用意された

横断幕も用意された

記念品も沖縄で使えるものばかりで乗客からも好評

搭乗ゲートでは、初便搭乗者に沖縄の染織首かけ布、ビーチシート、ポーチ、ミニハンドタオルなどの記念品がプレゼントされ、SFJ19便は9時40分に那覇空港へ向けて出発した。初便は台風3号の接近によって天候調査となっていたが、無事に運航された。搭乗ゲート前には就航記念のフォトブースも設けられた。

出発案内版。ANAとの共同運航便となっている

出発案内版。ANAとの共同運航便となっている

就航記念のフォトブースではスターフライヤー松石社長も記念撮影

就航記念のフォトブースではスターフライヤー松石社長も記念撮影

記念品配布光景

記念品配布光景

初便搭乗者への記念品

初便搭乗者への記念品

台風が接近していたが予定通りに出発

台風が接近していたが予定通りに出発

沖縄線ということでお花を付けての乗務。搭乗時にイヤホンが必要な人は搭乗時に受け取る

沖縄線ということでお花を付けての乗務。搭乗時にイヤホンが必要な人は搭乗時に受け取る

初便機内では沖縄の地ビールも提供

機内では、通常便同様にタリーズのコーヒーなど無料の機内ドリンクサービスが行われたが、7月より沖縄便就航を記念して伊藤園の「Vivit’s 沖縄パイナップル mixソーダ」も機内で提供された。また初便限定でアーサー風味の沖縄せんべいとチーズせんべいも配られたほか、ヘイオス酒造の地ビール「青い空と海のビール」「星空のポーター」の缶ビールも提供された。

7月より沖縄便就航を記念して「Vivit's 沖縄パイナップル mixソーダ」が全路線で提供されている

7月より沖縄便就航を記念して「Vivit’s 沖縄パイナップル mixソーダ」が全路線で提供されている

機内ドリンクをサービスする客室乗務員

機内ドリンクをサービスする客室乗務員

初便限定のアーサー風味の沖縄せんべいとチーズせんべい

初便限定のアーサー風味の沖縄せんべいとチーズせんべい

せんべいをお客様に配る客室乗務員

せんべいをお客様に配る客室乗務員

ヘイオス酒造の地ビール「青い空と海のビール」「星空のポーター」の缶ビールが初便限定でサービスされた

ヘイオス酒造の地ビール「青い空と海のビール」「星空のポーター」の缶ビールが初便限定でサービスされた

フルーティで喉ごし豊かな味だった。地ビールのクラフトビールとして沖縄県内でも人気

フルーティで喉ごし豊かな味だった。地ビールのクラフトビールとして沖縄県内でも人気

機内の様子

機内の様子

フライトマップ

フライトマップ

また7月1日より、新しく「STARFLYER★CAFE」として、「玄米とポルチーニ茸のクリームリゾット(500円)」の有料メニューがスタートし、北九州~那覇線をはじめ、羽田~北九州・福岡・山口宇部線でも販売されている。濃厚な味に仕上がったリゾットで小腹が空いたときにちょうど良いサイズになっている。

7月から販売が開始された玄米とポルチーニ茸のクリームリゾット(500円)は一部路線を除いて機内販売されている(写真は7月3日の羽田→北九州線で撮影)

7月から販売が開始された玄米とポルチーニ茸のクリームリゾット(500円)は一部路線を除いて機内販売されている(写真は7月3日の羽田→北九州線で撮影)

この日は、那覇空港で滑走路の点検があった関係で定刻よりも21分遅れで11時36分に那覇空港に到着した。通常であれば約1時間20分の飛行時間となる。ゲートでは横断幕での出迎えがあった。

那覇空港に到着したスターフライヤー機(エアバスA320型機)

那覇空港に到着したスターフライヤー機(エアバスA320型機)

横断幕でお出迎え

横断幕でお出迎え

最安片道5300円から

スターフライヤーの北九州~那覇線は夏休み期間も含めて割安な設定となっており、80日前購入の「そら旅80」で片道5300~1万8800円、60日前購入の「そら旅60」で5500~1万9800円、45日前購入の「そら旅45」で5000~2万300円、28日前購入の「そら旅28」で6000~2万2300円、7日前購入の「STAR7」で6000~2万4300円、3日前購入の「STAR3」で7000~2万6300円、前日購入の「STAR1」で1万7000~2万8300円となっている。

関連URL:スターフライヤー
(鳥海高太朗)

編集長's eye BIRD SEAビュー
スターフライヤーにとって初めての沖縄線となった。運賃を検索してみるとわかるが、非常に夏休み期間中でも割安な設定で片道1万円以下で購入出来る日も多い。

羽田からの通し運賃はないが、この運賃を上手に使って小倉や下関、門司港などを旅してから沖縄へ行くという旅行プランもありだと思う。期間限定の路線ではあるが、座席もゆったりで機内ドリンクやシートテレビなど充実したスターフライヤーの沖縄線の定着に期待したいところである。
編集長 鳥海高太朗

DSC_3253ジェットスター・ジャパン、就航5周年記念イベントを成田空港で開催

DSC_2734【機内食レポート】エアプサン、関西→釜山、釜山→成田の機内食(2017年6月)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. 現在発売中の「空男ソラダン」第1巻・第2巻

    スターフライヤー、男性客室乗務員3名が乗務する「空男ソダランME…

    スターフライヤーは、2018年6月3日(日)に羽田~北九州の1往復で男性客室乗務員3名が乗務する「空…

  2. 国際線就航に対応した新造機(JA25MC)を北九州空港でお披露目

    スターフライヤー、10月28日就航の台北線。北九州・中部の2都市…

    スターフライヤーは、2018年10月28日(日)から再参入する国際線について、当初は北九州・福岡・中…

  3. スターフライヤー初日の出

    スターフライヤー、2019年元旦に北九州空港から初日の出フライト…

    スターフライヤーは、2019年元旦(1月1日)に北九州空港発着の初日の出フライト「Sunrise F…

  4. 那覇空港

    GW、夏休みを含む3月25日~10月27日搭乗分の国内線事前購入…

    国内線を運航するANA(全日本空輸)、JAL(日本航空)、スカイマーク、AIRDO、ソラシドエア、ス…

  5. IMG_4398

    スターフライヤー、1月31日まで東京・代官山で黒いクラフトビール…

    スターフライヤーは、2018年1月5日~31日まで東京・代官山にある「スプリングバレーブルワリー東京…

  6. 【速報レポート】スターフライヤー国際線復活初便、中部→台北線の機…

    スターフライヤーが2018年10月28日より国際線が復活し、中部~台北(桃園)、北九州~台北(桃園)…

  7. DSC_2066

    AIRDO、羽田空港のチェックインカウンターをリニューアル

    北海道の翼であるAIRDOは、2017年6月23日に羽田空港第2ターミナルのチェックインカウンターを…

  8. 表紙

    スカイマーク、那覇空港で今日から「かりゆしウェア」の着用を開始。…

    スカイマークは、那覇空港の地上係員の夏期の制服として2018年4月21日から「かしゆしウェア」を着用…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_5883
  2. DSC_4973
  3. スカイマーク1
  4. DSC_4271
  5. 羽田空港国際線ターミナル出発口
PAGE TOP